行動のムダを省く

【掃除のコツ】ズボラでもそうじを日常化して、毎日快適を維持する方法

掃除を続けるコツ

そうじを毎日した方が良いのは分かっているけど、できないから悩みますよね。自己嫌悪に陥って気分も良くない。

私も、雑でズボラ、そうじは苦手だったのでよくわかります。

そんな私ですが、今はそうじを毎朝するようになったので、そうじを日常化するまでにした、そうじのコツを紹介します。

  • 習慣化するためにしたこと
  • まんべんなくそうじするためにしたこと
  • 簡単にするためにしたこと
  • 楽しむためにしたこと
  • 強制的にしてみたこと

が含まれます。

さっそくそうじのコツを紹介していきますね。

そうじを習慣にするには、目標を1つだけにする

ズボラな私が習慣化を決意したのが、12年ほど前のお正月。

1年の目標は何個も決めたいけど、この年は「毎日のそうじ」だけにしぼりました。

しぼった結果、1年完遂したのです。

毎年新年の目標は2つ以上たてて失敗していました。

目標を1つにしぼったことで、集中できたのだと思います。

めげそうなときも、他が何もできなくてもそうじだけやればいいから、と自分を励まし「これだけならやろう」と続けた記憶もあります。

そうじをして快適を維持するのは、全体の生活の質向上の土台となります。

だから、毎日そうじするという目標は、他の目標を置いてでも達成させる価値があるものだと思います。

この年以降も毎日欠かさずそうじをし、快適に暮らしています。

今では滞在ホテルでも、整えて出ないと気持ち悪いと感じるくらいの習慣になっています。

そうじのコツ1

習慣化するには、目標を「そうじを毎日する」だけにしぼってみるといい

かたよりなくそうじするには、曜日を決める

リビング、トイレ、玄関、お風呂、ベランダ、寝室…、家の中には色んな場所があります。

すべての部屋を毎日そうじするのって、大変ですよね。

でも、まんべんなくそうじしたい。

そんな時は、曜日ごとにわけると、かたよりをなくせます。

月 玄関
火 キッチン
水 お風呂
木 リビング
金 寝室
土 クローゼット
日 ベランダ

私は、このくらいざっくりやっていました。

そうじのコツ2

まんべんなくそうじするには、曜日で部屋を区切るのがいい

簡単にそうじするには① 物を減らす

簡単にそうじできるようになるには、物を減らすのが1番!

