スポンサーリンク

ポジティブモードにスイッチ!ネガティブを解放するための25の提案

sunflower

ネガティブが続くと、幸せな状況なのに何も感じなかったり、何もやる気がおきなかったり、ブラックな面がたくさん出てくるので辛い時間を多く過ごすことになります。

それが続けると、心や身体、そのどちらも不調を起こしたりと現実もネガティブな状況が増えていきます。

多少のネガティブは必要ではあるけど、大きなダメージにならないために軽めの時に阻止するのがいいのではないでしょうか。

ポジティブで幸せに見える人は、その人なりの回復方法をいくつか持っている人

そんな人になるべく、自分なりのネガティブから脱出できる方法を探ってみてはいかがでしょう。

今回は、私が実際試していて、ネガティブ脱出に効果的だと感じていることを紹介します。

ネガティブ撃退方法1:環境を整える

環境

環境と心や体って繋がっているといわれます。ネガティブな時って環境が整っていないことが多い・・。

ということで、環境を整えて、ネガティブも撃退するのもいい方法。

掃除する

自分の周りは自分の脳内のあらわれ。忙しいと部屋が荒れます。

体感的に、身近な環境であればあるほど顕著にその状況があらわています。
環境が荒れると、悶々&イライラは増し、ネガティブスパイラルが加速。

そんなことが分かっているので、整える余裕がない時こそ積極的に掃除をします。
掃除しながら悶々&イライラは消え、いろんなものがクリアに見えてきて、その後スムーズに事が進みます。
掃除は、動きを変えるのに効果絶大。

水回りをきれいにする

風水的にも水回りは重要で「詰まっていると、悪い気が流れていかなくなってしまう」場所。

スピリチュアルでもなんでもなく、水回りは放っておくと悪臭を放つし、不衛生になりがちなので健康に直結するのは当然ではないでしょうか。

好きなもので囲う

好きなモノを使っていると満たされます。

だったら、好きなモノだけをみていられるようそれだけで囲えばいいだけのこと。
だから、本当に大事で大好きなモノを持っています。

どれをみても、必要、もしくは「好き」なモノしかない空間って快適です。

「好きなモノだけに囲まれる」それだけで自分だけの充電場所(パワースポット)は作られるものです。

そんなパワースポットは、ネガティブを吹き飛ばすパワーがあります。

私は好きなものを持ち、好きな花を必ず飾っています。玄関&キッチン&ベッドの横。

ネガティブ撃退方法2:規則正しく生活する

規則正しい生活ができていないと、心は乱れます。そして、ネガティブに・・。

なんだかもやもやする時、自分の生活をみて乱れているなと感じたら、まず生活を整える。これだけで十分変わっていくはず。

誰でも簡単かつ今すぐできる方法です。

多忙をやめて、休む

規則正しい生活ができない理由の一つに「多忙」があります。「多忙」は判断力を鈍らせ、仕事の効率もめちゃくちゃ悪いのは周知の事実。

ということで「多忙」で規則正しい生活ができていないのなら、まず「休む」選択をします。

夜中まで仕事してるとか、タスクが多すぎ時とか、いつ休むんですか?という状況の時は何かをやめる必要があります。

私は2日徹夜&休日出勤&平日は定時=終電みたいな生活から、今は週4くらいしか働いてません。

生活が乱れるといい仕事もできないし、日々楽しめなくなる余裕がなくなるし、心身ともに傷ついていいことないから。

質の良い睡眠を追求する

睡眠は、最高の回復薬。少しのネガティブなら寝るだけで吹き飛びます

睡眠が、奇跡的な身体の回復力を最大に高めてくれているのです。

よく眠れない時、眠りが浅い時、眠りの質が悪い時って、日中の気分に影響します。

だから、質の良い睡眠はこだわれるだけこだわっていいのだと思います。

朝起きる

気分の安定や睡眠に影響を与えるセロトニンを増やすには、太陽を浴びることが大事。外に出なくても、窓際から浴びるのでも十分だと思います。

また、朝の空気は澄んでいるから、空気を吸うだけで気持ちがいい!
これも外にでなくても窓をあけて空気を入れ替えるだけで十分。

朝起きると気持ちも脳内もクリアになって、能力も最大限発揮されます。

運動する

ネガティブな時こそ運動推奨します。

運動していると、汗とともにネガティブな気持ちが流れ落ちてリフレッシュできます。

よく眠れない時でも体を使った日は疲れてすぐ眠れます。深い集中が、深い睡眠を呼ぶのです。

また、体力があった方がポジティブでいられます。体力があったら、少しのことで疲れないし、気分も落ちない、逆に体力がないと疲れやすくて、それに引きずられて気分も落ちていきやすいのです。

