楽しむ

後悔しない人生をおくるきっかけに!黒澤明の映画「生きる」【Amazonプライムビデオ】

忙しい。まったく忙しい。しかし、この男は、本当は何もしていない。このイス(地位)を守ること以外のことは。

彼は時間をつぶしているだけだ。彼には生きた時間がない。つまり、彼は生きているとはいえないからである。

– 黒澤明 「生きる」より

変化もない退屈な毎日を繰り返し、それを忙しさでごまかし、無気力な毎日をおくりながら、

  • つまらない
  • 楽に暮らしていたい
  • 何のために生きているか分からない

そんな風に思うことないでしょうか?

私はあります。

そんな時に観るのが黒澤明監督の「生きる

  • 今の生活でいいのだろうか
  • 退屈な生活…

なんとなくはれない気持ちを抱えている時でも、今をムダに生きたいとは思えなくなります。

悶々とした気持ちが消え、アクティブに動くきっかけとなるのです。

そんな黒澤明監督の「生きる」をまじえて、よりよく生きる方法について書きました。

下の方に、黒澤明監督の映画を無料で観れる方法ものせているので、気になった方はこの記事を読んでみてください。

「生きる」を今すぐみる

退屈な人がイキイキしはじめる

主人公の男性は、生きながらにして死んだような生活をしていたのに、物語の途中からは、真逆の人のように性格が変わりました。

したいことをして、精一杯生を満喫して、イキイキとしていったのです。

  • 奔放に生きる人に惹かれ、共にいる
  • 楽しいことに貪欲になる
  • 情熱的に過ごす
  • 自分の気持ちに素直に動く
  • 憎んだり、諦めている暇はないと、すぐやる
  • 愛する人をただ愛する
  • 能動的に生きる
  • 恋愛する
  • 会いたい人に会う

こうやって動く人になっていきました。

この主人公は、もともとは退屈を感じていても自発的に動こうともしない人です。

このはじまりが自分と重なり、退屈な主人公がイキイキしていくのを自分かのようにみてしまいます。

「生きる」時間の制限を身近に感じたとき、人は大きく変わる

主人公が自分から動き、イキイキと輝いていったのは、命の制限を強く感じたから。

元気だと自分のタイムリミット(死)は考えられないですが、実際は死に向かって生きています。

身近な人の死や病気になるとそれを自覚できますが、元気だとそれを想像することは難しい。

ですが、この映画が”人生のタイムリミットを意識するきっかけ” になり、今を生きたいと思えるようになります

終わりを考えたら、行動がポジティブに変わる

よりよく生きる方法とは、死を思うこと。

 

ネガティブだと思われるかもしれませんが、ポジティブに生きられるようになります。

私の場合、死を考えると同時に

  • 幸せに貪欲でいよう
  • 自分のしたいを引き出して積極的に人生を楽しもう
  • そういうことを選んでいこう

前向きな気持ちが前面にでます。

不平、不満、愚痴、諦め、弱気、そんなことはどうでもいいし、それにかかわっている時間が惜しくて、避けていけます。

人を憎んでる暇なんてない。わたしには、そんな暇はない - 黒澤明 「生きる」より

欲と生命力

貪欲は美徳、特にこの人生を楽しもうとする貪欲はね。-「生きる」より

生命力とは、生きたいという欲のこと。

よりよく生きたいという欲も含めて、欲があることは悪いことではありません

だから、ガツガツしていけばいいと思っています。

終わりを想像して、よりよく生きる

今の自分に正直に、愛や楽しみや喜びや幸せにどん欲に精一杯生きていたら、後悔のない生活がおくれるようになっていくはず。

よりよい日々を送りためには、自分の時間は限りがあるとことを意識すること、想像することが役に立ちます。

そのきっかけになるのが、この映画。

変わりたい人も、情熱的に生きたい人も観て損はありません。

後悔しない生き方をしたいなら、必見です。


監督: 黒澤明
主演: 志村喬, 小田切みき, 小堀誠, 金子信雄
上映時間: 2時間22分

「生きる」を今すぐ無料で観る方法

U-NEXTAmazonプライムビデオの動画配信サービスで今すぐ観ることができます。

しかも、はじめて登録すると31日間無料のトライアル期間(Amazonプライムは30日間)があるので、無料で観れるのです。

ここで注意なのは、動画サービスは多くが見放題ですが、一部動画が別課金のことがあるということ。

課金が必要な作品は、登録しているサイトによって異なります。

例えば、この映画「生きる」はAmazonプライムビデオだと、プライム会員でも別途400円かかってきてしまうのです。

でも、U-NEXTは別課金がなく、登録するだけで観れるのです。

つまりこの映画を観るのにおすすめなのは、U-NEXT

U-NEXTに登録すれば、今すぐ無料で黒澤明監督映画の「生きる」が観れるのです。

しかも、無料期間中に解約すれば、料金は一切発生しません。

「生きる」をU-NEXTで今すぐみる

無料期間後のU-NEXTの料金は、

月額:1,990円(税抜)

私は年間平均200本くらい映画を観ていますが、好きな監督上位が黒澤明。

その黒澤監督映画がU-NEXTならたっぷり27作品、課金なしで観れます。※2018年12月現在

これだけで登録の価値が大ありだったので、私も2017年~2018年夏まで半年ほどU-NEXTに登録していました。

Amazonプライム・ビデオも、黒澤監督映画を含めて、プライム会員(月間400円 or 年間3,900円)なら無料で観れる作品がたくさんあります。

動画配信サービスは、1つでも充分だと感じたので、今私が登録しているのは、Amazonプライムだけです。

Amazonプライムビデオをのぞいてみる