頭の整理のコツは「考えるな、書け」脳内カオスになったら「ゼロ秒思考」を読めばいい

スポンサーリンク

頭の中でやるべきこと、やりたいことがごちゃごちゃしてカオス。 時間がない。時間はたっぷりあっても、そういったものが進まないという状況。 挙句に、やるべき仕事が遅れる。なんだか脳内モヤモヤする。いろんな妄想ややるべき、やりたいの声が脳内をぐるぐる・・・そんな経験ないでしょうか?

そうやって焦っても先に何も進まないのもわかってるのにどうしていいかわからない、そんな時の救世主になるのがこれ。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

ゼロ秒思考の内容

簡単に言うと、”考えずに書けばいい”というようなことでした。

【本文より】

A4の紙に1件1ページで書く。 ゆっくり時間をかけるのではなく、1ページを1分以内にさっと書く。 毎日10ページ書き、フォルダに投げ込んで瞬時に整理する。 それだけで、マッキンゼーのプログラムでも十分に教えていない、最も基本的な「考える力」を鍛えられる。 深く考えることができるだけでなく、「ゼロ秒思考」と言える究極のレベルに近づける。

ゼロ秒思考の成果

著者が二十数年にわたって改良を続け、クライアント先で実践してもらうことで、すでに1000人を超える人が効果を実感している。

誰でも、どこでもできて、お金もほとんどかからないシンプルな方法ながら、実践した多くの人が、

「打てば響くような会話ができるようになった」

「オリジナルな企画書をすぐに書けるようになった」

「自分に自信がついた」 「嫉妬やパワハラに負けない精神力が身についた」

「自分の気持ちを素直に伝えらえるようになった」 という。

スポンサーリンク

ゼロ秒思考を読んで・・

どん底くらいに落ち込んだ時や悲しい時に書くことで癒されていったり、やりたいことも書くことで(リスト化)叶えられたり、 書くことでうまく消化することができたことは経験からもわかっていました。

だから、考えるな、書け”それで頭を整理すればいい的なことを書いてあるこの本がとても面白く、読んでいるうちから書きたくてそわそわ。

我慢して(その必要はなかったのかも)終わってから書いた枚数は30枚。 すっきり。 モヤっとしていたことが整理されていきました。 

何かもやっとした時は、ただ頭で悩んでいても先に進めないことがほとんど。だったら紙に書く!作戦を採用していこうと思います。

紙に書く具体的な方法は、ゼロ秒思考に書かれています。 頭モヤモヤ、なんだか進まない、そんな人に試して欲しい方法です。

ゼロ秒思考 頭がよくなる世界一シンプルなトレーニング

 

ゼロ秒思考[行動編]―――即断即決、即実行のトレーニング

 

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。