だから、ネガティブ癖があるなら体力をつければいい。運動習慣がある人って基本的にポジティブです。

運動はウォーキングでも!!これなら負担は少ないです。お気に入りスポットを見つけて気持ちよく歩くだけで気分が全然変わります。

今すぐ動きたくなる 運動の効果と生活の質をあげる30の理由

食生活に気をつける

カラダの栄養だけじゃなくて、心にも栄養も与えているのが毎日の食事

「食べること」でも「作ること」でも「食」を楽しむだけで、満たされます。

料理が得意じゃなくても「楽しむ」ことができていれば、十分栄養になっているのでは。何を食べるかも重要だけど、どんな状況で食べるかももっと重要だなと思う今日この頃。

栗原はるみさんの動画「harumi’s kitchin」は、不思議と丁寧に料理したくなるし、レシピも簡単で美味しいものばかりなのでオススメ。

ネガティブ撃退方法3:カラダケア

心とカラダは繋がっているから、心がネガティブによっていたらカラダをケアしていくことで心も変わっていきます。

塩で清める

何か嫌なことが起こった日、イライラした日、そんな日は塩でカラダをみそぎます。

片手いっぱいくらいの天然塩を全身にぬって、少し経ったらマッサージするように全身に染み込ませてから流すだけ。

これだけでなんだかスッキリするのです。

ネガティブ虫がついたなって時に、塩がそれをとってくれる感じがします

日光浴する

夏にハイな状態が多くなるのって、外で遊ぶことが多くなり、強い日光をたくさん浴びているからじゃないかな。

日光は、神経伝達物質のセロトニンを分泌し、ネガティブを吹き飛ばしてくれるから。

太陽をよく浴びた日ってよく眠れるし、気分もスッキリしてますよね。

だから、気分が乗らないって思ったら、積極的に外に出て太陽を浴びます。気持ちいい〜って思っている間に、ネガティブは消えていきます。

温める

調子がイマイチだと思う時って、冷えを感じている時。だから冬は調子が乗らない日が夏よりも多くなります。

「カラダを温める」ことで改善するし、予防にもなるので、冬の運動&お風呂は必須。

よく噛む

よく噛むことで、脳の働きを活性化できます。

脳が活性化すれば、心もカラダも活性化されるんじゃないでしょうか。

「噛むこと」で得られる他のメリットはこちらから▶︎噛むこと研究室

スポンサーリンク

ネガティブ撃退方法4:心に栄養を与える

辛いことばかりやっていたら消耗するのは当たり前。心にも栄養が必要です。

感動を求める

感動は、心の栄養剤。感動する景色、感動する場面を見る、感動する状況にいる・・感動に支配されたら、その「快」以外の感情がなくなり、その状態は最大の栄養を心に与えている感じがします。

だから「感動を求める」って大事。「なるべくたくさん感動する」がしたいなと思っています。

私が4月に感動したのは「オペラ座の怪人(劇団四季)」「天は赤い河のほとり(宝塚)」です。

希望持つ

「希望」は、粘り強さ、前を向く力、行動力など、強さを引き出します。

「希望」は、ポジティブに変えていくパワーを持っているのです。だから、今が辛いなら、ネガティブな癖が抜けないなら「希望」を持てばいいだけ。

「希望」は突然わく時もあるけど、「妄想」して「自信」を持つことで自ら作ることもできるもの。

「妄想」は「好きの見える化」から、「自信」は日々の「行動」から作っていきます。

あるもの探して感謝

私もそうでしたがネガティブな人って、大抵自分が持っているものが見えていない・・。

大事にしてくれる人がいて、愛する人がいて、お金もあって時間もあって、不自由でもない環境なのに「ない」にフォーカスしすぎているんです。「不自由」を自分で作っています。