私が、定住しても物を持たない理由の1つも、そうじが楽だから。

キレイな状態を保ちたいけど、めんどくさがりの大雑把。

そんな人には、物を減らすことでそうじを簡単にすることで、快適をキープできるかもしれません。

そうじのコツ3

簡単なそうじをするには、物を減らすこと




簡単にそうじするには② 道具をシンプルにする

そうじを簡単にするには、そうじ道具をシンプルにするのも効果的でした。

トイレ用、お風呂用、キッチン用と、場所別に分けると扱いきれません。

重曹やクエン酸、マルチに使えるナチュラルなそうじを試みても、使いこなせませんでした。

マジックソープは、1本ですべての部屋そうじできますが、薄めてつかうのでガッツリ掃除する場合は、汚れ落ちに不満がありました。

ジプシーした結果、今はウタマロクリーナー1本です。

  • 1本ですむ
  • よく落ちる
  • マルチに使える

出会ったのは最近ですが、感動しました。

拭くものは、ペーパータオル。

ペーパータオルは、じょうぶで大きさも適度。

わざわざお掃除用ペーパーや雑巾はかう必要もありません。

不要になった服やタオルを使用することもありますが、ない時の方が多いのでペーパータオルが活躍します。

そうじのコツ4

簡単なそうじをするには、そうじ道具をシンプルにする

簡単にそうじするには③ よく落ちる洗剤を使う

そうじを簡単にする方法3つ目は、よく落ちる洗剤を使うこと。

手間をかけたのにキレイにならないって残念。
だから、よく落ちる物を選ぶようになりました。

そうしたら、楽しくなりました。
落ちるからそうじの手間が減ったのに、ピカピカになるのです。

いきなりやさしい洗剤をつかうのは、難しいこともあります。
こびりついた汚れは、落ちないことも多いです。

そういう場合は、そのこだわりをどこかに置いてから、洗浄力で選ぶのもいいのではないでしょうか。。

上でも書きましたが、今使っているのは、ウタマロクリーナー。

環境に配慮した原料を使っているクリーナーです。

すごくよく落ちるので、そうじも楽しい!

そうじのコツ5

簡単なそうじをするには、よく落ちる洗剤を使う

そうじを楽しむには、心地よさを感じる

そうじを楽しむコツは、そうじをし終わった後の心地よさを、全身で感じること。
スッキリした部屋で、快適な時間を楽しむこと。

これが成功体験となり、積み重ねることによってそうじが好きになっていきます。

そうじのコツ6

そうじ後のスッキリした空間を全身で感じることで、そうじを好きになる




どうしてもそうじできないなら、やらざるを得なくする

そうじがどうしてもできないのなら、強制的にやらざるを得なくしてみます。

日常的に人を呼ぶのです。

ただこの方法は、追い込まれるのが好きな人限定。

辛いだけなら、そうじ嫌いが加速してしまって逆効果です。

そうじのコツ7

追い込まれて伸びる人は、人を家に招くことでそうじをしなければならない状況をつくる

そうじが嫌いなら、おそうじロボットに頼る

そうじが嫌いなら、今はおそうじロボットにおまかせします。

頼れるものには頼れば良いのです。

  • 性能も良く、帰ってきたらきれいな部屋ができあがっている
  • 何もしなくても、チリやホコリをそうじしてくれる

快適な生活をおそうじロボットが作ってくれるのなら、費用対効果は良いのではないでしょうか?

安くもないし、種類も多いので、買う前に試してみるのもありです。

DMM.comなら、数十種類のおそうじロボットが1ヶ月4,000円代から借りれます。

快適生活を望むけど、おそうじが苦手な人は、試してみる価値はあるのでは?

DMM.comをみてみる

そうじのコツ8

追い込まれて伸びる人は、人を家に招くことで、そうじをしなければならない状況をつくる

自分でそうじできないなら、プロに任せる

  • 自分の力ではどうしようもできないくらい汚れている
  • 時間がない
  • 誰かにやってほしい
  • やり方がわからない

そういった場合は、プロに任せるのはいかがでしょう。

ハウスクリーニングなら【おそうじ本舗】


そうじは、日常的にやる必要があるし、日常的にできないと大掃除が必要で重労働になります。

広いとなおさらです。

頑張ってやろうと思ってはじめても、そうじに慣れてないと散らかるだけかもしれません。

プロに任せると早く、簡単に、楽してきれいな空間がつくれます。

快適な生活への近道があるなら、使わない手はないですね。

ハウスクリーニングの詳細をみる

そうじのコツ9

苦手ならプロに任せる

そうじは日常化するのが必要

日常的にそうじをするためには、焦らず無理をしないことが大事。

いきなり一気にするのではなく、物足りないくらいでやめると続きやすいと感じます。

やってみようかな、と思ったら、とりあえずやってみてはいかがでしょうか?
すぐに飽きてやめてもいいのです。

失敗体験は、成功に近づくために必須要素。
1つの失敗は、成功に近づいた証拠です。

ズボラでも汚部屋住人でも、行動することに意味があります。
行動することをやめなければ、理想は叶えられます。

そうじを日常化することも同じ。

試し続けてみることで生活の質は向上し、環境は好転します。

キレイな状態を維持できるなら、自分でやる、業者に頼む、やりかたや手段はなんでも良いのです。

気になったものがあったら、今からでもやってみてくださいね。