モヤモヤを手放す!そわそわ、悶々の解消方法 6選

スポンサーリンク

日々どうってことないことが気になって悶々、 何でもないのになぜかそわそわ、 物事がうまくいかなくてもやもや・・。

そんな時にしたいのは「前を向いて歩く行動」 そうすることで積極的に悶々を解消していく作戦! ということで、その方法を具体的に考えてみました。

1:なんとなくモヤモヤするときは「流されない」で「ご機嫌取り」をする

悶々に流されても解決しにくいと思います。だったら気分を変えるために、自分がご機嫌になることをしたらいいと。

何をしたら気持ちがいいか、楽しいか、を常日頃から考えて、わかっておくことって大事

2:不満や不安が爆発しそうなときこそ「怠慢」をやめて「運動する」

肉体がしんどいと、脳内のどうでもいいことは消えます。

脳が不要を消して、省エネしてくれるようです。 肉体に意識がいくので、余計なことは考えなくなります。

ついでに、汗と同時に悶々は流れていきます。その確率100%

いつの間にか元気になっています。体力気力もつくし、ストレス発散になるし、運動は正義!!!

3:悩みのループにはまってしまったときは「悩む」をやめて「考える」

悩むのではなく考える!

なんでもやっとするか考える 課題を考える

解決法を考える モヤモヤと何で何でって悩むような不毛なことはせず、建設的に解決法を考えて頭を動かす!

4:勇気がなくてイライラする時は「動かない」をやめて「行動する」

モヤに埋もれてしまうなら、動いてしまうと精神的に楽。 恥ずかしい、心配、不安があってできなくてくすぶっている何かがあるときに効果的だと思います。

やりたいけど勇気がでない場合にこれが良いと思っています。

スポンサーリンク

例えば、一人旅したいけど勇気がない・・そんな勇気がない自分にイライラ悶々しているなら、まずチケットを買って 今すぐできることをするだけ。

考えると余計できなくなります。私は。 行動したらやるしかないので、モヤモヤも消えています。

5:ぬくもりを求めてモヤモヤするとき「遠慮」はやめて「サービスを利用」する

f:id:clearlist:20171006133026j:plain

人に触れられると癒される効果があるそうです。 だから人は人のぬくもりを求めるのだとも思いますが、特定の人がいない場合それも難しい。

相手がいないとどうしようもない、どうしたらいいか分からない場合、そういうサービス(マッサージ、エステ、美容院など)を利用してみては?

6:言いたいことが言えないなら「イライラ」をやめて「書く」ことで流す

書く行為は頭の掃除。

いらない悩みが出すことで頭から消え、考えが整理され、クリアになっていきます。

何だかもやっとすると思ったときにいつでもできて簡単。

トイレットペーパーにストレスの原因を書いて、流すって一度やったのですが爽快だったので、これもオススメです。

「幸せな時間を最大限、不幸な時間は最少限」の自分基準

「幸せな時間を最大限、不幸な時間は最少限」の自分的ルール、基準を作ることで落ち込むこともネガティブなことは変わらずあるけど、それにどう対応するか、その姿勢が変わり、日々の気持ちのあり方も選ぶものも何もかも変わりました。

その中で、悶々したり、悩んだりする時間も減らしたくなり、その解消のために何かできないかなと考えていたら、まとめたくなり、この記事ができました。

こうやって過ごしていたら、日々どうでもいいこと(前なら気づこうともしてなかったこと)に喜びを感じて、日常が満足度の高くなりました。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。