素敵な恋愛をするためにやめた方がいい3つのこと

for_good romance

20代よりも恋愛繁忙期の30代の私ですが、そうなった理由(出会い編)を前回記事にしました。
出会いが多いということは、素敵な恋愛の可能性を高めること。今回は、素敵な恋愛のためにやめたほうがいいと思うことをを書きました。

まだ、パートナーはいませんが、素敵な恋愛の方法ついては研究中だけど、今思う限りのことかきます。
恋愛を楽しむためにもやめておいた方がいいなと思うこと、しないことです。

素敵な恋をするためにやめたこと

恋愛を楽しむためにしないこと1:つまらないこと(ワンナイト)

ワンナイト後に女性がはまって、遊ばれて泣いているのをよく聞きますが、同意の上でしていることなんだから、相手が一方的な悪者ではないと思います。
つまらない人だと相手を思うなら、それを同意した自分もそうなのです。
相手を否定すること=自分を否定することにもなるし、行為をしたからって人を否定しなくていいです。
ワンナイトした人をつまらないとは思わないけど、ワンナイトがつまらないコトだとは思います。
恋愛で一番楽しいドキドキして、恋して触れて、結ばれて・・・という楽しい過程をスルーしてしまっているし、 愛や思いやりや気持ちのない体の関係は運動でしかないから。

運動は、普通にスポーツをすれば楽しいし、ワンナイトが満喫できるとは到底思えないのです。
それどころか、それはきっと虚しさしか感じず、後悔するのではないかと。
イージーな関係を持つ人を、素直で直感的で楽しそうで、憧れたこともあります。
ですが、できないし、向かないだろうと、イージーになろうと思うことすらやめました。
何がいいのかわからないし、私は割り切ることは多分できなくて、本気で好きになって傷つくのがオチ。
それを割り切って満喫する自信がある人が、お互いの同意のもとすればいいけど、どちらか一方に「好き」が入って、割り切れなくなった時の不幸話って山ほど聞きます。

奔放に楽しんでいるなら否定しません。
挨拶するようにしてしまう軽さとアクティブさを持つ、これに出てくるような女性とかならいいのかなと思います→。教えてシリガール ~美女のイケないレッスン~

この方達は突き抜けてるし、楽しそう・・・
ここまで突き抜けられる自信はないし、割り切った関係ができそうもない人は泣くのが嫌なら控えてください。

スポンサーリンク

愛し愛され、大事にされ、大事にするような良い恋愛をしたいなら、その可能性を高めたいなら、はじめから割り切った関係はしないに限ると思っています。

すぐに触れられないということは、自分の価値をあげること。
すぐに触れられないから価値がぐっと上がり、結果的に大切にされるんだと思います。

恋愛を楽しむためにしないこと2:多忙

忙しいのは恋敵。
会えないと、何もわからないし、発展しません。
会ってもせかせかしてると楽しめないし、うまくもいきません。
忙しくても時間を作る人、そこに集中できる人、メリハリが上手な人ならいいけど、私はうまくやれなかったので仕事をセーブ。
結果、恋する余裕、楽しむ余裕ができました。相手が多忙だとうまくいきませんが。
1ヶ月に1時間くらいしか会えなくて別れたっていう方がいましたが、当然だな・・
私もそれは耐えられないと思いました(遠距離恋愛ならあるかもしれません)

恋愛を楽しむためにしないこと3:依存

他人に幸せにしてもらおうとする依存です。幸せを人に託そうとしてる限り、素敵な人と出会う確率は低いままだと思います。
それより、自分で自分を幸せにして気分よく過ごしてたら、依存する必要もなくなります。
例えば、玉の輿狙いは、相手に自分の人生を託すことでこわくないでしょうか?
自由を自ら失いにいくようなものです。
ヒモは困るけど、自立していれば十分だし、玉の輿にのりたい理由が財産ではなくて、そこまでできる忍耐強さ、才能、努力ができることなど「スキル面」なら大いに理解できます。

恋愛ってポジティブ面を目一杯引き上げてくれますね!
パートナーがいたらいたで幸せだし、いなくても出会いを楽しめるし!辛いことも含めてイキイキするし、生活が充実する恋愛、これからも日常的に楽しんでいきたいと思います。
年齢、国籍、性別、言語だけでなく、自分で作っている制限を捨て、あらゆるボーダーを超えて、できるだけ多くの素敵な恋愛をしていけばいいと思います。
そんな素敵な恋愛話を聞いて、その幸せをうつしてもらいたいです。そして、私も、素敵な恋愛をして伝染させられたら最高。

スポンサーリンク