お役立ち(万能・豊か)

いつでもどこでも誰でもできるかんたんな自己管理方法

動画のリクエストを募集したときに、自己管理方法を知りたいというリクエストをいただきました。(ありがとうございます!)

動画にしようと思ったのですが難しかったので、ブログ記事にまとめました。

【この記事で分かること】

  • いつでもどこでも誰でもできる自己管理方法
  • 悩んだ時の対処法 → 書く
  • ムダな時間を有意義にするためにできること → 書く
  • 目標実現のためにすること → 書く
  • 目標計画のやり方 → 書く

誰でも簡単にできる自己管理方法

自己管理方法は、書くこと。

とてもシンプルなので誰でもいつでも、どこでもできる方法です

自己管理は、目標を実現することだったり、悩みを解決することだったり、生活を整えることだったりいろいろですが、書くだけなのに、そのすべてに対応可能なんです。

私が日常で書くことで自己管理しているやり方をあげてみました。

悩んだら書くことで、沼にはまるのを防ぐ

もやっとすることがあったら、書くことで、自分の中から黒いかたまりのようなものを出します。

誰もみないので、ひどい感情も正直にすべて出します。

そうすることで、気持ちが楽になることがよくあるから。

ためておくと、ずっと気分は悪いままですが、素直な気持ちを書いていると、少しずつ冷静になってきます。

そうなったら、次は事実を整理。

悩みの種が起こった時期、具体的な出来事、その時の感情、反省点を整理することで、悩みを客観的にみれるようになります。

それを確認しながら、今後どうしていきたいか、どうすればいいのかを具体的に考えていきます。

悩みを書いて整理することで、冷静な判断がしやすいので、感情で動いてどんどん沼にはまるということが防げています。

感情が強い時は、その分だけ書く量も増えますが、誰にも迷惑をかけないし気が済むまで書けばOK。

書いたものはみられないように、解決したり納得した後にさっさと捨てます。

捨てたときに、悩みも過去のものになります。

  • 書くことで感情を吐き出せる
  • 書いて整理することで、冷静な判断で動ける

有意義な時間を増やすために、好きなことを書き出す

暇な時間はダラダラ過ごすより、好きなことをしていた方が有意義ですよね。

では、日常で好きな時間ってどんなときでしょう?

これがわからないと、退屈な時間をすごしてしまうかもしれません。

だから、好きな時間を知るために、好きな時間を書き出します。

日常で好きなささいなことで充分。

例えば、私の日常の好きな時間は、カフェでゆっくりする、映画をみる、美術館にいく、温泉に入る、お湯につかる、美容院に行くなどです。

退屈だと思ったら、これを思い出して積極的にやることでしあわせな時間は増えます。

  • 有意義な時間は、自分が好きなことを知って、積極的にすることで増やせる

書いて目標を把握すれば、方向を間違わない

ゴールを知らないとゴールはできません。

自分の目標も決めないと、そこに到達しないということです。

誰かが目標を決めてくれるということもないから、自分で設定する必要があります。

もちろん目標がない方がしあわせなら、ムリにゴールをつくる必要もありません。

そのまま流れるように生きていくのも楽しいと思います。

ただ私の場合、目標を持っている方が楽しいのでたてるようにしています。

その方法は、したいこと、行きたいところなど書きだすだけ。

目標を把握することで、向かいたい方向が定まります。

なので、右に行きたいのに左に行ってしまうというような大きな方向間違いはしなくてすみます。

  • 書くことでゴールを把握することができる
  • ゴールを把握すれば、向かいたい方向を定められる

計画を見える化することで、具体的に動けるようになる

目標が定まっていても動けないのは、具体的計画がたりないからだと思っています。

目標実現したい、目標達成を早めたいなら計画必須

私は目標実現のために、よくマンダラチャートをつくっています。

マンダラチャートとは、目標設定のための3×3の9マスの枠で構成されるフレームワーク。

【マンダラチャートのつくり方】

  1. 中心に目標を書いて、それに必要なことをまわりの8マスに書く
  2. さらに9マス作って、↑の8マスを達成するために必要なことを書く

という感じでつくる目標実現のためのシートです。

目標実現するための画期的でシンプルな方法。

くらしを整える方法もマンダラチャートでつくっているので、これをみた方が早いかもしれません。

他に、目標に対して、今必要なこと(足りないこと)不要なこと(捨てること)を書き出すのも有効。

マンダラチャートの前にやっていた方法です。

仕事でもプライベートでも使えます。

これで超難関な仕事を達成したこともあります。

勉強系は、時間、点数を見える化するのも良いと思います。

例えばTOEICの点数をあげたい場合、まずは今の点数と目標の点数、いつまでに達成したいかを書きます。

5時間で1点あげられると想定し、何時間必要か、目標日までに1日何時間勉強すればいいかまで計算します。

1ヶ月、1週間、1日単位まで書いていくとどう動く必要があるかが明らかになります。

目標達成はいきなりできるわけではないけど夢ではありません。

でもそのためには習慣を変えることが必須です。

書くことで、目標実現が可能になる&早く達成する

  1. マンダラチャートをつくる
  2. 目標のための不足と必要なことを書き出す
  3. 点数と時間を見える化

何に書く?

書くのは、ノートでもスマホのメモ帳でもExcelでも何でもいいです。

私はノート、スマホ、Excel、スプレットシートなど色んなところに書いています。

ただ、まとめるときは、スプレットシート。

いつでもどこでも開けるので便利だからです。

シートごとに分けられるのも使いやすいので気に入っています。

まとめ

【自己管理方法は、書くこと】

①悩んだときに書く → 沼にはまるのを防ぐ

  • 感情を書いて、スッキリ
  • 事実を書くことで、客観的に状況をみれるから、冷静な判断ができる

②有意義な時間を増やすために書く → 好きなことに積極的になれる

  • 好きな時間を書いて把握することで、有意義な時間が増える

③目標設定するために書く → 方向を間違わない

  • 書くことで、ゴールが把握できる
  • ゴールを把握すれば、向かいたい方向を定められる

④目標計画したい時に書く → 見える化することで、具体的に動ける

  • 書くことで、目標実現が可能になる & 早く達成する
  1. マンダラチャートをつくる
  2. 目標のための不足と必要なことを書き出す
  3. 点数と時間を見える化
\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画

こちらもおすすめ