断捨離

「身軽になる」目標を達成する、マンダラチャートのつくり方

身軽になるためのマンダラシート

「身軽になりたい」と思ったとき、何をどうしたら、それができるか考えたことありますか?

私は、具体的に考えたことはありません。

なので、「身軽に生きる」ことについてちゃんと考えてみました。

「身軽になる」方法を考えるためにつかったのが、”マンダラチャート”。

”マンダラチャート”は、野球の大谷翔平選手がつくっていた目標達成シートです。

あらゆる目標を達成するために作っていますが、目標達成方法の中で1番簡単につくれて、わかりやすい方法でした

目標があっても、どうやって達成していけばいいか分からないなら、試してみる価値あり。

ノートでもExcelでも、いつでもどこでも作れて、簡単なので覚えておくと絶対に損はありません。

今回は「身軽になる」という目標達成のために作った”マンダラチャート”を紹介します。

目標達成シート「マンダラチャート」とは

まず、”マンダラチャート”の説明から。

マンダラチャート”とは、3×3の9マスの枠で構成する目標達成シートです。

マスの中心に最終目標を書いて、外側にそのために必要なことを細分化して書いていく。

外側から実行することで、内側&真ん中の目標達成に近づくというもの。

みた方が早いので、野球選手の大谷翔平さんが高校1年生のときに作成していた”マンダラチャート”をあげておきます。

マンダラチャート

高校1年でここまで具体的に目標設定してるって、それだけですごいと思うのは私だけ?

マンダラチャートの作り方

”マンダラチャート”は、3×3の9マスをつくれたら、手書きでもExcelでも何をつかってもOK。

作り方は、

  1. 3×3の9マスを作る
  2. 真ん中に、達成したい”目標”を書く
  3. その周りの8マスに、そのために必要な”要素”を書く
  4. そのマスのかたまりの外側に、さらに3×3のマスを8個つくる
  5. その9マスの真ん中に、その”要素”のために必要な”行動”を書く

これだけです。

大谷翔平選手の場合、

真ん中にドラフト1位という達成させたい目標を1つ書き、

目標の周りに、体づくり、コントロール、キレ、メンタル、スピード、人間性、運、変化球をきたえるという必要要素を8個を書き、

さらにそのまわりに、上の必要要素をつくるための行動を、8個ずつ書いています

合理的で分かりやすい!

ビジネスからプライベートまで何でも使えるのではないでしょうか?

身軽をかなえるマンダラチャート

私も「身軽」をかなえるマンダラチャートを、Excelでつくりました。

身軽になるためのマンダラシート

目標は「身軽に生きる」

「身軽になる」「身軽に生きる」「身軽な生活」
どれでもいいのですが、身軽になることを最終目標にしています。

目標のために必要な”要素”と行動

身軽になるために必要だとあげたのが、次の8項目。

  1. 最低限の物
  2. タフなからだ
  3. 良好な人間関係
  4. 時間と空間のゆとり
  5. 行動力
  6. 経済的なよゆう
  7. かしこさ
  8. 柔軟な思考

さらにくわしく、この要素をつくるための8つの行動と合わせて書いています。

1:持ち物を最低限にする

物理的な軽さは、移動を楽にするので必須。

  • 不要な書類を捨てる
  • 不要な衣類を捨てる
  • 不要な大物を捨てる
  • 不要なコスメを捨てる
  • 不要なデータを捨てる
  • 壊れている物は修理する
  • 1軍だけを持つ
  • 不要な物を買わない

ムダな物を手放しながら、1群だけ残して、不要な物入れない。
そうすることで、物理的に軽くなります。

2:タフなからだ

身軽な人って、心身ともに健康で、体力もある人が多くないでしょうか?

それは、労力が必要な場面でも難なくこなせるから。

  • 運動習慣を持つ
  • 質の良い睡眠
  • 消化力をつける
  • 栄養管理する
  • ホルモンバランスを整える
  • 筋肉をつける
  • ストレスの対処法を知る(50以上)
  • 心の健康を保つ

健康で心身のタフさは、自然とつくられるものではないので、意識してつくっていく必要があります。

疲れててもパワフルで、どんな時もチャンスを逃さないって、身軽さの象徴みたいな人に見えます。

ジョーブログのジョーくんとかね。タフで動きが軽やかでうらやましい〜!

