断捨離

不要品を再利用して、捨てない生活をする方法【寄付先・ゆずり先】

部屋の片づけをしていて出てくる、不要品。

断捨離したいけど、まだ使えるし、捨てるのがもったいないと思ったことないでしょうか?

私は買ったばかりの物、まだまだ使える物を捨てる時はだいたい思います。

そのたびに「ごめんなさい」と思いながら捨てています。

罪悪感も感じていたので、前ほどムダな物を買わないようになってきました。

でもまだ買ってしまうし、捨てる時にもったいないと思うことは多々あります。

そこでやっているのが、第2の道を見つけること。

売ってお金を得るだけでなく、もっと手軽に業者に頼んだり、何かの助けになったり、物をいかす場所を探します。

ということで、私が見つけた中で、物がいかせるし、比較的かんたんだとおもった方法をまとめました。

第2の道を見つけると、もったいないという気持ちもなくなるので、手放しやすくなります。

この不要品、自分では使わないけど、捨てるにはもったいない。

そう迷っている物があるなら、この記事を読んでみてください。

もらってもらう

一番かんたんな方法は、知っている人にゆずること。

使いそうだと思う人に何となく聞いてみます。

だいたい好みや生活がわかる家族、友達です。

当たり前ですが、状態がひどい物は失礼なのでやめましょう。

それはただの押し付けです。

交換会に参加する

ファッションアイテムに特化した、xChange(エクスチェンジ)という物々交換会があります。

  1. 着なくなったアイテムを1点以上用意
  2. 出品アイテムにエピソードを書く
  3. 会場に持ち込んで受付する
  4. 会場でディスプレイする

会場で気に入った物が、もらうこともできます。

すごくいい取り組みで、はじめ知ったとき感動しました。

誰でも参加可能で、参加できる場所は全国各地。

サイトに場所、日時がのっているので、チェックしてみるといいですよ。

私も何度も利用したことがありますが、楽しいし、その物をいかしてくれそうな人のもとにおくれて、清々しい気持ちで帰れます。

Xchange公式サイトはこちら

寄付する

寄付するというのも誰もが考えるのではないでしょうか。

私もいくつかの場所に寄付をしています。

が、送料が数万かかって「お金わたした方がよかったな」と思うことがあったり、物品寄付は逆に邪魔という現実がある、というような話もよくききます。

今は基本はお金で、その先が分かるところだけに寄付しています。

シャプラニール

シャプラニールは、主に南アジアを支援する日本の国際協力NGO。

不要品を捨てずに国際協力へ活かすしくみを持っています。

シャプラニールへおくったものが、日本の専門業者で換金され、海外での支援活動に活かされる、そんなしくみです。

もらってもらえる物の幅もひろめ。

  • 本・CD・DVD・ゲームソフト
  • はがき(書き損じ、未投函)
  • 切手(未使用、使用済み)
  • テレフォンカード
  • トレーディングカード
  • 金券
  • 外貨紙幣
  • 使用済みトナー/インクカートリッジ
  • 家電
  • 貴金属

あてはまるものがあったら、サイトをのぞいてみるといいですよ。

私は、1万円分相当の外貨紙幣(ユーロ)をおくりました。

シャプラニールのステナイ生活の詳細はこちら

ワールドギフト

捨てたくないもの・誰かに使用してもらいたいと望まれるものを世界中で再利用し、途上国支援に役立ててくれるワールドギフト。

これまでの物資寄付国は82カ国だそうです。

再利用に役立ててもらえる物も、私が知る限り一番多い団体。

  • 衣類
  • 日用品
  • 健康・衛生用品
  • 人形
  • 雑貨
  • ベビー用品
  • 子供用品
  • 玩具
  • スポーツ用品
  • 楽器類
  • 文具
  • 学用品
  • キッチン
  • 化粧品
  • 装飾
  • ペット
  • 手芸
  • メディカル
  • 介護
  • 工具
  • 食器
  • 家電

など

ただ、無料ではなく、サイズごとにお金がかかります。

お金を払って、再利用してもらうという感じです。

120サイズ
縦×横×奥行の3辺合計が120cmまで
重さ30kgまで箱や衣装ケース等に詰放題
集荷料金:2400円

140サイズ
縦×横×奥行の3辺合計が140cmまで
重さ30kgまで箱や衣装ケース等に詰放題
集荷料金:2900円

160サイズ
縦×横×奥行の3辺合計が160cmまで
重さ30kgまで箱や衣装ケース等に詰放題
集荷料金:3700円

再利用にかかる手間もあるし、送料などがあることを考えたら、これくらいかかってもいいのではないでしょうか。

ごみに出すよりも安い場合もあるし、何より物を活かしてくれるので、なんとなく気持ちはうるおいます。

ワールドギフトの詳細はこちら

売る

不要品を売って、お金を得る方法もありますね。

たくさんの本は『宅配買取』

本は、重いのでたくさんある場合は、宅配買取。

査定もはやいし、自宅ですべて完結するので楽!

重くてかさばるものは、宅配買取がベターです。

本を売るなら【ブックオフ】公式宅配買取サービス

高く買ってもらいたいときは『メルカリ』

何でもうれる手軽なアプリといえば、メルカリ

5分くらいで、手軽に出品できますよね。

私も日常的につかっています。本も新刊の場合は、メルカリの方が早く高くうれるのでだしています。

ただトラブルも多いので、注意しています。

あわせて読みたい
メルカリで実際にあったトラブルと注意点・防止策断捨離がはかどるフリマアプリメルカリですが、トラブルやマナーが気になることはないでしょうか? 私はトラブルで消耗して、利用がめんど...

まとめ

不要品をいかしたいときに、使える方法のまとめです。

【不要品をいかす方法】

①もらってもらう

交換会に参加する

③寄付する

④売る

物のいかせる道をみつけたら、不要品を手放す時にまよわなくなりますよ。

持っている不要品があれば、活用してみてください。