物を減らす

クローゼットの実例あり。断捨離と掃除のシンプルな方法

クローゼット断捨離

雑誌や本、サイトにのっているお掃除や断捨離方法を試したことありますか?

物も少ない私もそういった記事は参考にしますが、複雑で難しいと感じることがあるのでマネはしません。

ですが、どの方法も基本は同じ。

  • 持ち物を把握する
  • 必要な物、好きな物、大事な物を選ぶ
  • 掃除する
  • 片づける(適切な場所に置く)

だけ。

私もシンプルに

  1. 場所のターゲットを絞ってから、物を全出し。
  2. 出したら掃除し、必要な物しか入れ戻さない。

これだけの断捨離&掃除をしています。

断捨離のスタートは、物の把握が必須。

全部出すと、持ち物の多さを把握できます。

また、入れていた場所に物がなくなるので、掃除が一気に楽になります。

掃除までできたら、あとは勢いに任せて物を精査しながら戻すだけ。

最近クローゼットの断捨離&掃除をしたので、実録写真をのせながら、断捨離&掃除方法を紹介します。

掃除と断捨離を同時にする方法

断捨離&掃除方法は、基本的に同じ。

全部出してから、精査して合格したものだけ入れる

です。

ポーチやさいふなど小さい範囲から、クローゼット、部屋、家まで全部この方法を使っています。

一時的に部屋が散らかるけど、終わった後、納得できるやり方はこれだけ。

断捨離も掃除もはかどる理由

全部出して掃除と断捨離する理由は、いくつかあります。

持っている物を確認できる

全部出す過程で、持っている物を確認できます。

持ち物を把握することは、断捨離の基本。

見て見ぬふりという選択を強制的に排除します。

掃除が簡単

物があるより、全くない空間を掃除するのは圧倒的に楽。

隅々まで一瞬で拭けるので、キレイになります。

物の隙間にホコリが埋もれることもありません。

1つ1つ精査できる

物を出す時に持っている物を確認しますが、入れる時にも再確認できます。

2度も見直せるので、精査の精度が上がり、見落としが減ります。

集中できる

全ての物を出すと、一時的に部屋が散らかります。

その状況に居心地の良さを感じないし、リラックスもできません。

「とにかく片付けてからじゃないと何もできない」状態にすることで、
片づけに集中できます。

断捨離と掃除が一気に達成

大事な物だけしか残さない断捨離と、キレイにする掃除が一気にできるので、達成感があります。

これが成功体験となり、どんどん断捨離と掃除がはかどるのです。

物を断捨離するときの判断のコツ

物を精査するとき「迷ったらとりあえず持っておく」という判断にしてしまうと、何も変わりません。

それを防ぐために3ヶ月後に引っ越すを想定して断捨離をしています。

引越しは、物をみなおすいい機会。

それを想像するだけでも充分に効果があります。

ミニマリストのクローゼットを断捨離&掃除した実例

ミニマリストである私のクローゼットも、定期的にこの方法で物を確認し、掃除をしています。

ある日、クローゼットを全部だしして、断捨離&掃除をしました。

全部出ししたクローゼットがこちら。

何もないので掃除は一瞬です。

隅から隅まで掃除ができて、風も通せるのでスッキリ。

でも、全出しした荷物は部屋に散乱しています。

いつもくつろいでいるソファーも見えません。もちろん座ることもできません。

リラックスしたいなら、やるしかないのです。

 

そして30分後がこちら。


ソファーが顔を出し、部屋が元に戻りました。

クローゼットは断捨離と掃除を終え、最新で最良の状態になりました。

満足感と爽快感を感じるので、この全部出しの方法は、1~2ヶ月に1度はしています。

これだけ定期的にやっていても、いらない物がみつかっています。

まとめ

断捨離と掃除は、

  • 持ち物を把握する
  • 必要な物、好きな物、大事な物を選ぶ
  • 掃除する
  • 片づける(適切な場所に置く)

ができていれば、うまくいきます。

私の場合、

  1. 場所のターゲットを絞ってから、物を全出し。
  2. 出したら掃除し、必要な物しか入れ戻さない。

というやり方ですが、具体的な方法はなんでもいいのです。

ただ、断捨離が日常化していない場合、範囲が広かったり、物が多い場所は難易度が高い。

今回、クローゼットの実例をあげましたが、クローゼットは無法地帯で難しいと思います。

もっと小さい範囲で、物の少ない場所からがおすすめです。

断捨離と掃除は、ポーチ、財布、バッグ、洗面台など小さな範囲から慣れていくのが失敗しないコツです。