スポンサーリンク

アジアのオススメヨガスタジオ15箇所

アジアのヨガスタジオを15箇所紹介します。
私が実際行ったことのあるところと、オススメされて行きたいと思っている場所です。
その土地に行けば定番だとも言える場所や先生達でもあります。

インストラクターやスタジオは、相性がありますが参考になれば・・!

北インド(リシケシ)のヨガ

シバナンダアシュラム(シバナンダヨガ)

ドネーション(寄付)制。
私がいた2013年1~3月は、日本人女性の方が指導していて、日本人もたくさん通っていました。
ヘッドスタンド(逆立ち)が20分くらいと長めですが、誰でも受け入れ可の雰囲気があります。
淡々とやれて心地よく感じたのでほぼ毎日行っていました。
シバナンダアシュラムでは、無料でご飯が食べられる日があるのですがかなり美味しいです。

Yog Niketan Trust(ハタヨガ)

ハタヨガ
ヨガニケタンは、2週間以上の滞在で、ご飯と宿(小さくて暗い部屋です)が付き、ヨガや瞑想クラスに参加可能。
日本人が多いのであまり海外に慣れていない方でも安心。
2013年冬頃、私がいたときは、ヨガクラスは体育をやっている感じで私には合いませんでした。
なので、ご飯付きの宿泊施設としてここに滞在しながら、他のヨガアシュラムに通っていました。
その後、2週間の間に住める場所を探して移動。
ご飯はなかなか美味しいです。
右も左も分からない人はまずここで情報収集が効率が良いと思います。

オムカラナンダ(アイアンガーヨガ)

Omkarananda Ganga Sadan Patanjala Yoga Kendraは、アイアンガーティーチャーといえばの1人、ウシャ先生のアシュラム。
世界中から生徒が集まっていて、いつもクラスは本気のヨギー&ヨギーニでいっぱい。
アイアンガーヨガは正しい身体の使い方を学べますが、身体の名前など英語力が必要だと感じました。
英語力の乏しい私が2週間の集中クラスを受けたのですが、言われたことができなくて注意されたし、イライラもさせてしまいました。
悔しかったり、申しわけなかったりしたのですが、かなり有意義だと感じたので図々しくもまた行く機会を狙っているところです。
宿泊可能で、目の前ガンジス川の部屋が気持ちが良いです。

※リシケシにはもう1人有名なアイアンガーヨガの先生がいましたが、行けませんでした。

tattva yoga(アシュタンガヨガ)

tattva yoga shalaは、リシケシのアシュタンガの先生と言えばの、カマル先生のシャラ(スタジオ)。
2013年冬に行っていましたが、アジャストが上手で深くポーズが取れました。

RAJ DEEP(ハタヨガ)

リシケシのハタヨガといえば、スリンダー先生のクラス。
癒し系くまさんな風貌。神聖ながらも自由でゆるくもある、独特の空気のあるクラス。
私はすごく好きな雰囲気でした。
2013年冬は、200〜400ルピー。
有名な方なので詳しい情報は現地調達できると思います。
先生のアーユルヴェーダのストアもあり、たまにそこで見かけました。

南インドのヨガ

ヒマラヤンアイアンガーヨガセンター(アイアンガーヨガ)

ヒマラヤンアイアンガーヨガセンターは、ゴアのアランボールビーチ周辺にあります。
木に囲まれたテント暮らししながらも学べますが、通いも可能でビーチも近いのが最高。5日コースからティーチャートレーニングまであります。
まだ行ってませんが(見に行っただけ)ティーチャーの雰囲気も良く、次にアランボールに行ったら受けたいところ。
真夏は、北インドで指導しているようです。

パープルバリー(アシュタンガヨガ)

パープルバリーは、ヨガリトリートで有名な場所。ゴアにあります。
プールや管理された森が施設内にあり、リゾートホテル風できれいです。
私がいたときは美味しすぎる三食の料理(ビーガン、ベジタリアン用なので卵、お肉はないですが、めちゃくちゃ美味しい)がありました。
私がいた2015年12~2016年1月はヨーロッパの人が沢山いて、日本在住者は私だけ。アウェー感を感じたけど、多忙な人はゆっくり&のんびりできておすすめ。
難点は、ビーチも市内も微妙に遠いこと。
タクシーを使うので不便です。バイク乗れる人は問題ないけど、おすすめされません。

baluyoga(アシュタンガヨガ)

ゴアのアランボールビーチ周辺にあるbaluyoga
熱心なアシュタンギ(アシュタンガヨガやる人)がが通っていました。
終わって3分歩けばビーチという立地。

スポンサーリンク

AYRI(アシュタンガヨガ)

