今すぐ動きたくなる 運動の効果と生活の質をあげる30の理由

運動

ジムやランニング、ヨガ、ウォーキングなど、からだにいいことをやっていても、続かないことって多いのではないでしょうか。

私も続く時期、続かない時期を繰り返しています。モチベーション低下した時に動けなくなりますが、やめようと思ったことはありません。

その理由は、運動から得る恩恵が大きいから。運動することで、生活の質が上がるから。

スポンサーリンク

どう考えても「運動って正義」としか思えないので、モチベーションを低下した時に動けるよう、運動習慣から得られるメリットを書きました。

目次

運動と健康の関係美容

1:運動すると、肉体的に健康になる

柔軟性、筋力、体力、持久力、循環器系・・。あらゆるからだの機能を活発にして、イキイキできます。

運動すると、からだが「使ってくれて嬉しい〜!」て言っているかのように、素直で良い反応をしてくれます。愛おしいですね!

2:運動すると、メンタルの健康維持が可能

気持ちがリフレッシュできるから、メンタルケアとしても最高。なんだかイマイチな感情があるときも、汗と共に消えていきます。

気持ちがマイナスな時は、ニュートラルに戻してくれるし、ニュートラルな時は気持ちを上げてくれます

私の場合イライラした時は、筋トレの負荷を重めにしてそのエネルギーを筋トレで消化します。

イライラしている時こそ「上げてやる!!!!!」って思えて、いつもよりも重めでもなんとかやり遂げられるのです。

やった後はすっきりしているし、筋トレの効果もいつも以上になっていて一石二鳥。怒りのエネルギーの上手な有効活用だなと思っています。

3:運動すると、管理能力がつく

運動すると、健康意識が高まります。

アスリート、最高の状態でいられるよう管理が必須だし、日々の健康のために運動する人は運動だけでなく、食事(栄養)や睡眠など、生活全般コントロールし始めます。

健康や生活の管理をすることで、その能力は上がっていきます。このマネジメントスキルって、仕事でもなんでも応用できるスキルではないでしょうか。

4:運動すると、体力・気力増大

運動すると基礎体力がアップできるどころか、メンタルもケアできるので気力もアップ。

体力、気力があると、その分楽しいことができるますよ!

体力も気力もないと、楽しそうって思うことがあってもやる気になりません。基礎的な体力や気力をアップさせ、整えておくことって、充実した楽しい人生に直結すると思っています。

5:運動すると、しなやかな体&心になる

からだと心は連動しているものと言われます。だから、器であるからだがしなやかになるほど、心もしなやかになっていきます

「柔軟性に乏しいて筋トレマニアの人」の中には、筋肉のために何もかもがストイックすぎて気持ちにも生活にも柔軟性が足りないなっていう人がたくさんいます。

逆に、身も心も生活も柔軟だけど、強さが足りない「からだは柔らかいけど筋肉がない人」もいます。私がこれ。

柔らかさ(柔軟性)と強さ(筋力)、バランスの良いからだになれたら、心もしなやかで強くいられます。

6:運動すると、自尊心が保たれる

運動している自分を肯定できるので、自尊心も保たれます。心の安定に一役かってくれるのです。

運動が好きな大きな理由の一つです。

7:運動すると、元気になる

からだを動かすと、からだに集中するのでその間ネガティブ思考は飛んでいきます。終わった後は「何考えてたっけ?」ってなるくらい忘れている場合も多い。

運動は、気を動かして運気をあげるのです。

運動と美容の関係

ワークアウト

8:運動すると、若くなる

運動すると、背筋が伸びて、体力・気力がついて颯爽としてきますが、こういう人が若く見えないはずがないんです。

運動を行なうと血中の成長ホルモン濃度は増加しますが、成長ホルモンの効果は下記のようなものがあげられ「若さ」につながっています。

  • 代謝促進 — 炭水化物、タンパク質、脂質の代謝促進する。
  • 血糖値上昇 — 肝臓でのグリコーゲン分解を促し、また抗インスリン作用(インスリンを抑制し、血糖値を上昇させる)を持つため、血糖値を一定に保つ。
  • 恒常性の維持 — カルシウム濃度などを一定に保ち、体内の恒常性を維持する。
  • 体脂肪動員の促進 — エネルギー不足の状態の時、脂肪組織から遊離脂肪酸の形で放出させる。骨の伸長 — 幼児期に骨端の軟骨細胞の分裂・増殖を促し、骨を伸張させる。
  • 筋肉の成長 — 特定のアミノ酸の取り込みを促し、タンパク質合成を促進する。

wikipediaより

9:運動すると、痩せる

代謝があがり、脂肪が落ち、食べ方も変わるので、太っている人は痩せていきます。

当たり前なんですが、ダイエットって習慣を変えないとリバウンドします。一時的にできても長期的に続けられないようなやり方って無意味だなと思っています。元の生活に戻ったら、体重も戻るのは当然だから。

