お金

【楽天経済圏】ムリせず、簡単にお金を増やす方法【ほったらかし投資】

お金を増やすためには、入るお金を増やす方法と、支出を減らす方法がありますが、

  • 給料アップはのぞめない
  • 副業する時間がない
  • そもそも働いていない
  • お金は増やしたい

こんな状況かもしれません。

「手間をかけずに、お金が増えたらいいな」ということで、実際に私がやっているほったらかしでお金を増やす方法を紹介します。

みそぎ
みそぎ
お金を増やす方法を全く知らず、お金はただ銀行に眠らせていた私がしている方法です。

【この記事で分かること】

  • ほったらかしでお金を増やす方法は、楽天経済圏を利用する
  • かんたんで不安とムダ遣いを減らせる投資
  • iDecoとNISAで税金なし投資

ポイントを増やしながら生活「楽天経済圏」

まずは、生活を楽天にたよって、ポイントかせぎをしていきます。

なるべく楽天を利用するだけで、ポイントは以前よりも増えました。

月6000~15000ポイントくらい。

楽天のポイントをためるほど、お金をつかわなくてすむので、少しずつでもお金が増えていきます。

買い物は楽天市場

楽天市場はだいたいのものがそろうので、ネットで買う物はほぼ楽天市場で買うようにします。

私は月1万円以上は楽天市場で買い物しますが、還元率の増えるマラソンの日や、0と5のつく日に買うと、さらにポイントが貯まります。

また、最近では楽天でもRakuten FASHIONで、ブランドの服が買えるようになっています。

セール率も他サイト同様に高く、ポイント還元率も高い。

さらに、Rakuten FASHIONを利用した月は、ポイントもアップになります。

お得に服が買えるので、他サイトを利用するのをやめました。

ポイントが貯まりやすくなっただけで、他に何の不便も感じていません。

Rakuten Fashion の詳細をみる

メインバンクを楽天銀行に変更

銀行も楽天にかえました。

利用しているだけでポイントが貯まっていくし、手数料がかからなかったり、ATMがどこにでもあるので使い勝手もよくなりました。

不便はまったくないし、メリットしか感じていません。

【楽天銀行のメリット】

  • ATMがどこにでもある
  • 土日も夜もATM手数料が無料
  • 使っているだけでポイントが貯まる
  • 楽天での買い物はいつでもポイント2倍
  • 振込手数料が無料
  • マネーブリッチで金利が100倍
  • キャッシュカード一体型デビットカードでお財布すっきり

⇒ 楽天銀行の詳細をみる

店舗での買い物は、楽天カード

現金派だったのですが、楽天のクレジットカード(楽天カード)を使うようになりました。

現金も2~5万は持っていますが、基本キャッシュレスにしています。

現金で割り勘になりがちな交際費や、現金支払いの習いごと以外は全て楽天カードでの支払いです。

【楽天カードのメリット】

  • レジでスムーズに支払いできる
  • 家計管理アプリ『マネーフォワードME』との連携で、家計管理が簡単にできる
  • 楽天ポイントが貯まる
  • 楽天ゴールドカードだとポイントがさらにポイントアップ(月9,000円以上楽天で買いものをするならゴールドの方がお得)
  • 楽天ポイントをカードの支払いにあてられる

