ファッション

いつも身軽でいるための靴の断捨離と購入ルール

靴の断捨離

持ち物には、その人の考え方が反映されています。

例えば、かかとがすれたり、破れたり、汚くなった靴をしょうがなく履くのは、その程度の物が自分と同等だと思っている証拠

何年も履いていない靴を持っているのは、今の自分を無視して過去と物を大事にしてしまっている証拠です。

だから、物を手放すと、その物についている考えや思いも捨てることができます。断捨離と同時に、不要な思考を断捨離ができるのです。

今回は靴の断捨離と購入のルールについて書きました。

靴の断捨離ルール

靴の断捨離

断捨離の基準は、今履いて気分が良くなるかだけです。気分があがる靴をはいていれば、気持ちも軽やかになるから。

具体的に断捨離する靴はこの5つ。

  1. 劣化した靴‥かかとがすれていたり、破れていたり、汚れが目立っているような靴で気分があがりますか?
  2. 気にいっていない靴‥好きな靴があるのに、気に入っていない靴を履く義理があるんでしょうか
  3. 1年以上履いていない靴‥お役目が終わっているということ。
  4. サイズが合わない‥歩きにくい靴を履いていていると、気になって目の前のことに集中できなくなります。楽しい時、モノに気を取られている場合ではありません。
  5. 似たような靴‥似たような物は一番好きな物以外は義務感で履いてしまうことが多くあります。義務感で履いているのなら1番以外を手放します。

1番のお気に入りをたくさん履けるように、その他は断捨離

靴の断捨離方法

靴の断捨離の手順は2つだけ。

①全部出して、今持っている靴を認識する

②全部履いてみて、しっくりするか確かめる

まず、現状を受け入れること。何を持っているかを認識することです。現状を見て見ぬふりして、先には進めません。

現状どんな靴を、どれだけ持っているかを把握するために、全部出しをしています。全部出しすると、嫌でも一つ一つ手に持つので、ごまかすことなくチェックができるのです。

次に、迷ったものがあったら履いてみます。そこでしっくりこないなら手放し対象。しっくりこないは、今の自分には不要なサイン

靴の購入ルール

靴の購入ルール

いくら手放しても、履かないような無駄な靴を増やしていたらまた増えるだけ。ということで、購入ルールを明確にし、条件がほぼ揃っていない限り、買わないようにします。

  1. サイズがぴったりの靴‥試し履き必須。 数歩だと分からないので、店内を歩いてみます。
  2. 履き心地がいい靴‥サイズが合っても、かたくて痛い靴もあります。質感も間隔も大事。
  3. 失敗しても手放せるくらいの価格の靴‥値段が理由で手放せないことが多くあるなら、高いと感じる靴は買わない方が良い。
  4. 歩きたくなる靴‥外に出たくなるし、アクティブに動けます。
  5. デザインがいい靴‥キレイ!かわいい!素敵!と思えるかどうか。 履いた時の気分が全然違う。
  6. 持っている服にマッチする靴‥持っている服と合わないもの選んでも、履く機会がありません。

断捨離と購入の基本的ルール

誰かにみられて恥ずかしいと思う物を持つより、大好きなモノを身に着けていた方が気持ちが良いし、機嫌も良くなる

手放すルールも購入する時も、基準は今の自分がときめくかどうかだけです。断捨離の基準も生活の主役も自分。物ではありません。 

断捨離は今の自分を大事にすること

基準を物ではなくて自分にすることは、自分を大事にすること。自分を大事にすると、周りからも大事にされるようになります。
大事にしているモノの価値があがるように、人の価値も大事にするほど上がっていくから。

また、一番身近で大切な自分のを大事にできるほど、他の誰かを大事にできるようになっていきます。それは、自分が満たされると、人の役にたちたいという気持ちが膨らむから。

自分を大事にする方法は、日常的なところから基準を「自分の気持ちよい、心地よい、好き」にして選んでいくこと

例えば自分が、気分よく履ける靴だけを毎日履く。 それだけで、気分良くいられる時間は増えます。イマイチだと思っている靴を履いて、イマイチな気分になっている時間になるなんて、自分にさせないのです。

日常的な断捨離は、大事な自分をより大事にすることだし、価値をあげることでもあり、周りを大事にするためにも有効なことだと思います。

持っている最低限の靴

ちなみに今私が持っている靴は、オールシーズンで3足

  • スニーカー→アクティブに動く日用
  • 黒のシンプルなパンプス→仕事、冠婚葬祭、休日フルで活躍
  • ショートブーツ→秋・冬は基本ショートブーツ

春夏もサンダルではなく、パンプスとスニーカー。
スニーカーは足袋のようなNikeのエアリフト。長年履いて、リピート買いしています。

靴の数と移動距離の記事