Shri K Pattabhi Jois Ashtanga Yoga Institute
は、マイソールにあるアシュタンガヨガ総本山。
アシュタンガヨガ創始者のシュリ・K・パタビジョイス師のシャラで、世界の熱心なアシュタンギ(アシュタンガヨガをする人)が集います。
パタビジョイス氏が亡くなった後は、息子であるシャラットが継いでいます。
シャラットクラスは熟練者が多く、予約が競争のようです。情熱と熱気を感じます。
私はサラスワティのクラスにいっていました。
このクラスだと初心者の方もたくさんいましたが、それでもマイソールクラス(自主練)で毎朝1時間並ぶくらい人気。
マイソール全体的にヨギー&ヨギーニでいっぱい。

ミスティックスクール(ハタヨガ/アシュタンガヨガ)

ミスティックスクールは、マイソールにあるヨガスタジオの一つ。
アシュタンガヨガ、ハタヨガ、瞑想、解剖学、ヨガセラピー、などのクラスのほか、ティーチャーズトレーニングも行われています。
費用もAYRIの半額くらいなので(月10000ルピー)AYRIに固執しない人は移っていたりします。
私は2016年AYRIに通っていた頃、泊っていた家の近くだったので、アシュタンガとメディテーションクラスに何度も行きました。
ヨガクラスは、人数が10人未満と少なく丁寧にみてもらえるので、ビギナーにおすすめ
メディテーションは行くたびにメソッドが違って新鮮で、どれも良かったです。
初体験のシンギングボウルの瞑想では、いつぶりだろうってくらいに深くリラックスしました。

日本

ヨガジャヤ(ハタヨガベース/ワークス)

2008年前後に何年も通っていたヨガジャヤですが、その頃は世界各国の選りすぐった先生が来るのでとても刺激的でした。
東京はたくさんヨガスタジオがありますが、ものすごくヨガにはまっていた時期に満足できたのはここのクラスだけ。

生活領域(恵比寿、代官山、渋谷)だったので、よく通った個人的聖地の一つですが、海外&関西に引越したのでここ数年は行っていません。
ただ、この時のヨガ仲間とは今でも会っています。その頃(2008年前後)の各々が話してくれた夢がありますが、みんな実現できていて、ヨガは目標達成にも役立つんだと感じています。

今はパトリック独自のベースワークスを教えているようです。

マイソール東京(アシュタンガヨガ)

マイソール東京のタリック先生の評判は、日本だけじゃなく、色んな国の人から聞きます。
厳しそうですが、誰もが知ってるここ行きたいです。

タイ(バンコク)

アシュタンガヨガセンターオブバンコク(アシュタンガヨガ)

アシュタンガヨガセンターオブバンコク
アシュタンガヨガ認定講師が指導している、バンコクの中心地にあるヨガセンター。
友人アシュタンギ(ヨーロピアン)のオススメです。
日本人の公認インストラクターの方もいるようなので、英語が心配な人も安心。

シバナンダヨガベーダンタセンター(シバナンダヨガ)

ゆったりとしたシバナンダヨガをバンコクでするならシバナンダヨガベーダンタセンター
行ったことはないですが、知り合いがいました。

オーストラリア(バイロンベイ)

アジアではないですが、インドで出会ったので書いておきます。

バイロンヨガシャラ(アシュタンガヨガ)

バイロンヨガシャラはアシュタンガ歴30年の夫婦がオーストラリアでやっているヨガシャラ(スタジオ)。
パタビジョイス師公認夫婦であり、アシュタンガヨガのトップクラスのインストラクターで、世界各国まわっています。
私も2015~2016年パープルバリーで二週間一緒に過ごしました。
印象に残っているのは、ディナの歌声。
ヨガ後に突然ディナが歌を歌ってくれたのですが、感情的なときでもなかったのに勝手に涙が出てました。
鳥肌がたつくらい感動し、堪能しましたが、目を開けたらそこにいた半数くらいの人が涙していました。衝撃をうけ、歌声の力をはじめて体感した日。
旦那さんは目がすごくきれいで、雰囲気も優しく、アジャストが丁寧で愛が溢れています。
子どもたちもいましたが、オープンで自由で、素敵で憧れの家族像です。

良い先生に教わるために世界中をまわりたいし、もっと深く学ぶために語学堪能になりたい。
これからもジプシーを続けます。

※ツイッターで教えていただいたブログに、カンボジアのヨガスタジオの紹介があったので、載せておきます。▶︎カンボジアのヨガスタジオ

 

スポンサーリンク