ミニマリスト

シンプルになる方法は?現実とゴールを把握してギャップを埋めるだけ!

シンプルになれたら、日常のあらゆる面でいい影響があります。

では、シンプルに考える方法ってどうすればいいのでしょう?

シンプルな空間のつくり方、メイクの仕方、仕事術、あらゆるメソッドはありますが、オールマイティに使えるシンプルな考え方があったらいいですよね。

私がしているのは、いつでも何にでも使える、シンプルな方法です。

それは、現実とゴールを把握してギャップを埋める。

これだけです。

この方法でいろんなことをシンプルにして、結果を出したり、解決させてきました。

  • シンプルな空間をつくる
  • 仕事のパフォーマンスを最大限にする
  • 人間関係の悩みを減らす
  • 美容やファッションも流されず、必要で好きを選ぶ

というようなことです。

このカテゴリにはこれ、仕事にはこの方法、そうやって考える必要もないので、かんたん。

ということで、何にでも使えるシンプルになるためのシンプルな方法を具体的に紹介します。

シンプルになる方法は、この5つの順番

シンプルになる方法は、現実とゴールを把握してギャップを埋める。

これだけです。

具体的順番は、5つ。

  1. 現実を把握する
  2. 理想を考える
  3. 過剰を減らす
  4. 不足を足す
  5. 維持する

シンプルに思考し、行動して結果を出したこと

何でもシンプルにしたい時は、現実と理想を把握→整理→行動→維持で考えています。

このやり方で私が結果を出してきたことを一部紹介します。

仕事で奇跡をつくった

もっとも困難だった海外でマネージングする仕事も、シンプルに考えることで、ミラクルがおきました。

見知らぬ国で味方は誰もいないところで、1人だけで現地の人を動かすだけでなく、言葉や文化の壁に加えて、制限時間1年半という短期間。

お金、設備、人材がない上に、信頼もありません。

理想は、プロジェクトスタートと、それによって利益を倍にすること。

不足していたのが、働く人のやる気、人、設備、予算、マニュアル。不要だったのが汚い環境です。

具体的内容は長すぎるので省きますが、この不足を減らし、過剰をなくすことに尽力しました結果、利益は数倍アップに増えました。

治安悪化で維持段階ができなかったのですが、私がもっとも信頼していた同僚がそこも解決。

カオスで不利な場所で、奇跡的な結果を出すことができたのです。

好きと必要だけある気持ちの良い空間

もともと部屋が散らかり放題の部屋に住んでいましたが、今の部屋は、スッキリしています。

これも、現状と理想を把握し、頭を整理したことによってつくられている空間。

常にゴールを考えているので、ムダな物は買わないし、不要な物はすぐに手放せているので、シンプルな空間が保てています。

ミニマリスト部屋

部屋の様子はここから

人間関係を楽にする

ちょっと前まで、一緒にいてつらい人と会うことや、あまり乗る気ではない誘いも断れませんでした。

休みたいときにも、ほかにしたいことがあっても、です。

ムリしたところで楽しさは半分以下、したいことがあるのに時間はないし、お金もムダにしていたのです。

体力、時間、お金が無限大にあるわけではありません。どちらかというと、体力、時間の制限は昔より増えました。

だから、人間関係もみなおす必要がありました。

会いたい人と会う時間をけずって、会いたくない人と会っていたので、会いたい人と会って、会いたくない人は会わないことを徹底しました。

愛してくれる人や大事にしてくれる人がいるのに、会わないなんてもったいないし、逆にその時間をつかって傷つける人と一緒にいるのももったいのです。

こうやってシンプルになった今は、すごく楽だし、1人で楽しむ時間も確保できています。

シンプルになる順番

結果紹介が長くなりましたが、シンプルになるための方法(5つの順番)を紹介します。

①現実を把握

まず第一にすることが、現状把握。

現実を見ずに逆行している人は多いので、とても大切です。

例えばこんなこと。

  • きれいになりたいからメイクするけど、盛り過ぎて近寄りがたい。
  • オシャレになりたいから洋服をたくさん買うけど、体型管理ができていなくて着こなせていない。
  • 輝きたいから高価な貴金属を身に着けるけど、自分を磨かれていないから、下品にみえる。
  • 健康になりたくて食にこだわるけど、制限が多すぎて楽しめない。
  • 病気を治したくて自然療法を試みるけど、他の治療を拒否し、治る病気が進行してしまう

向き合うことは辛いけど、そうやって向き合わなければ一生変わりません。

それどころか、どんどん逆方向に行って取り戻すのが大変になります。

とはいえ、少しずつ変わっていったこと。

まわりも同じような人でかたまっているので、バランスが偏っていることに気がつきにくいです。

でも、慣れたところは楽だけど、そこにいたら気づきません。

だから、あえて違う場所に身を置く。

かたよりに気づくためにも、色んな環境や価値観にふれることが大事!

②理想を考える

現実と向き合ったら、次は行き先をきめること。

ゴールを決めないと迷走するだけ。

あちこち行っていたら理想の場所がみつかる場合もあるかもしれないけど、それだとムダに疲れるし、疲れたときに挫折しやすくなります。

モチベーションを保つためにもゴールを定めておきます。

ゴールは理想のことで、理想は好きと必要がある状態のこと。

文字でも画像でも、どんな手段でも良いので、自分の理想や好きを自覚し、何が不要で何が必要か、何が好きか、嫌いかを整理しておきます。

③過剰を減らす

理想のゴール=好きと必要だけがある状態を見える化し、整理したら、それ以外を排除していきます。

まず、今の現実とあわせて、過剰になっているものから省いていきます。

何でもそうですが、増やすより先に減らす方がうまくいくから、増やす方はあとまわし。

現実と理想のギャップを整理して、必要、好き以外だけを減らしていれば不要な物だけが手放せます。

この方法だと手放す時の迷いも減るし、減らしてしまって後悔することもあまりありません。

④不足を足す

過剰なものをある程度減らせたら、不足分を加えていきます。

現状と理想をみて、足りてないもの=必要で、好きな物だけを増やします。

理想と現実がみえていれば、取り入れて「やっぱり不要だった」という後悔がないので、いかに現状とゴール把握が大事か分かると思います。

⑤最低限を維持する

こうやって必要と好きがあつまったゴールがにたどりついたら、維持していきます。

まったく同じ状態を維持するというより、そのときにあった理想の状態を維持すると言う意味。

変わらないものなんてないから、時代、環境、好み、理想にあわせて①~④をひたすら繰り返します。

大変だと思うかもしれないですが、慣れていきます。

まとめ

シンプルになる基本は、現状とゴールを把握し、ギャップをうめていくこと。

その順番は、①~⑤だけ。

仕事、人間関係、あらゆることにつかえるシンプルな方法です。

  1. 現実を把握する
  2. 理想を考える
  3. 過剰を減らす
  4. 不足を足す
  5. 維持する

実際に私がやっている方法ですが、すごくわかりやすく、実行しやすいと思って紹介しました。

テーマが大きすぎると大変なので、メイク、ファッション、仕事のある案件など、小さいテーマでためしてみてください。

いろんな場面でよりよい生活や成果の役に立ったら嬉しいです!

\ 身軽になる方法note /