運営情報

ミニマリストとプレゼント。もらった物ってどうしてるの?

物が少ない人って、贈り物ってどうしているの? 捨てるの?

よく聞かれる質問です。

私の場合、贈り物も他の物と同じように、自分にとって価値があるか、価値を見出せるかを基準にして、残したり手放したりします。

なんとなく贈り物は手放しにくいのも分かりますが、価値を見出せなかったら、物も浮かばれません。

他でいかしてあげることの方が有意義だと思って、私が持っていて価値を見出せない場合、手放すようにしています。

そうしないと、使わないのに持っている物は増え続け、重荷になってしまうこともあるから。

ホコリをかぶって、役目も与えられず、持ち主に好かれることもない…。

さみしい物がたまっていって、重い空気の流れる空間ができあがるかもしれません。

それだったら、喜んで使ってくれる人に橋渡しして、物の役目を全うさせたいと思っています。

ホコリをかぶって持っている贈り物、ないでしょうか?
何故もっているのでしょうか?

好きで持っているのでしょうか?
それだったら持っている価値はあると思います。

義務で持っているんでしょうか?
そうだとしたらその義務は、あなたの重荷になっていないでしょうか?

隅っこにおいやられた贈り物があるなら、今1度見直してもいいかもしれません。

価値を見出せない場合、手放す

プレゼントは手放しにくいですが、他の物と同じ基準を持っています。

持っていても、価値を見出せない場合は持たない。

価値とは使うことだけではありません。
持っているだけで気分が良い、励みになるならそれは自分にとって価値のある物。

例えば川で拾った石。
使い道がなくても、思い入れのある石でみるだけで励みになったり、良い思い出がある物なら持っています。

使う・使わないだけでなく、自分にとって何かしらの価値あるなら持つ、そうではないなら手放すだけ。

といっても、簡単に捨てることはしません。

他の誰かにあげたり、いかす方法は色々あるので、いかせるところを探します。

これは、他の物を手放す基準と同じ。

せっかく作られた物は、自分が使わなくても、いかせたら良いなと思って動いています。

あわせて読みたい
物の基準
物を手放す基準  まだ着られるけど着たくない服、使えるけど数年使っていない電化製品、使いこなせないキッチン道具、眠っていないでしょうか? なぜ、つ...

プレゼントでも手放す理由

こう考えている理由は、自分が贈りものをするときに、それでいいと思っているから。

自分が人に何かを贈ったとき、それがその人の悩みの種にはなってほしくない。
どういう使い方をされようが、自由にしてもらいたいです。

私が何かを贈る場合は、物にのせて気持ちを届けているだけ。
その気持ちが届けること、それで喜んでもらえることが目的。

届けたときに気持ちはきっと伝わっているはずなので、そこで自己満足しています、
選んだ物を喜んで使ってもらえたら嬉しいけど、あまり好きではないなら無理して使ってもらう必要もないです。

こう思っているから

【自分が持っていて気分がいいとか嬉しいのなら持っているし、他の人の手に渡った方が価値ある使い方ができるなら、手放す】

のかもしれません。

持っていることが、贈ってくれた人への感謝の証拠になる?

もらった物を持っている理由が

  • 贈ってくれた人に「持っているか」と聞かれたときに困る
  • 使っていないと申し訳ない

だから、捨てられなくて困っている。

とよく聞きますが、困るくらいなら手放せばいいのではないでしょうか。

贈り物は、持っておくべきという義務なんてありません。

あなたのことを考えてプレゼントしてくれた人も、その物であなたを悩ませたいなんて思っていないはず。

もらった物を持っているからと言って、その人を大事にしている証拠にはなりません。
持たなくても愛情を持つことはできます。

義務感で持った物が増え、大事な物を見失ってしまわないようにしたいですね。

贈り物は何でも嬉しい

贈り物って、 会っている時間以外に自分のことを考えてくれたことがわかるから嬉しい。

物が 何であれ嬉しいのです。

何が好きかと考えて、あってない間に考えていてくれた時間があったんだなと、その気持ちが伝わるから!

さらに、それが求めていた物だったらいいけど、そうじゃないときもあります。

そんな時は【どうしても自分にとって価値を見出させない物なら、持たない】を基準にしています。

このようにプレゼントを断捨離する基準を持っていますが、実際はほぼ手放したことはありません。

価値を見出せないような物をもらうことがないから、物の寿命がくるまで使い切っています。

というより、送ってくれる人が私の好みや、物を持たないことを知った上で選んでくれているのだと思います。

ありがとう・・!