なので、一時的な方法で痩せることを考えるより、習慣を変えていくことの方が大事だと思っています。

「デブは怠慢」だとか「デブは自己管理がなってない」だとかデブになった事もない奴が言うな。物心ついた頃には太ってた、太りやすい体質、怪我で太った、食べる事でしかストレスを解消できない等様々な理由がある。さて、筋トレ×デブって科学的に最高に相性良いんですけど筋トレ始めて見返しませんか? -筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法  

10:運動すると、肌艶がよくなる

運動すると代謝(巡り)が良くなるので、結果的に肌質を変えます。

運動している人の肌ってつやつやしているなと思っています。

運動と恋愛の関係

運動と恋愛

11:運動すると、生命力が強まる

人も生物だから、生命力が強そうな人に惹かれます。

筋肉があると、健康で、どこでも生きていけそうなたくましさを持っていると判断できます。

もちろん、メンタル的な強さとか生理的機能だとか、他にもいろいろあるけど、身体的な機能としては筋肉の目安はだいたい正しいと思っています。

ヒョロヒョロの人とマッチョの人がたたかって、どちらが生き伸びそうか考えたら、明らかに後者でしょう。

あと、筋肉と性欲は比例していて、性欲が強い人って生きる力、つまり生命力が強いと、見ていて思います。

生命力の強さの一つの目印 is 筋肉だと思っています。

12:運動すると、モテる

男性は筋肉がついて、たくましく見えるし、 女性は、しなやかで健やかな肉体が魅力的に見えます。

たくましく、健康的な人は、生殖能力が高そうにも見えます。そんな人に惹かれるのはヒトとしての本能では?

13:運動すると、ホルモン増大して魅力が増す

男性は「テストステロン」が増えて男性らしく、女性は「エストロゲン」が増え、女性らしくなります。

男性はより、男性らしく、女性はより女性らしくなる・・・。つまり、モテるようになるってことです。

女性の場合、筋トレしている人としていない人で圧倒的な差がでるのは腹筋でも腕でもなくお尻。アメリカでは女性への最上級の賛美として「She squats.」「彼女はスクワットをしているに違いない」というセリフがある。丸みのある美しいお尻はスクワットなしに存在しない。レッツスクワット -筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法  

14:運動すると、出会いと恋のチャンスを逃さない

体力も気力があれば積極的に外に出られるし、その分、出会いのチャンスが増えます。

また、恋愛するのも、体力も気力が必要です。

積極的な姿勢は、体力・気力がつくことで作られます。

そして、その積極的な行動は、出会いを増やし、恋のチャンスも逃しません

15:運動すると、出会いがある

運動を通しての出会いもあります。これは学生の頃もそうだったように、大人でも同じ。

ジムで出会っただろうカップルも少ないけどいるし、社会人の運動サークルも出会いの宝庫じゃないかな?と思います。

運動とファッションの関係ファッション

16:運動すると、オシャレに見える

シンプルなファッションでもサマになる人って、身体のバランスがいい人

スポンサーリンク

いい肉体の人って何着てもオシャレに見えるし、肉体管理ができている生活習慣もみえて、さらに好感度も上がる。

逆にどんなにいい服を着ても、ですぎたお腹や、太りすぎたからだではカッコ良く(きれいに)着こなすことは難しいし、肉体から見える生活も隠しきれません。

17:運動すると、オシャレになる

スタイル イズ ファッション! です。

着こなしに自信がないなら、鍛えてみてはいかがでしょう?