3:良好な人間関係

荷物だけでなく、気持ちも軽やかでいたいなら、人間関係も大きな要素

  • ネガティブな影響を受ける人と離れる
  • 褒める
  • オープンマインドでいる
  • 肯定的姿勢でいる
  • 会いたい人に会いに行く
  • 感謝する
  • 伝えたいことを言葉にする
  • 大事な人を大事にする

ネガティブな関係を避け、好きな人には積極的に会う。そして、感謝や伝えたいことを伝え、大事にしていく。

人間関係がスムーズだと、生活が楽しくなり、気持ちも軽くいられます

4:時間と空間のゆとり

時間や空間のゆとりは、気持ちのゆとりをうみます。

  • 1人の時間を持つ
  • 掃除をしてクリーンな状態を保つ
  • 帰る場所がある
  • メディテーションを習慣にする
  • 安心できる場所を持つ
  • 早寝早起きする
  • 風通しがよく日当たりのいい場所に住む
  • 自分の城を持つ

1人の時間を少しでも確保して、メディテーションをすることで脳がすっきり。感覚的に、朝の1時間は夜の3時間くらいに匹敵するすると思えるから、早寝ができたらなお良い。

さらに、拠点を持つことで安心してどこにでもいけるし、その拠点が、自分にとって快適なお城だと、よゆうを持っていられます。

5:行動力

物理的に軽くなったところで、自分の行動力がなければどこにも行けません。

  • 勇気を持つ
  • 軽くはじめる
  • 自分を知る(したいこと)
  • 自信を持つ
  • 集中力をアップする
  • 「したい」は実行する
  • 断ることを覚える
  • 八方美人をやめる

自分が好きなことを選んで、とりあえずはじめる。勇気を持てないなら、スモールステップで充分。それでも前に進んでいるのだから。

そうやって、行動力は磨かれ「行きたい時に、行きたいところに、行きたいだけいける」自分ができあがります。

6:経済的なよゆう

金銭的なよゆうは、気持ちのよゆうをうみます。
「お金を貯めてから」という言い訳もなしに、行きたいところに行きたい瞬間にいくこともできるのです。

  • スキルアップする
  • 複数の収入源を持つ(10以上)
  • 特別スキルを持つ(デザイン等)
  • 投資する
  • 見栄をはらない
  • 浪費はしない
  • コミュニケーション能力アップ
  • 人間性

見栄を捨て、浪費はなくし、スキルを伸ばし、どこでも働ける人になり、収入源をたくさん持つ。

人間性を欠くことは破滅に繋がるので、同時に人間としての格も上げていく行動を入れています。

経済的によゆうがあるだけで、1つの不安要素がうすまり、気楽さも増します

7:かしこさ

弱みがあっても、スキルや知恵、知識でそれをカバーすることができます。

  • 英語力をつける(TOEIC900点)
  • お金の知識を持つ(FP2級)
  • 語学力をつける(第3言語)
  • 政治を知る
  • 地理を理解する
  • 料理スキルを持つ
  • 世界のルールを知る
  • 知ったかぶりはしない

知識や知恵、スキルは、行動して得られるもの。あしを止めずに、スマートな移動、スムーズな生活をつくっていくのです。

8:柔軟な思考

たとえどこに行こうとも、自分で自分で制限していたら、いつまでたっても”自由”は感じられません。

  • 自分の呪いを解く
  • 考えるクセをつける
  • ボーダーを持たない
  • ゆるす
  • 視野を広くする
  • 受け入れる
  • 偏見をもたない
  • 歴史を学ぶ

先入観を持たずに多くの人と接して、多様な価値観を受け入れたり、自分で考える。歴史は人間ドラマのかたまりなので、そこから多くの考え方を学べます。

広い視野を持ち「~しなければならない」「~すべき」という自分ルールをゆるめ、気持ちも軽くいきたいですね!

 

詳細は以上です。

今回は、私の考えた「身軽になる」目標の”マンダラチャート”ですが、目標が同じでも、その方法はさまざまだと思います。

つくっている最中は、希望がみえてワクワクするので、参考にしてつくってみてください。

自分で考えて実行する方が、納得もできるし、楽しい

ポジティブになれるだけでなく、見える化することで、行動の迷いも減ります。

まとめ:マンダラチャートは、ポジティブになれるし目標の実現を早める

マンダラチャートをつくるのは、メリットしか感じていません。

  • 考えるのが楽しい
  • 見えるから、行動しやすい
  • 細分化されて、それをつぶしていけばいいだけで簡単
  • 1つ1つは簡単だから、希望が持てる
  • 1つ1つつぶしていくことで、自信になる
  • 結果、実現しやすくなる & 実現が早まる

理想や目標があっても、どう動いていいか迷ってしまうなら
活用してみてはいかがでしょうか?

前向きになれるし、目標に積極的になり達成できますよ!

ヤドカリ
ヤドカリ
マンダラチャートって、希望しかない