物を減らす

スッキリ暮らしたい方へ。物を減らして快適に過ごす部屋の作り方

心地いい部屋、快適な場所とはどんな空間でしょう?

私は、好きに囲まれた空間が快適な場所だと考えています。

好きな物に囲まれた所って、気分が満たされますよね。

可愛い物が好きな人にとっては、可愛い場所は、心おどるだろうし、
植物好きな人にとっては、無機質な所よりも自然の中が心地よいはず。

だから、快適な部屋は、好きな物で囲めばつくれるということ。

心地よい生活がしたい、快適な部屋をつくりたいあなたにむけて好きな物で囲まれた部屋をつくる、基本の方法について書きました。

快適空間の作り方の基本

好きな物に囲まれた部屋をつくるために3つの手順をふみます。

  1. 知る
  2. 定める
  3. 減らすと増やす

好きを知る

まずは自分がどんなものが好きで、快適だと感じるかを認識します。

ここが曖昧なままだと、次に進みにくいです。

そのために私がしているのは、見える化。

好き、欲しいのや理想を画像などで集めています。

例え今の自分の部屋と遠くても、合わなくても、好きな物を集めていきます。

私の場合、物はすぐ買えるのでAmazonや楽天のウィッシュリストに入れ、理想の部屋や家などはピンタレストで集めています。

理想を見える化しないより、していた方がそこにたどり着く可能性は高くなり、スピードもはやくなるので、遠慮せずに入れるのがコツ。

好きを定める

好きが集まったら、その中から似たような物をピックアップ。

集まった画像を見ながら、好きの順位をつくっていきます。

似たような物(テイスト)が多いほど、好きだということ。

そうやって、好きを認識し、すごく好きな物やテイストを定めていきます

好きが多すぎると、ごちゃごちゃしてくるのでここで定めることは大事。



増やして、減らす

好きの中でもすごく好きな物を定めたら、それ以外を手放します。

そうしながら、空いたスペースに、好きな物を増やす。

少しずつ、好きな場所をつくっていきます。

好きな物を買ってから減らすのではなくて、増やす前に減らすのは、
何でも出さないと、入れる場所がつくれないから。

なにごとも出すことで、自分にとって良い物が入ってきます。

もっと快適にするには

好きなものに囲まれるほど、快適な部屋ができていきます。

快適な部屋ができたら、意識してじっくりその心地よさをあじわうと、満たされた時間が増えていきます。

例えば、お気に入りのパジャマを買ったら、そのパジャマの肌触り、着ている姿をじっくり楽しむ。

マシュマロみたいなクッションが理想で取り入れたのなら、そのクッションの気持ちよさを意識しながら感じる。

そうすることで、より快適さが増し、満ちた時間が過ごせるようになっていきます。

幸せはやってくるのではなく、感じるものです。

まとめ

  1. 知る
  2. 定める
  3. 減らすと増やす
  4. 快適を感じる

これだけで、快適な部屋ができるだけでなく、満たされる時間も増えていくはず。

快適な部屋をつくると、生活が変わり、人生も良い方へ向かっていきます。