年会費無料の楽天カードを使っていましたが、月1万円以上、楽天で買い物していたので、楽天ゴールドカード(年会費2000円くらい)に変えました。

⇒ 楽天カードの詳細をみる

楽天でんき(楽天エナジー)を利用

電気の自由化になったので、楽天でんき(楽天エナジー)にかえました。

電気の自由化とは、2016年の4月に電力が自由化され、地域の電力会社だけでなく、100社以上ある電力会社からも電気を契約できるようになったこと。

私は変えても、電気代はそんなに変わっていません。

とはいえ、電気代は変わらずとも、毎月使う電気で、特に何かしなくても、放っておくだけで楽天ポイントがたまっていくので、満足しています。

家族の人数や生活によって安くなったり、変わらなかったりするようです。

シュミレーターがあるので、ためしてから検討してください。

⇒ 楽天のでんきシュミレーションしてみる【楽天エナジー】 ※遷移した先の下の方にあります。

楽天ROOM(楽天ルーム)であいた時間にポイント活動

かんたんに誰でも空き時間に楽天ポイントを稼ぐ方法もあります。

楽天ROOM(楽天ルーム)をつかうことです。

楽天ROOM(楽天ルーム)は、紹介したい商品をmy ROOMに集めて公開できる楽天のショッピングSNS。

自分のROOMから商品が購入されると楽天スーパーポイントがもらえる仕組みが合わさっています。

楽天ROOM(楽天ルーム)のポイント

  • 空いた時間を活用できる
  • むずかしいことはない
  • とにかくポイントを増やせる
  • 無料でつかえる
  • 誰でも今すぐにはじめられる

私も今年からやっていますが、フォローしている人が紹介する物を見るのも楽しいし、自分が良いと思ったり気になる物も気軽に紹介できるので気に入っています。

⇒ みそぎの 楽天ROOM

本気でやったら、けっこうなポイントがたまると思います。

毎日の料理でもポイントがたまる? 楽天レシピ

楽天が提供しているレシピサイト『楽天レシピ』は、使うほどに、楽天スーパーポイントがたまります。

  • レシピを投稿すると50ポイント
  • つくったよレポートを投稿すると10ポイント
  • つくったよレポートをもらうと(レシピ投稿者に)10ポイント

それぞれ楽天スーパーポイントが付与されます。

実際に作り方をのせることが多い人、作ったよの報告をしている方なら、いつもと同じことをしているだけでどんどんポイントがたまっていくのです。

クックパッ〇で有料な、人気レシピ検索も『楽天レシピ』なら無料。

レシピ数も多く、つかいやすいので、私も日常づかいしています。

⇒ 楽天レシピの詳細をみる

楽天スーパーポイントは使い勝手がいい

楽天ポイントは、クレジットカードの支払いや電気代、楽天市場の買い物の際に利用できて使えるところが多いです。

なので、ポイントが貯まっても使うところがないという状態にはなりません。

つかえる範囲がひろいため、お金と同じように使えている感覚。

今までお金で支払っていたものを買う時、楽天の数千~1万ポイントを利用することで、お金を使う機会を減らせます。

お金を使う機会が減るだけで、じわじわとお金が増やしていくことが可能になります。

【楽天ポイントをためるメリット】

  • 楽天ポイントはたまりやすい
  • 楽天ポイントは、お金に近い感覚で利用できる
  • ポイント利用することで、お金を使う機会を減らせる

楽天ポイントは、他のポイントよりためるメリットが大きいです。

ふるさと納税で、税金対策する

ふるさと納税も知っておいた方がいい仕組みです。

私も税金対策なんて考えたことがなかったですが、ふるさと納税制度を利用するようになりました。

ふるさと納税制度とは、ふるさと納税をしてもしなくても支払う税金 + 2,000円で、返礼品がもらえる制度のこと。

返礼品はお米や果物、お肉など豪華な物も多いです。

結局はらわなければならない税金で、何かもらえるか、もらえないかの違いなら、何かもらえる方がうれしいですよね。 

厳密にいうと税金分+2,000円必要ですが、返礼品が豪華なので2,000円以上の価値がある物がたくさんみつけられます。

手続きもかんたんで、毎年利用できる制度なので早く覚えておいた方がいい制度。

ふるさと納税は、いろんなサイトで利用できますが、楽天ユーザーなら、楽天ふるさと納税がイチオシ。

なぜなら、ふるさと納税の返礼品は金額が多くなるので、たくさん楽天ポイントがためられるし、楽天のポイントをつかって支払うことも可能だからです。

ねらい目は、0と5のつくマラソンの時です。

私も楽天ふるさと納税をつかっています。

ふるさと納税でえらんだもの

私が今年(2019年)えらんで、8月現在までに送ってもらった返礼品はこちら。

ぜったいに食べるお米10キロ

まずは、去年に続いてお米。

今年は、熊本県 山鹿市のヒノヒカリ 10キロです。

どうせ買うものなので、ふるさと納税でもお米を真っ先にえらびます。

1人暮らしなので2~3ヶ月もちます。

⇒ ヒノヒカリ白米10kg

デミソースハンバーグ 20個

真空パックで送られてくる福岡県 飯塚市のハンバーグ。

20個も入っています。

手間をかけて料理したくないときに良いなと思ってえらびました。

レトルトなので味は期待していませんでしたが、やわらかくて思った以上のおいしさでした。

レビューが良いのもうなずけます。

⇒ 粗挽き鉄板焼ハンバーグ デミソース 20個

100%果汁のみかんジュース

毎年人気の和歌山県 有田市の濃厚なみかんジュースは、リピートしたいくらいお気に入りです。

食欲がないときにも美味しく栄養補給できます。

20本もあるので賞味期限がながいのもうれしい(製造日より12ヶ月)けど、大好きになって1日1~2本飲むので、半月でなくなりました。

⇒ 飲むみかん(20本)

