かたづけ

【管理も整理も楽】服の定数を守ってすっきりクローゼットを保つ方法

知らない間に増えていって、クローゼットがいっぱいになってしまう洋服。

多くなるほど、整理したり、管理が大変になりますよね。

【理想の洋服管理】

  • スッキリしたクローゼットを維持する
  • 整理や管理をかんたんにする

洋服をかんたんに整理して、すっきりしたクローゼットをつくるためにしたことが、すべてハンガーにかける方法です

ハンガー数を決めて、オールシーズンの洋服すべてをかけるだけ。

その結果、洋服の整理しやすくなりました。

着ない洋服はすぐに手放せたし、買いすぎなくなって、スッキリしたクローゼットをつくることができて、さらにその状態を維持できています。

【ハンガー管理をした結果】

  • たたむ必要がなくてラク
  • 洗濯したあとにかけて、干して、そのままクローゼットに入れられてラク
  • 枚数や持っている物洋服を把握しやすい

今回は、洋服のハンガー管理について、動画にしました。

洋服のハンガー管理方法は、ハンガーにかけること

ハンガー数は、私はオールシーズン21本です。

最近まで15本でしたが、不足を感じたので、少し増やしてみました。

増やしたことで定番アイテムにプラスして、数本のゆとりがあります。

適量というのは、試行錯誤が必要だし、人によってもそれぞれ違うし、状況によっても変わるから何本とは言いきれません。

目指したいくらいのハンガー本数でためしてみるといいかもしれません。

ハンガー数を決めても、「はみ出た洋服もある程度はOK」くらいのゆるさでやってみると適量が分かってきます。

ちなみに、私の今のハンガーは、IKEAの白い木製タイプです。

イケア BUMERANG 木製ハンガー 8本組 ホワイト

ハンガー管理した結果

すべての洋服をハンガーにかけることによって、得られたメリットがこれ。

【ハンガー管理のメリット】

  • ムダな物は買わないようになる
  • 使わない洋服もすぐ手放せる
  • 一定数を守れるから、スッキリしたクローゼットが維持できる

たたむ作業がいらないので、たたむのが苦手な人にも最適です。

メリット1 畳む必要なし

ハンガーにかけておくだけなので、畳むという作業がなくせます

メリット2 面倒な作業なし

洗濯したあとにハンガーにかけて干し、乾いたらそのままクローゼットに入れらます。

いろんな作業が短縮できて、ラク

メリット3 持っている物洋服を把握しやすい

クローゼットの中身を見渡せるので、何を持っているか把握しやすい

そのため、手持ちの服と合わせにくいような服など、着ない服を買うことが減ります。

メリット4 どのくらいの洋服を持っているかがわかる

ハンガー数が目安になるので、どのくらいの洋服を持っているかがわかります。

過不足が、見るだけではかれます。

メリット5 しわにならない

たたみじわができないので、アイロン作業も減らせます。

まとめ

すべての洋服をハンガーにかけるのは、簡単な方法だし、管理も整理もラクで、クローゼットをすっきりさせることができます。

持っているものを把握しやすいので着ない服を買うことも減ります。

【ハンガー管理がおすすめな人】

  • 洋服をたたむ作業は好きではない
  • 整理や管理が苦手
  • 持っている服を把握できていない
  • クローゼットをスッキリさせたい

そんな時は、ハンガー管理がおすすめです。

\ スッキリしたクローゼットをつくる&キープする!ハンガー管理方法 /

YouTube

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画

こちらもおすすめ