身軽に生きる

必要最低限と好きなことだけする朝の過ごし方【モーニングルーティーン】

朝の過ごし方をルーティーン化することで、時間も労力も最小限におさえています。

最低減のことしかしないので、最速で寝起きから出社(会社のデスク)まで20分くらいで行けます。

とはいえ、ゆとりを持ちたいので仕事がはじまる時間(10時)より1時間半前、8時半に目覚ましをかけています。

おかげで、動画をみたり、軽く運動したり、読書することも可能。

必要最低限のことと、好きなことしかしない朝を毎日過ごしています。

そんな日々のモーニングルーティーンを記事と動画にまとめました。

※動画は最後にのせています。

朝のルーティーン

8:30 目覚まし 20分後に起きあがる

平日のアラームは8時半にセット。

二度寝するので、起き上がるのはだいたい9時前です。

起きたらまず、ベッドを整えます。

8:50 白湯作り、洗顔

まず、ケトルに浄水器でろ過した水を入れて、白湯をつくります。

夏は暑いので、秋~春まで限定。

次に、洗顔料はつかわず、水のみで顔を洗います。

スキンケアは、スプレーに詰め替えている化粧水だけ。

スキンケアの次は、最高に好きな香りのヘアミストを髪にかけていきます。

つや出し効果もあるけど、私は香りに包まれたくて使っています。

8:55~9:05 ヨガ

お湯が沸いてもしばらく放置するので、その間に軽くヨガ。

からだをのばしながら、全身を起こしていく感じです。

続かないので、実際は動画よりもっと軽くやっています。

9:05~9:10 掃除

ヨガがおわったら、床掃除。

時間がないときはクイックルワイパーでホコリや髪の毛をとるだけ、余裕がある日は拭き掃除。

アロマオイルを入れた水をスプレーしてから拭くので、部屋中いい香りに包まれます。

マイクロファイバークロス(無印良品)で拭くと、ウェットティッシュよりもきれいになるのでオススメ。

床掃除は、部屋の大きさが1K30㎡と広くはないので、5分で終了。 トイレや玄関(はたき)もウェットティッシュなどで掃除していきます。

9:10 着替え

着替えます。

少ないので着る服に迷うことはまったくないです。

9:10 朝ご飯

白湯を飲みつつ、朝ごはんを食べます。

朝は小食。食べない日もあります。

食べたら、食器を洗い、水筒にお茶を入れて準備します。

動画では、ポテサラの残りを食べています。

9:20 メイク

平日は、メイクといっても日焼け止めを顔と腕、足に塗って、まゆ毛をかくくらい。

年を重ねるごとにメイクが薄くなってきました。

9:25 自由時間

ここからは、自由な時間。

20分以上はあるので、読書、動画、メディテーションなど、したいことをする朝の楽しみ時間です。

9:45 徒歩出社(10分以内)

ギリギリまで楽しんでから、家を出ます。

10時始業の会社には徒歩10分以内でつきます。

朝が弱いので10時始業がうれしい。

IT、クリエイティブ、ベンチャーは、10時以降出社やフレックス制のところが多いと思います。

朝ゆったり過ごすためにしたこと

朝ゆっくり過ごせていますが、そのために、不要な動き、ムダなストレス時間をへらしてきました。

朝をゆったりと過ごすためにやめたこと・やったこと

  1. 通勤をやめた(会社の近くに引越し) ⇒圧倒的に楽
  2. メイクをやめた ⇒落とさなかったり、色々ぬっている方が負荷なことも
  3. 洋服を減らした ⇒着る服で迷わない
  4. ルーティーン化 ⇒機械的に動くから、ムダな動作をしない
  5. 自由時間をつくった ⇒気持ちにゆとりができる

この中でも一番よかったのは、徒歩通勤。

朝から満員のバスや電車にのると、混んでいたり、遅れたりして、ものすごく消耗します。

徒歩通勤にすることで、そういったムダなストレスがなくなり、時間に余裕だけでなく、気持ち的も軽くなりました。

解消できるストレスは、積極的に減らしていきます。

【YouTube】必要最低限+好きなことだけする朝の過ごし方

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画