物を減らす

狭い部屋でもスッキリ、快適に暮らすためのインテリアのコツ

  • 家が狭いけどスッキリ過ごしたい
  • 広いのに快適じゃない

そんな人のために、空間をスッキリ見せるコツについて書きました。

狭くても、スッキリ暮らしている人のお部屋や、快適に見えるその空間って、自分の部屋と何が違うんだろう?と探ってみたら、インテリアにスッキリみせるポイントがありました。

そこをおさえれば、快適な部屋はつくれるのでは?と思える簡単なポイント。

あなたの悩みを解決するヒントになるかもしれません。

狭い部屋を広くみせる3つのポイント

狭くてもスッキリした空間にみせるポイントは3つ

  1. 物が少ない
  2. 空きを見せる
  3. 統一する

です。

物を減らす

まず部屋が狭いのにたくさんの物を持っていたら、スッキリするはずがありません。

物を減らして、スペースをつくることからはじめます。

物を減らすために有効ことは2つ。

1つ目が、収納を減らすこと。

収納があるほど物が増えて、入れる物を減らすと物も減ります。

経験上こうなるので、試してみてください。

2つ目が、大きな物を減らすこと。

大きな物はスペースをとって、使えるスペースを狭めます。

それだけでなく、収納スペースがあればその中に何か入れて、物を増やしてしまいます。

収納や大きな物を減らすことで、細かな物も自然と減っていくはずです。



空きを見せる

物を減らしたら、スペースができます。

そのスペースをうまく見せることで、圧迫感をなくし、広くみえる空間をつくります。

スペースをみせるためにできることも2つ。

まず、床に物を置かないと決めること。

床に物を置くことを許すと、どんどんその範囲は広まってしまいます。

ゴミを置いておくと、そこにはゴミがたまっていく法則と同じです。

逆に床に何もないと空きスペースができ、スッキリ見えるようになります。

それにつられて物が増えることも防げます。

次に、低い家具を選ぶことも有効。

低い家具を選ぶことで、縦の空きスペースを広くします。

天井が高いと開放感がありますよね。

それと同じで、高さを利用することは広くみせるコツです。

統一感をもたせる

統一感のある空間は、脳が混乱せずスッキリ感じさせます。

ファッションでも、たくさんの柄があると、スッキリした印象とはかけはなれますよね。

空間も同じこと。

統一感をつくるために、柄物を減らします。

その上で

  • 色数を減らす
  • 素材を揃える

のが簡単。

色数はテーマを決めて3~5色にまとめます。

さらに素材をそろえると、整って見えます。

私の場合グレー、白、ピンクにそろえ、素材はシルク、リネン、コットンを選ぶようにしています。

まとめ

  • 物を減らす
  • 空きをみせる
  • 統一する

これだけで狭い部屋も広くみせることができます。

広くてもスッキリしない部屋も、快適に変わるはず

狭いからスッキリしないと悩んでいるなら、試して損はないのでは?