モノを減らす

物を手放す基準 

物の基準

まだ着られるけど着たくない服、使えるけど数年使っていない電化製品、使いこなせないキッチン道具、眠っていないでしょうか?

なぜ、つかわないのに手放さないのでしょうか?


物を手放す時、迷うからですよね。

迷って手放せないと、使わない物が増えていくとわかっていても、迷ってそのままにしてしまうのはよくわかります。

では、迷いをなくすにはどうすればいいのでしょうか?

私の場合、基準を持つことで迷いをなくしています。

どんな基準かよくわからないと思うので、その基準を紹介しますね!

基本は「好きなもの」「必需品」以外を手放しています。

①使えなくなった物

破れたり、壊れたりして使えなくなった物は、捨てます。

使えない物を持っている理由がないから。

使いたい物なら、なおしたり、管理してすぐ使いますが、めんどうでそれをしないということは、不要だという意味で捨てるのです。

判断は、その場で。

【なおす】か【捨てる】

それしか選択肢を持ちません。

とりあえず置いておくという選択肢を持つと、どんどん使えない物がたまっていくだけです。

②飽きた物

欲しい物は、その時の自分に必要だから選んでいます。

その逆で飽きたと感じるなら、もうそれから得られるエネルギーは全部吸収したと思って、捨てていきます。

エネルギーは、その物を使って気分が良くなるかで判断。

新品をつかっているときって、良い気分になりますよね。

それはエネルギーがもらえているということでだと思っています。

逆に古着は飽きるのが早い。

前着ていた人がその物から得られるエネルギーをそれなりに吸収してしまっているからかな?と考えています。

③気分が良くない物

持っていて気分が良くない、気分が上がらない物も手放し時。

持っていて気分が良くない物は、上に書いたようにエネルギーを吸収したというのもありますが、それだけでなく今の自分にマッチしないのだと考えています。

例えば新品でも、持っていて気分が上がらない物ってないですか?

誰かにとっては、それを持って気分が上がっても、自分にとっては何とも思えないのなら、ただその時の自分に合っていないだけ。

使う気にならないので、その物をいかすためにも手放します。

④劣化した物、使い古した物

使い古した物や劣化した物は捨てます。

使い古したということは、お役目が終わったということ。

劣化している物は使えません。

といっても、使い古したり、劣化したといっても具体的にどの程度か分かりませんよね?

そんなときは、大事な人に使わせられるかを考えてみます。

  • 大事な人に貸せるのなら持っている
  • 貸せない程度なら持たない

という感じです。

大切な人に貸せないような物を、大切な自分にも持たせたくはありません。

手放す基準を考える

何かを手放す時って誰でも迷うもの。

迷ったら、つい置いておきたくなるのも分かります。

でも、そうやって迷ったものを置いておくとどんどん使わない物はたまっていきます。

それを阻止するために、自分なりの基準を持っておくことが大事ではないでしょうか。

https://twitter.com/minimal_clear/status/1037537795705724928″
こちらもおすすめ