スポンサーリンク

「情報に操作される」をやめて「情報を利用する」

media

素材を生かすも殺すも使う人次第というのは「情報」も同じ。
そんな「情報」について書いてみようと思います。

コントロールされない「情報」の使い方

情報を通して利用&操作され、それに気がつかず流されていく人生より、自分で情報を選んでそれを利用して昇華していく人生の方が楽しい。

そのために「情報」を得るときに意識しておきたいことが2点あります。

①信じたい情報を選び、信じたくない情報は参考にとどめる

幸せになるための情報取得方法一つ目は、信じたい情報はどんどん取り入れて、信じる力を強めていくこと。 信じたくない情報は一応みても、参考にとどめたらいいと思います。

参考にしたときに「良い」と思えるならもっと入れてみる、でも嫌な感じがあるのなら参考で十分。

「より豊かに生きるために行動するのに忙しい。嫌な情報に翻弄されるほど暇じゃない。」スタンスで、情報に利用されるのではなく、情報を利用します。

②確かでもなく、信じたくない情報に翻弄されない

最悪な情報操作は、デマ情報&信じたくないようなことを信じさせられること。つまり、情報を流す人に利用(操作)されること。

でも、この情報操作は、ある程度阻止できます。なぜなら、情報って選べるものだから。

流れてくる情報をただ見つめているだけだと、知らないうちに操作されてしまいます。

だから、垂れ流し情報を見つめているんではなくて、自分でちゃんと情報を選んでいけば、情報に翻弄されることは減るのではないでしょうか。

「情報」は使い方次第!毒にも栄養にもなる

情報に流されて、コントロールされるのは時に、人生において毒になります。逆に信じたい情報を選んで利用できるなら、人生において栄養にもなります。

情報は使い方、使う人によって、毒にも栄養にも変わるのです。

だから、前に進みたいなら、追い風になるような栄養のある情報を選び、害にしかならないような情報は選ばず、間違って得てしまってもさっと捨てておけばいいのです。

世の中の情報をうまく利用する

▼具体例~恋愛編~

情報=時事問題となると重いので、恋愛情報で例をあげます。

①信じたいものを選び、信じたくないものは参考にとどめる

「男性の行動=あなたへの思いや気持ち」とよく言われます。 好意があれば、どれだけ忙しくても時間は作るし、距離があっても会いに来る等、好意があるほど、行動が変わるということです。

この情報、納得できるのですが、今は信じたくないので信じません。都合よく信じないのです。

なぜなら、自分の今の恋愛状況が、これにあてはめてしまうと、いい結果を予想できないから。

いくら忙しくても、気持ちがあれば時間は作れると思うけど、相手が作ってくれないから。

スポンサーリンク

なので「行動=好意」について、信じたくないので今は信じません。 あと1ヶ月は、参考ということにしておきます。

②確かでもなく、信じたくないものに翻弄されない

アラサーや〇〇代でシングルさんは崖っぷちとか、さみしいとか色んなネガティブな情報もありますが、それは人にもよるし、不確か。

そのネガティブ情報を信じるほど、自信を失います。それだけでなく、危機感をあおられ、焦ってしまい、うまくいくものもうまくいかなくなってしまうかもしれません。

その不確かな情報を信じても良いことは何もないのです。

逆に「いくつになっても良い恋愛はできる」という拾いたい情報の方をみていれば、自信という魅力がくっついてきます。 ということで、そんな情報を拾っていきます。

ということで、拾ってください。キラキラな出会い情報↓。

生活しているだけで膨大な情報が入ってくる

生活しているだけで、どんどん情報が入ってきます。

特に都会は、より強い情報がたくさんあり、知らず知らずのうちに操作されていることも少なくはありません。

そして、その情報の多さにじわじわと疲れていくのです。

情報は、テレビや雑誌、インターネットにある情報だけでなく、五感から得られる情報(冷たい、危ない、美味しい、涼しい、いい匂い、気持ちいい、いい音などたくさん)も含みます。

意識して選んでいかないと、情報の波に流されて、おぼれて、掴まれて操作されるだけです。

そうならないために、意識して情報を遮断したり、選んだりして、情報に乗り、情報を利用する側でいられるように努めるのって大事だと思います。

スポンサーリンク