ファッションは一瞬で変えることができるけど、肉体は習慣から変えないと変わらないし、時間も労力もかかります。

からだを整えながら、ファッションの研究をしていけばいいのではないでしょうか。

からだを整えていくと、うまく着こなせるものが増えて、オシャレが楽しくなっていくと思います。

運動と仕事の関係

ビジネス

この人仕事できるな~と思う人って体力・気力があります。 元々ある人もいるかもしれませんが、年齢とともに保てなくなるのでやはり運動で維持するのは必要。

大手役職・役員、経営者、起業家、未来の官僚など、エリートやエリート予備軍といわれる人たちってほぼ全員運動習慣があります。出張先だろうが駐在先だろうがどこでもです。

旅をしたとしてもワークアウトをしていて、日本と過ごし方一緒だったり。運動しない言い訳は、聞いたことありません。習慣なようです。

年齢も言い訳にもせず、例えば50代の方でもバイタリティーがあってバリバリ働いています。30代の私の三倍くらい動いています。

ということで、運動が仕事に与える影響についてです。

18:運動すると、第一印象が良くなる

背筋が伸び、顔色が良いと健康的で第一印象も良い。

健康か不健康そうかどちらと仕事したいかと言われたら、もちろん前者。ビジネスマンも見た目は大事です。

19:運動すると、ストレスに強くなる

ストレス回避の方法を知っている人は、ストレスに強い!

ストレスに弱い人でも、回避しながらうまく付き合って行く方法ってあると思います。

20:運動すると、イキイキする

仕事もシンプルになり、無理なことは断り、やれることはさらっとスピーディにこなしています。

イキイキして見えます。

はっきりしていて、一緒に仕事するのも、見ているだけでも気持ちがいい。

21:運動すると、自信がつく

今日もジム行けた、やりきった、筋肉増えた、体重減ったなど、小さくても達成をしていくことで、自信が生まれ、育まれます。

自信は、小さな努力の積み重ねで作れます。

22:運動すると、脳細胞が増える

運動は、脳を鍛え、頭の働きを取り戻し、気持ちを上げるようです。

それをを科学的に立証している本が「脳を鍛えるには運動しかない! 最新科学でわかった脳細胞の増やし方」です。

ひたすら、運動が与える脳への効果が書いてあるんですが、読むとモチベーションマックスになります。

これを読んで運動しない人なんていないんじゃないかなってくらい動きたくなる本です。

23:運動すると、決断が早くなる

脳細胞がうまく働いているおかげか、決断力がつきます。

どうしようもないことでもやもや悩む時間も減り無駄がなくなって、洗練されていくように感じます。

24:運動すると、精力的な仕事の維持ができる

長期的に、精力的に活動していくには健康管理や維持は必須。

なので、長期的に仕事ができる人を見分ける一つに「健康管理をしているか」ということがあります。

運動と生活の質の関係

恋愛

25:運動すると、自制心・忍耐力がつく

何かを達成するには時に忍耐力が必要ですが、その忍耐力は運動で養うことが可能。

忍耐と思わないくらいハマったり、なれたりするのが理想ですね!

26:運動すると、張り合いが持てる

何もしないと、カラダもゆとりを持ってくる。逆に運動して気持ちをしめているとカラダもしまります。

いつもダラダラしていると、休みを思いっきり休もうとしてもうまく休まらないけど、頑張る時は頑張る、休む時は休むっていう張り合いがあるとちゃんと休めます。

27:運動すると、なりたい自分になれる

憧れの人って、素敵な人って運動している人多くないでしょうか?

私の場合、見た目であれ、仕事であれ、なんであれ憧れる人は運動習慣を持っている人が多いです。

28:運動すると、なりたい人に近づける

理想の人がいるなら、真似ることでその人に近づけますが、運動習慣がある人を理想にしている場合、やればやるほど理想に近づきます。

努力は形として目に見えてわかるので、やりがいもあります。

29:運動すると、目標達成能力がつく

一つ一つ小さなことからクリアしていくので、目標達成のコツがわかってくると思います。そうしているうちに自信もついていくので、目標が達成できる速度も速くなっていく・・

そんな好循環に乗れるのでは?と思っています。

30:運動すると、幸せになる

運動はメリットしかない

身体を動かすことは、いいことしかない! 筋トレでもヨガでもダンスでもジム通いでもスポーツでもなんでも。

運動を毎日しているとそれは当たり前になります。努力も不要な習慣になるのです。そうして、自然にこういった運動の恩恵を受け取れるのです。

ここに書いたメリットは、運動するだけで誰だって受け取れるのです!

運動のメリットって無限大!しかも、確実!!!

メリットは果てしなく、しかも確実なことって他にあるでしょうか?

運動をやれるのにやらない理由が見つかりません!

モチベーションが下がったら、これを読んでみてください。この本も筋トレしたい!ってなりますよ。

スポンサーリンク