板についてしまった「ないもの探しの名人」を変えていくには、意志を持って「あるものを探す」をしていけばいいだけ。

そうすることで、やがて「ないもの探しの習慣」は「あるもの探しの習慣」に変わっていきます。

そして、気持ちのいいポジティブな人に変わっていくはず。

笑う

笑っている間にネガティブって消えます。強いもやもやも一時的に消えます。

だから私はお笑いを見ます。好きな人に言えない動画を見ています(言ってしまうけど)。

お笑い芸人がお互いを笑わせる「ドキュメンタル」や、バカの極みで可愛すぎるアニメ「おぼっちゃまくん」。どちらもめちゃくちゃ下品ですが、私は辛い時ほどみています。おぼっちゃまくんは見れば見るほど可愛い。

もうこのくらいくだらないものがみたくなるのです。というか、大いに助けられています。

自然に触れる

山や川や海に行くのもいいけど、もっと簡単なのが散歩。日常の中にも自然は見られます。太陽も浴びれるし、ウォーキングにもなります。

モヤっとしたら、Twitterでもインスタでもネットサーフィンでもなく、散歩。

ネガティブな時ほど、ネットを遮断して外へ。

ネガティブ撃退方法6:行動を変える

ネガティブ撃退したいと思っても、何もしなかったらなかなか変わりません。

自分で変えていく方が早いです。

「辛い」「嫌い」の断捨離

「辛いこと」や「嫌い」と感じるモノがあるなら、逃げてもいいんじゃないでしょうか。

ここいいると何か辛い、不快だと思う場所(人)から離れてみると気がつくことって多いです。

渦中にいると気がつかないんです。他と比べることができてない(俯瞰できない)ので、どんどん辛い方へずれていってしまいます。

どういう状況がいいか考えて、改善されるように行動しても辛いなら、離れてみては?

私はそうした結果、大事なモノ(人)を大事にする時間が増えました

自分ファーストにする

自分を優先します。自分が満たされていれば、それが伝染すると思うから。

具体的にやっていることがこちら

・ライン通知をオフ=1日に見たいときに2-3回見るだけです。

・テレビは見ない=観たいときに観たいものを観ています。アマゾンプライムかyoutube!

妄想する

理想や憧れを妄想する時間は、ただただわくわくするので自然とポジティブに。

妄想中に「こんなの無理」っていうネガティブさが出てきたら、自分の意思で「いや、大丈夫に決まってる」って決めつける。

それの繰り返し。私はスマホのメモや自分のノート、ブログピンタストに理想を詰め込み、気が向いたら見るのが日常です。

落ち込んだ時も見ています。元気でるから。

なるべくポジティブな言葉を使う

言い方、使う言葉を変えます

否定的な言葉ばかり使う人と肯定的な言葉を使う人、後者のほうが一緒にいて気持ちがいいし、印象もいい。

結果的に自分にとってもポジティブな波がきます。

役に立つことで喜ぶ

誰かや何かの役に立つことで「自分の価値を感じ」心から喜ぶことを増やします。

自分だけよくなればいいと思って行う行動からはネガティブなことが起こりやすくなります。

緩ませる&べきをやめる

自分への「〜すべき」と言う呪いをやめます。自分ルールがどんどん自分を不自由にして、苦しくさせていくから。

誰かに「〜すべき」というのも、つまり自分もそうすべきだと制限をかけていること。それが積もってどんどん不自由になって苦しくなっていく。

息苦しい、不自由、不快、それを作っているのは自分だったりします。

好きなことだけする

好きなことを書き出したら、やりたくないことやっている時間なんてないことに気がつくはず。

継続の努力と、なりたい努力を楽しむ

好きなことをするためにやらなければならないこともあります。それをすること、それを続ける努力をし続けるということ。

暇な時ってネガティブのツボにはまってしまいがち。

それならやりたいことをするために、やらなければならないことをして、忙しくする。

何かに集中するとネガティブのツボにはまりにくくなります

絶望を感じるには、まだまだ早い

ネガティブのドツボにはまって「絶望」を感じていたら、現実を変えようと考えて、行動する。

これは、ものすごいエネルギーを使うので、大きなブラックホールに飲み込まれる前に、早めの対応をしてニュートラルに戻す習慣をつける。がいいなと思います。

掃除と同じで、日々綺麗にしていれば大掃除(と言う大きなエネルギーを使うこと)が不要になります。

ネガティブは軽いうちにニュートラルな状態にもっていける自分なりの回復法を考え、試していってはどうでしょう。

ブラックホールにのみこまれなくなり、幸せな時間が増えていきます。

「自分を幸せにする」その方法は、「不快」を取り除き、「快」を探っていくことの積み重ねることです。

スポンサーリンク