断捨離

断捨離がめんどう、うまくいかないときの5つの成功のコツ

断捨離がうまくいかないと感じたことないでしょうか?

あまりに多いと、やってもやっても果てがないと感じるかもしれません。

私も物が大量にあった実家を片付けている時がそうでした。

それでもやりつづけてわかったのは、断捨離をすることや、スッキリした空間を保つにはコツが必要だということ。

ということで、断捨離のコツについて書きました。

  • 断捨離がめんどう
  • 断捨離をうまくやりたい
  • 良い状態を維持したい

この気持ちがあれば、いつかは断捨離はうまくいくはずです。

ですが、そのコツを知れば、もっとはやく解決するかもしれません。

ゴールをハッキリさせる

まずは、ゴールをはっきりさせること。

断捨離のゴールはどこですか? 理想はどんな感じですか?

どんなインテリアで、どういうものがおいてあり、どのくらいの物があるか。

それをはっきりさせておくことで、モチベーションが保てます。

ゴールをイメージできていると、何かを買う時も選びやすく、失敗も減ります。

たとえば、理想の部屋にあわないような、よけいな雑貨は買いません。

私の場合は、気に入った画像を集めておけるピンタレストで、理想の部屋の画像をあつめ、イメージしやすいようにしています。

おかげで、よけいなものが増える現象は抑止できます。

また、ゴールがわかっているといると、モチベーションが保てるので、達成するまでやり続けることができます。

断捨離だけではないですが、目標がイメージできているのといないのでは、各段にその達成率やはやさがかわってきますよ。

本当に大切にしたいのは何か明確にする

自分が納得できる、自分だけの指針、ベース、基準を持っていますか?

服はこれが似合うとか、このカラーがいいとか。

この指針があると、人が持っている物をやたらと欲しがったり、セールに流されることもなくなります。

自己抑止力がつき、物が増えることを防止できます。

習慣化する

物のダイエットも体のダイエットと同じで、習慣を変えなければ、リバンドしてしまうのです。

だから習慣化が必須。

習慣は、いきなり毎朝ベッドメイク、トイレ掃除、玄関掃除を続けるとなると、おそらく続きません。

びっくりするくらいに簡単にすると挫折しにくいです。

https://clear-list.com/clearing/make_habit_cleanlife/

小さく区切る

断捨離を一気にやろうとすると、大変すぎて挫折します。

じゃあどうすればいいかというと、小さく区切って、少しずつやっていくこと。

家を断捨離するとすれば、部屋ごとに分け、さらに部屋の中でもクローゼット、机の上、机の下、棚の上…などと細かく分けていきます。

そして、それでも大きければ、1番上の棚、2番目の棚というようにさらに小さく区切っていきます。

私もこの方法でやっていますが、混乱しにくく、集中できるので、はやく終わります。

あわせて読みたい
【シンプルな断捨離方法】リストをつくってゴールを細かく設定する今までやってなかったことをやろうとすると、行動量の多さに圧倒されるか、どうしたらいいか全くわからずフリーズします。 物が錯...

判断がしやすい物から

かんたんに捨てられる物からはじめ、少しずつ判断がむずかしい物の順に手放します。

判断がしやすい物は、このようになっています。

【断捨離難易度レベル】

レベル1 生活をマイナスにしている物

  • あきらかなゴミ(使用済みの物)
  • 期限が切れている(使うことでリスクがある物)

レベル2 不要な物

  • 壊れている物(修理が必要な物全般)
  • 重複している(使う予定があるかないかあいまいな物など)
  • 心地よくない(サイズの合ってない服や靴など)

レベル3 プラスにはたらかない物

  • ときめかない物(特に手に取ってみて、ネガティブな感情がわく物)
  • 過剰な物(リスクもないけどつかわない物)
  • 理想とかけ離れている物
あわせて読みたい
何を捨てる?断捨離の難易度レベル分けと捨てる物の判断基準断捨離をはじめようとしたとき、つまずいたことはありませんか? 捨てる判断基準が分からない 失敗するのがこわい 今ま...

まとめ

最後にまとめるとこうなります。

【断捨離TIPS】

  • ゴールをハッキリさせる
  • 本当に大切にしたいのは何か明確にする
  • 習慣化する
  • 小さく区切る
  • 判断がしやすい物から

断捨離がうまくいかない、行き詰ったときにためしてみてはいかがでしょうか。