断捨離

なぜか断捨離できない、なぜか物が増える理由は思い込みかも?

  • 断捨離したいのにできないし、物が増え続けている。
  • 断捨離をやってもやっても、全然スッキリしない

そんなことないでしょうか?

やりたいのにできない、やっても変わらないって、もどかしいですよね。

そのもどかしさは、ただ、思い込みをなくすだけで、一気に解消されるかもしれません。

ということで、私が思う、断捨離をしにくくしている思い込みと、物を増やしてしまう思い込みについて書きました。

私が過去に持っていた思い込みの中で、これが変わったらシンプルになったと思えることです。

もしあてはまるものがあれば、スッキリした生活の壁はそこにあるかもしれません。

思い込みに気づくことで、断捨離がはかどり、物を過剰に買うこともなくなり、目の前の世界はかわっていくかもしれません。

理想を邪魔する思い込み

理想はシンプルライフ。

そう思っていても、現実が理想に近づいていないのは、思い込みのせいかもしれません。

”世間的にこう思われている”常識という洗脳とも言えます。

その洗脳がなくなると、するりと理想がかなえられていくことも多いので、その具体的な例をあげていきます。

断捨離がうまくいかないときの思い込み

まずは、断捨離がうまくいかないときにありがちな思い込みから。

捨てるのはもったいない

「もったいなくて捨てられない」という声も多いです。

でも、自分のもとにきたことで、お役目を果たせないほうがもったいないのでは?

もったいないのは捨てることではなく、使わない、物をいかせないことだと思っています。

物に対して責任を持ちたいなら、使っていない物に第2の人生を見つけていかす方が良い。

もし捨てることになって、もったいないと感じるなら、それを反省し「もう使わない物は買わない」と決めればいいこと。

もったいないという反省は、ムダな物を買わない抑止力になります。

あわせて読みたい
何を捨てる?断捨離の難易度レベル分けと捨てる物の判断基準断捨離をはじめようとしたとき、つまずいたことはありませんか? 捨てる判断基準が分からない 失敗するのがこわい 今ま...

プレゼントを捨てるなんてありえない

「せっかく贈ってくれたものを手放すなんてありえない」といった声を多く聞きます。

その理由は、大切に思ってくれているからくれたのに、それを手放すなんて…ということだと思います。

でも、物を捨てたからといって、その人の気持ちを大事にしてないこととイコールだとは思いません。

ましてや、プレゼントを手放す=その人を大事にしていないなんてありえません。

喜んでもらいたいからあげるのがプレゼント。

その気持ちを受け取ったときに、その物の役目は成立しているのではないでしょうか。

あわせて読みたい
プレゼント(もらった物)の断捨離ってどうしてる? 物が少ない人って、贈り物ってどうしているの? 捨てるの? よく聞かれる質問です。 私の場合、贈り物も他の...

物が増える思い込み

次は、断捨離はできるけど、物をどんどん買ってしまう時にありがちな思い込みです。

物が多い方がゆたか

物が多い方がゆたかという考え方は、最近なくなりつつありますが、まだ一部のこっているような気がします。

例えばたくさん服を持っていたらおしゃれという考え。

持ってなくてもうまく着こなしている人は多いし、たくさん良い物を持っていてもベースの体型とマッチせず、残念になっている人も見ます。

おしゃれな物を買うことが好きな人と、おしゃれな人は別物ということです。

フルラインで用意した方が良い

ライン使いした方がいいから、セットで用意した方がいいという考え方もあります。

セットの方が効果的なのは理解できますが、全員が全員、フルセットで用意する必要はないと思います。

例えば、コスメ。コスメはフルラインで使う必要ないのでは?