他にも魅力的な返礼品はたくさんあるので、チェックしてみてください。

⇒ 楽天ふるさと納税 をみてみる

【ふるさと納税制度のメリット】

  • 税金が控除されるため、実質2、000円で返礼品がもらえる
  • 返礼品はえらべる
  • 応援したい地域に貢献できる
  • 節税になる

ふるさと納税はメリットがあって、毎年つかえる制度なので、はやくはじめておいた方が良いと思います。

長期投資をする

お金に不安があったのは、お金について知らな過ぎだから。

そう思って、お金の本を何冊か読んでみました。

数字が苦手でお金について何も分からない私が分かりやすいと思った本が↓です。




 

あとは、両学長のYouTube動画もみています。

初心者にもやさしく説明してくれるので、お金について勉強したことのない人でも分かりやすいと思います。

個人的にはこれ以上わかりやすく説明している人っていないのでは?と思っています。

⇒ リベラルアーツ大学(YouTube)

いろいろ知っていく中で、長期投資をはじめてみました。

【長期投資で理解したこと】

  • 長期投資は時間を味方につける
  • 大きくは増えないけど、その分リスクも少ない
  • お金にお金をうんでもらえる
  • リスクはすくないといえど、変動はある

楽天証券がおすすめ

投資信託の売買は、銀行や証券会社で行います。

気軽なのは銀行かもしれませんが、手数料が安いネット証券も人気。

有名どころは、SBI証券や楽天証券ですが、私は楽天証券にしました。

⇒ 楽天証券

手数料はどちらも安いですが、ポイント還元率が高いのが楽天証券だったからです。

元銀行員の亮平さんもSBI証券から、楽天証券にかえたようです。

⇒ 5.SBI証券と楽天証券、どっちがおすすめか比較

まずは、つみたてNISAとiDeCo利用

  • NISA … 株式や投資信託などの売買益や配当金などが非課税になる制度
  • iDeCo(イデコ)=個人型確定拠出年金 … 自分で積み立てる個人年金

NISAやiDeCo(イデコ)を利用すると、非課税になったり、所得控除できたりするので、この2つの制度を利用しない手はないです。

60歳まで引き出せない(iDeCo)などデメリットがあるので、よく検討する必要があります。

好きな時に投資するのでもいいけど、給料日に自動的に積み立て投資できるように設定しておくと、放っておけるので楽。

先取り投資をすることで、お金のつかいすぎを防止できるので、なぜかいつもお金がないという人ほど先取り投資がおすすめです。

金利が安すぎる銀行にお金を寝かせておくくらいなら、リスクがおさえられる長期投資を考えてみるのが良いです。

長期の投資は、はやければ早いほど時間が味方になるので、少額で大きな金額を生み出してくれます。

【長期投資×NISA、iDeCoのメリット】

  • 放っておけばいいだけで楽(積み立て設定した場合)
  • あると使うというムダ使いが防止できる
  • お金がお金をうんでくれるから、気持ちが楽(そうじゃないときもある)
  • 制限はあるけど、利益が非課税(NISA、iDeCo)

まとめ

楽天経済圏は一度設定をしてしまえば、今までの生活を変えることなくポイントを増やしていけるし、ポイント利用でお金を使うことをおさえられます。

結果、お金が増えていくことになります。

10円や100円の節約を毎日するよりも、よっぽど楽だし効果的。

ふるさと納税制度も、結局払うお金+2000円だけで、素敵な返礼品がもらえるので使わない理由がまったくありません。

⇒ 楽天ふるさと納税をみる

毎年のことなので、はやく知っておいて欲しい仕組みです。

投資も、先取り投資でムダ遣い防止になるし、眠らせていたお金がお金をうんでくれます

設定すれば放っておくだけでできるので、やらない理由もありません。

すべて私もやっていて、苦になっていないものなのでオススメできるのですが、投資に関してはマイナスになることもあるので、自己判断で試してみてください。

あるだけ使ってしまう場合、増やすことを考えるより、減らさないこと(節約)を考えるのが先かもしれません。

それだけで、お金がたまるということがありますよ。

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画