片付け・掃除

【片づけの6つのコツ】片づけられない、何も捨てられないを解決

スッキリした空間が理想だけど、何も手放せない。

その理由は、一度手にしたものには気持ちがくっついて、手放しにくくなるから。

【片づけられない理由】

  • もったいない
  • 高かった
  • いつか使う
  • 一度も使っていない
  • 念の為持っておきたい

とはいえ、整理しないと使わないものが増えていき、スッキリした空間とはかけ離れていきます。

ということで、片づけがはかどるコツについてまとめました。

手放すものの2つの基準

片づけのコツの前にまず、片づけ基準についてふれておきます。

片づけるものの基準は、好きなものと必需品以外すべてです。

片づけ基準は細かくわかるとたくさんあるのですが、シンプルにいったらこれだけ。

持っているものは、好きなものと必需品だけで充分です。

⇒ 【片づけの順番】どこから捨てる?手放すもののレベル分けと判断基準

片づけができないときに思い出したいコツ

片づけのコツは、6点あります。

【片づけのコツ】

  1. 今だけに意識をおく
  2. 好きな人に見せられるか想像する
  3. 人に貸せるか考える
  4. 理想と合うか確認する
  5. もうすぐ引越すと想定する
  6. ムダが積もれば大きなムダになると認識する

片づけがすすまないと思ったら、これを思い出してみてください。

意識するようにしていると、片づけしたくなります。

① 今だけに意識をおく

「高かった」「気にいっていた」それって過去の話ですよね?

「やせたら使う」「来年使う」「誰かが来たら使う」これは未来の話。

近い未来に確実に使うなら問題ないですが、不確実な未来のものは手放します。

過去と未来をみているときは、今をみていない証拠。

今をみていなければ、今必要なものもわからず、片づけのハードルも上がってしまいます。

だから、過去・未来はではなく、今だけ考えていればいいです。

今、持っていたいものは何?

今、必要なものは何?

今、気にいっているものは何?

今必要で、今好きなものだけを残します。

未来はその時に欲しいものを手に入れたらいいし、過去のものを持っていても今が輝くことはありません。

② 好きな人に見せられるか想像する

いつどこで、どんな人と会うか分かりません。

例えば、誰にも見せたくないような服をきているときに、好きな人に会うこともありえます。

そんな時、いまいちな服を着ていたら話をするチャンスを逃してしまうかもしれません。

好きな人というのは恋愛だけではなく、憧れの人や尊敬している人、自分が素敵だと思っている誰かです。

持っているとつい着てしまうから、持たないようにします。

持たなければ着ることもないので、いつどこでもお気に入りの服が着ていられますよ。

服を着る回数や時間にも限りがあるし、気にいった服を着ている時間はそれだけで気分がよくなるのもの。

手放すことよりも、気に入ってない服を着ていることの方がもったいないです。

だから、好きな人に見せられないと思っている程度のものは手放していきます。

部屋も「今ここに好きな人に来られても大丈夫か」と想像して見渡してみてください。

「無理」と感じている限り、憧れている人とその部屋でくつろいでいる理想はかなえられません。

逆に、身なりも部屋を整えて準備していたら、好きな人や憧れの人と近づけるようになるかもしれません。

そんなのあり得ないかもしれませんが、何も整えずにいるよりはずっと確率が高くなると思います。

③ 人に貸せるか考える

人に貸せないようなものは、自分でも良いとは思っていないもの。

そういうものを、大事な自分に使わせたいですか?

大事に思う人のように自分を大事にするためには、自分の機嫌をとれるものを持っていればいいです。

だから、劣化していたり、使いにくかったりして、人に貸せないようなものを持っている必要なんてないのです。

④ 理想と合うか確認する

今手放せないものが自分の理想にマッチしているかみるのも効果的。

例えば、よれたTシャツ。

それを着ている自分が理想でなければ、手放します。

自分が理想とする部屋はどんな感じですか?

女性らしい部屋が良いと思っているのに、かっこいい布が丸見えだったり、シンプルなお部屋が理想なのにめだった柄のカーテンを持っていたりしませんか?

理想は、理想とのギャップをうめていくとつくられます。

理想を手にしたいなら、理想に合わないものを手放していく行動が必要です。

⑤ もうすぐ引越すと想定する

「1年後、ここにいない」と決めると、行動や考え方がシンプルになり、ムダが減って有意義になっていきます。

【1年後ここにいないことを想像すると?】

✔︎浪費と消費が激減
✔︎どうでもいい人と会わない
✔︎好きな人たちと会う
✔︎ここで楽しめることを最大限探して積極的に動く
✔︎悪口をいうことがなくなる(そんな暇はない)
✔︎苦手な人と関わらない
✔︎学びだす
✔︎恋愛に素直になる

だから、1年後にここにはいないことを想像してみてください。

実際引越す予定がないにしても、1年後は今とまったく同じではなく何かが変わっています。

そう考えると、大切にしたいものが浮き彫りになって、大切なものへの愛情がわいてきます。

ムダなものも買わなくなるし、今持っているムダなものを片づけようという意識が持てます。

⑥ ムダが積もれば大きな損になると認識する

片づけて今すっきりしていても、ずっといい状態が維持できることはありません。

掃除でも自分のからだでも、何もしなければ劣化していくだけです。

ムダがとことんたまるまで待って片づけるやり方は、日常的にムダにかこまれることになります。

何より、たまったものを一気に片づけるのは大変。

だから、ムダが積もったら損になるということを意識し、日常的に片づけを続けていくことが大切です。

まとめ

片づけが停滞した時に考えたいことは、この6点。

片づけのコツ
  • 今だけに意識をおく
  • 好きな人に見せられるか想像する
  • 人に貸せるか考える
  • 理想と合うか確認する
  • もうすぐ引越すと想定する
  • ”ムダが積もれば大きな汚れ(損)になる”と認識する

私も迷ったときにこれを考えると、判断力がもどってきます。

片づけがすすまないときに思い出してみてください。

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画