片付け・掃除

すっきりクローゼットを実現した考え方と行動の変化【空間は思考の反映】

思考と見えるものが連動しているのは、スピリチュアルでもなんでもなくただの事実。

考え方がかわったら、行動も変わるから、見える部分も変わります。

その変化は、自分がよくいる空間に顕著にあらわれます。

例えば、気持ちが荒れている時や考えが錯乱している時の部屋は散らかるし、怠慢時はホコリもたまります。

優先順位をつけられなかった時の私のクローゼットは、ぎゅうぎゅうでした。

着たい服、着るべきだと思っている服、誰かに着た方がいいと言われたものがいっぱい。

たくさんあるのに、服がうまくあわせられませんでした。

今は優先するものがはっきりしているので(お気に入りと必要なもの)クローゼットはすっきりしているし、いつでも着たい服を満足して着れています。

考え方や行動が変わったから、スッキリしたクローゼットになったのです。

ということで、ものにあふれたクローゼットだった過去から、すっきりしたクローゼットを持つ今にいたった、考え方と行動の変化をまとめました。

毎日ちがう服を着る → コーデの定番化

毎日ちがう服を着るようにしていたのが昔で、定番化して好きな服だけ着ているのが今。

昔は、毎日ちがう服を着ていないとダメという気持ちがありました。

ダサい、汚いなどネガティブな印象を与えてしまう気がしていたので。

でも今は同じ服を着ていても清潔は保てることがはっきり分かるので、この思考は消えました。

ダサいと思われたくはないけど、それよりも自分の満足度を大切にしています。

結果、どうでもいい服をきて好きな洋服をたくさん着れないという事態をなくし、好きな服を好きなだけ着る機会を得ました。

→ 【秋服定番化】少ない服で着まわす1週間コーディネート【2019年秋は全18アイテム】

私服と仕事着を変える → 同じ

仕事に着ていく服とプライベート服をわけなくてはいけないと思っていたのが昔、仕事もプライベートも同じ服なのが今。

仕事用の好きでもない洋服を考えたり、買ったりする必要がなくなりました。

服装自由で人と多く関わる仕事でもないのでできることかもしれません。

クローゼット放置 → 定期的な全出し掃除&見直し

クローゼット掃除は1年に1回程度だったのが昔、月1以上なのが今。

ホコリもムダなものもたまりやすいクローゼットほど、そうじや片づけは必要です。

クローゼット掃除を定期的にすることで、不要なものを放置することがなくなり、きれいを保てます。

クローゼット全出し掃除は、ものを全部出してやっているのでめんどうですが、そのあとの爽快感は癖になります。

→ 【すっきり暮らす】ムダなものがたまらないクローゼットの掃除&整理方法

たたんで管理 → ハンガー管理

洋服をたたんで管理していたのが昔、すべてハンガーにかけて管理しているのが今。

すべてハンガーにかける方法だと、メリットがたくさんあります。

【ハンガー管理のメリット】

  • 収納術も不要
  • 洗濯物をたたむ過程をはぶける
  • 服もシワにならない
  • 持っている枚数がわかるから増え過ぎ防止にもなる

→ 【洋服の収納術不要】ですっきりクローゼットをつくる方法【管理も整理も楽】

洋服は買うだけ → レンタルも使う

洋服は買うのが当たり前だったのが昔、レンタルという手段を得たのが今。

シェアする時代になってきて、ファッションレンタルができるようになったので利用しています。

ファッションレンタルのメリットはたくさん。

【ファッションレンタルのメリット】

  • かさばる秋冬も多く持たなくていい
  • クリーニング不要で手間なし
  • 捨てる罪悪感も感じない
  • 自分の服は最低限でも、トレンドやカラフルな洋服も楽しめる

おかげですっきりクローゼットのまま、多くの洋服を試せています。

利用しているのは『エアークローゼット』と『エディストクローゼット』です。

\ 紹介コード入力で、初月3,000円オフではじめられます /

「 CJe8t 」

※airCloset(エアークローゼット)の紹介コードです

→ 定額ファッションレンタルをやってみた!『エディストクローゼット』の使い方

手放すのがもったいない → 使わないのがもったいない

手放すことをもったいないと考えていたのが昔、使わないことがもったいないと思っているのが今。

昔は、捨てることや使ってないのに手放すことをもったいないと思っていました。

今は気に入っているものや大切なものが、たくさんの手放すことができないものにうもれてしまう方がもったいないと思っています。

気に入っているものをつかえばゴキゲンな時間は増えます。

なのに、他の手放せないものがたくさんあることで、気に入っているものを見失い、ハッピーだと感じる時間も減ってしまうからです。

たくさんのものに囲まれるより、好きなものだけに囲まれる方が満たされながらもすっきりも感じられます。

バリエーションがあるのがおしゃれ → 量は関係なくお気に入りを楽しむのがおしゃれ

バリエーションがあるのがおしゃれと考えていたのが昔、量関係なくファッションを楽しめるのがおしゃれだと考えているのが今。

昔はバリエーションがないとおしゃれではないと思っていて、周りにもおしゃれだと思われたかったので、トレンドものや色んな種類の洋服を持っていました。

でも今は、自分が気に入っているものを着て楽しむのがおしゃれだと思えるようになりました。

結果、まわりにおしゃれだと思われる必要もなくなったし、毎日同じような格好だと思われても別にいいし、他の人がどんなファッションをしてようと、まったく気にならなくなりました。

高くて質のいいものが正解 → お気に入りなら何でもOK

高くて質の良いものを着るべきだと思っていたのが昔、お気に入りならなんでもOKなのが今。

安くても質が良かったり、気にいるものはたくさんあるのに、それを制限してみないようになっていました。

今はお気に入りならなんでもOKなので、プチプラでもちょっと背伸びしたようなものもバランスよく着ています。

質も値段も高いものを集めようとしましたが、私には合わないようで、高かったから手放せないということが何度もありました。

今は高かったからという理由で手放せないようなものは持ちません

値段だけでなく、自分にとっての価値をちゃんと見られるこのバランスが、今の自分にちょうど良いです。

まとめ

昔は考え方に迷いしかなかったから、クローゼットがごちゃついていました。

でも徐々に、ものに対しての考え方がはっきりしていったから(お気に入りと必要なものだけ着る)、クローゼットもすっきりしていきました。

考え方が見える空間(クローゼット)を変えたという例です。

【クローゼットがすっきりするまでの変化】

  • 毎日ちがう服を着る → コーデの定番化
  • 私服と仕事着を変える → 同じ
  • クローゼット放置 → 定期的な全出し掃除&見直し
  • たたんで管理 → ハンガー管理
  • 洋服は買うだけ → レンタルも使う
  • 手放すのがもったいない → 使わないのがもったいない
  • バリエーションがあるのがおしゃれ → 量は関係なくお気に入りを楽しむのがおしゃれ
  • 高くて質のいいものが正解 → お気に入りなら何でもOK

考え方がクローゼットを変える例をあげましたが、逆に見えるものを変えることで、気持ちを変えることも可能。

たとえばごちゃつくクローゼットをすっきりさせると、気持ちが晴れやかになり、生活も人生も変わります。

これを信じたいなら、Netflixで『クィアアイ』をみてください。

自信がない人たちが、住まい、衣類、食、ヘアメイクを変えることで、自信を取り戻し、自分を尊重できるようになっていく姿がみれます。

見える世界と内面は関わり合っているから、思考が変われば見える世界も変わるし、見える世界を変えれば内面が変わるのは当然。

なので、なりたい姿を考えながらクローゼット整理すると、片づけがはかどるし、なりたい姿に近づけます。

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画