捨てることよりもったいないことのリスト18

いろんなモノを捨てているけど、他のモノを大事にするために 手放しているだけで、何でも捨てているわけでもありません。スッキリした後は、無駄なものを買わなくなるし、使えるものは誰かに譲るようにしているし、捨てている量は他の人よりも少ないんじゃないかな?と思うくらい。

それでも「捨てること=モッタイナイ」と思われることもあるようです。ということで、もったいないことについて考えてみました。

もったいないことリスト

私が思った「モッタイナイ」をあげてみました。

死蔵すること

使わずしまっているって、しまわれるためにそのモノが存在していていいんですか?と問いたくなります。

使いこなせないモノを持っていること

どうにか使えるように調べたりすることもせず、ただ置いておく。死蔵してますね。使いこなせる人に渡したほうが生きるよと言いたくなるんです(おせっかい)

チャンスを逃すこと

チャンスは転がってる!はず!なのに、勇気がなくて、腰が重くて・・ってもったいなすぎる。気がつけないのももったいない。気がつけるよう、すぐに乗っかれるよう、身軽でクリアでいることが大事。

良い面に気がつこうとしないこと

なんでも良い面と悪い面があるけど、良い面を見ようとしないのはもったいない。なぜなら、良い面を見た方がいい気分でいられるから!悪い面ばかり見てる人はどこ行っても満たされないと思います。良い面を探す名人になりたい。

大事にしてくれる人、好意を持ってくれる人に気がつけないこと

食事に誘ってくる人、大事にしてくれる人、見逃してないでしょうか。 自分を大事にしてくれない人より、その人とのほうが穏やかに過ごせるかもしれないです。

スキルがなくてできないという状況

したいことがあるのに、スキルが足りなくて何かできないのは悔しいですね。いますぐスキルアップしてください。 自分に言ってます。

「ある」に気がつけないこと

f:id:clearlist:20170905203935j:plain

ないものばかり探していても、幸せは見つかるわけないです。ないもの探しもあるもの探しも果てしない。あるものを数えた方が、ないもの探しよりずっと楽しい。そして、あるもの探しをしていたら、幸せがあるということに気がつくはず。そして自然と感謝も増えていきます。

ネガテイブをいうこと

誰得にもならない。損しかしてない!褒めたり、その人にとっても自分にとっても有益なことっていっぱいあるんだからそれを言えばいい。その方が自分も相手も気持ちいいし、相手の時間も奪わなくてすみます。沈黙になったら、褒めるところを探しでもしたらいいと思います。

自分を認めてあげられないこと

自分が認められなくて、誰が認めてくれるの。

自分を可愛がれないこと

誰かにそれを託すより、自分を可愛がっていたら、周りにも勝手に可愛がられる法則、あると思います。

個性を生かさないこと

平均的に生きて、その人の面白さが発揮されないのってもったいない。みんな好きにやってほしい。そして、いろんな個性がみたい!

制限すること

条件つけたり、世間の意見に惑わされたり・・・可能性をブロックしています。

その状況を楽しまないこと

どんな状況でも楽しくする方法はあります。良い面もあります。自分がそうしようと思えば! なのに、そこを楽しもうとしないのはもったいない!今しかできない、もう二度とない今の状況をたっぷり味わったらいいと思う。

チャレンジできる贅沢を満喫しないこと

それができる環境があるのに、制限するのはもったいない!

自分より先に他人のご機嫌をとること

無理してなければ良いけど、無理しているのならやめてみたら良いと思います。

素直にならないこと

話がややこしくなるだけ。

自ら不快・不幸に向かっていくこと

気分よくいられない人と会ったり、行きたくないところに付き合いで行ったり・・。自分で不快なことに突っ込んでいます。愚痴や不満が多くなってしまうだけ!

それよりも自分のご機嫌をとって「快」状態を継続させると、自分も周りも気分よくいられます!好きでもないことに使ってるエネルギーを、自分がご機嫌になれることを考えて実行する方に使った方がはるかに良い

「WANT」や「好き」の認知をしないこと・求めないこと

自分のしたいことを積極的に求めたら手に入ります。妄想しながら(アファメーション)それを掴みに行く行動をしていれば、絶対に叶えられると信じています。実際数え切れないくらいのWANTを手にしてきたので。

ただ、WANTって何?状態だと何も来ません。想像できないもの、しないものは来れないから。まず、WANTの認知が必要だと思います。

あと、自分が何が好きというのも認知して、それを積極的に求めたら日々気分よく過ごせます!これ私が今経験していることです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。