「必要な物の中で、合うものを使えばいい」というようなことを、メイクアップアーティストの長井かおりさんも『周囲がざわつく自分になる 必要なのはコスメではなくテクニック』の本の中で言っていました。

また、美容ブロガーのかずのすけさんも、かずのすけの化粧品評論と美容化学についてのぼやきの記事で、こんなことをかいています。

化粧水は水分を9割以上含んでいて水分を補給するための化粧品。

乳液は水分大部分に油分を5%くらいと少量の油分を補給するための化粧品。

クリームは油分を3~4割含んでいて多くの油分を補給するための化粧品

全員が全員全部使わなければいけないものではありません。

フルラインしなければならない、というのは幻想です。

あわせて読みたい
ナチュラルスキンケア、メイクテクニック、アンチオーガニック本の共通点最低限の数、無理のない費用で、心まで潤うスキンケアと満足いくメイクがしたい! ということで、コスメを見直すことにしました。 ...

高い物は価値が高い

高い物は価値が高いとも思われがちですが、必要充分を超えると、それはオーバースペックなだけ。

使いこなせないことも多く、スペックの価値を見いだせないこともあり、自分にとって価値が高いとも言い難くなります。

私の場合、バックパックがそうでした。

トレッキング用の数万円する高機能バックパックより、10000円くらいのシンプルなトートバッグの方が圧倒的に使いやすかったことがあります。

わざわざ高機能の物を買う必要はなく、普段使いの物で代用できるかもしれません。

目的にあっている物があるなら、高い物を用意する必要もないということです。

高い方が高品質

高い方が高品質という考え方もあります。

そうだろうと私も思っていたのですが、安くても質が良い物がたくさんあります。

例えば、化粧水。

オトナ女子のための美肌図鑑』の著書で、美容ブロガーのかずのすけさんが、

化粧水の適正価格は1000円~5000円。それまでは価格と質が比例するけど、それ以上は宣伝費やパッケージ代なので、大差なし。

と書いています。

何もしない方が調子が良い、気分が良いのならそっちのがいいし、使いたいなら使えばいいけど、つかわなくても大丈夫な場合も多いということです。

こう考えると、普段用とスペシャルな日用とわけなくてもよくなるかもしれません。

値段安い=おとく

高いから買うという考えの逆で、値段が安いから買うことも多いと思います。

なぜなら、安い=おとくだから。

ですが、本当におとくそうでしょうか?

セールで買った物、安いからと買った物で、全く使わない物って結構ないでしょうか?

逆に正規料金で買った値がはるものを、長年愛用することも多いのではないでしょうか?

例えば洋服。

1000円で買って1度も着ない服より、10000円で買って100回着る服。

1000円の方は安いけど1回あたり1000円、10000円の方は100回着ているので1回あたり100円となります。

どっちがお得でしょうか? 後者ですよね。

価格が安いものでも、全く使えないなら価値は低いし、価格が高くても、長年毎日愛用して、生活を豊かにしてくれるような物は価値が高いということ。

値段ではなく、価値でみるようになると、つかわないようなムダな物を買うことは減っていきます。

とはいえ、安いとつい衝動的になってしまうのも分かります。ハードルが低いから、ちょっと気になるくらいで買ってしまうのです。

その時に私が考えるのは、

これ良いから買うのか、これいいから買うのか

ということ。

これが良いと思って買った物は、値段ではなく価値があると思ってえらんだ物の証拠。

だから買っても使わなかったということにもならないし、後悔もしません。

まとめ 思い込みを疑ってみる

最後に、この記事で書いた思い込みをまとめておきます。

[断捨離がうまくいかない思い込み]

  • 捨てることは、もったいないこと
  • プレゼントを手放すなんてありえない

[物が増える思い込み]

  • 物が多い方がゆたか
  • フルラインで用意した方が良い
  • 高い方が価値が高い
  • 高い方が高品質
  • 値段安い=おとく

実際に私が持っていた思い込みですが、全員に納得いく考えではないと思います。

とはいえ、色んな価値観を知ることで、何かの気づくかも?と思って書きました。

思い込みは、ときに理想への足かせになります。

でも、それが納得のいく考えに変わることで、いっきに理想に近づくことも多いです。

このブログが、そのきっかけとなったら嬉しいです。