スポンサーリンク

どこでもできる断捨離&掃除の簡単な方法

closet

一番しっくりきて、長年している断捨離と、そのついでの掃除方法を紹介します。
もう何年も、どこでも断捨離する時は、この方法を使っています。

いつもの断捨離方法は「制限して、全部出す」だけ

暇になったらする断捨離掃除(断捨離しながら掃除もする)、気分を変えたい時にする断捨離掃除。どこの場所でも基本的には同じ方法で掃除と断捨離をしています。

その方法は「全部出す」です。

テリトリーは、ポーチの中身、シンク下、下駄箱、クローゼット、冷蔵庫、ベッド周り等細かく分けておきます。
そうじゃないと途中で疲れて挫折してしまいそうだから。

そして、なんとなくやる気がでない場合は、制限時間も決めます。

場所と時間を制限し、全部出してから始める断捨離。 断捨離する時、その方法はこれに落ち着いています。

制限して全部出す断捨離掃除方法が気に入っている理由

この方法が好きなのは、掃除も断捨離もしやすくなるから!

全部出したらその決めたテリトリーにはモノがなくなるので、掃除(拭いたり、掃いたり)することが簡単になります。 そして、また中に戻す時には一つ一つ手にするので、そのモノを一つ一つ吟味できます。

一つ一つ手にしなければ戻せないので「見ないふり」を阻止できます。 ちゃんと向き合って「いる」「いらない」をわけられるのです。

さらに、全部出したら入れなければならないので、モノを戻すまでキレイな状態には戻らないので、掃除と断捨離から目を背けることもできません。モノが出しっぱなしだと気持ちが悪いので、そこから逃げることもできません。

やるしかないのです。そんなやるしかない状態にできるのも、この方法の良いところ。

ある日のクローゼットの断捨離掃除

最近衣替えついでに、クローゼットの掃除と断捨離をしました。その時の様子がこちら。

【BEFORE】

before

【AFTER】

スポンサーリンク

after

ほとんど代わり映えもしませんね。

でもその理由は、最近の引越しで断捨離もしていたので、ほとんど捨てるものもなくお気に入りばかりだったから。

そんなに変わらなくとも、一つ一つの状態は把握できたし、管理が必要なものはキレイにもできたし、ちゃんと管理できたことと、持っているものも把握できたことを感じられたので、自己満足は高いです。

断捨離掃除のコツは「全部出す」「制限する」こと

中掃除も大掃除もどこでもやり方は「全部出すこと」「制限をすること」だけです。 全部出すのが面倒なくらいモノがある場合は、持ちすぎのサインということにしています。

家族がいるわけでもない一人暮らしなので、このサインがちょうど良いくらいだと感じています。

スポンサーリンク