楽しむ

【名作・高評価】絶対みるべきおすすめ映画ランキング100【2019】

おすすめ映画100作品をランキングにしました。

映画好きを公言する私の個人的評価と、世界中の人の評価(IMDb)の平均を出していて、価値の高い映画が集まっています。

ロマンス、コメディ、アニメーション、戦争、歴史、サスペンス、SF、アクション、社会派ドラマ、感動系、邦画、洋画、中国映画、韓国映画など、あらゆるジャンルが混ざった総合ランキングです。

気づいたら22000文字と長くなったので、お時間があるときに読んでください。

さっそく紹介していきます。

目次

100位 ティファニーで朝食を

ニューヨークでリッチな男性との結婚を夢見るヒロインが、真実の愛にたどり着くまでをコミカルに描くラブストーリー。

オードリーヘップバーンの美しさと、おしゃれさを堪能するためにみる映画です。

99位 フィフスエレメント

タクシー運転手のコーベンが一目惚れした謎の美少女リールーと共に、地球を救う4つの石を求めて奮闘するSFアクション映画。

ブルースウィルスが最高に輝いている作品ですね!

98位 修羅雪姫

明治時代の日本。家族を殺され、悲惨な目にあった鹿島小夜は復讐相手の一人をどうにかしとめるが、獄中に入る。小夜は獄中で身篭り、産まれた女の子に雪と名づけ死ぬ。雪は剣豪でもあった道海和尚の元で厳しい修行を身に着け、自分を産んでくれた母に代わって復讐の旅を続ける。ーWikipedia

女優梶芽衣子演じる強くて美しい女性の役に惚れて、一時期はまったときに何度かみていました。

この映画も、梶芽衣子の良さがたっぷり出ていると思います。

クエンティン・タランティーノ監督も影響を受け、『キル・ビル Vol.1』で、この作品へのオマージュを捧げています。

97位 麗しのサブリナ

三角関係を描いたロマンティックコメディ。

オードリーのかわいさ、透明感、美しさに気づける作品。

にじみ出る透明感と、息をのむ美しさを感じていたら、あっという間に映画が終わっています。

96位 八甲田山

1902年(明治35年)に青森の連隊が雪中行軍の演習中に遭難し、210名中199名が死亡した事件(八甲田雪中行軍遭難事件)を題材に、極限状態での組織と人間のあり方を問いかけた作品である。ーWikipedia

はじめて観たときの感想は「雄々しい」。

今でもこの雄々しさを超える映画をみたことがありません。

すごみを感じて圧倒されます。

95位 ラストエンペラー

中国清朝最後の皇帝であり、満州国皇帝、溥儀の運命を描いた映画。

歴史の深み、重みを感じられるスケールの大きい大作です。

坂本龍一の音楽がはまっています。

94位 紅の豚

世代を超えて愛され続けるアニメーションで、「飛ばねぇ豚はただの豚」という名言があまりにも有名。

外見は豚ですが、小粋で渋くて最高にかっこよくて惚れますね。

93位 ガタカ

遺伝子操作でうまれた適正者が優遇される近未来で、自然出産でうまれた不適正者の若者が適正者に成りすまして宇宙へ旅立とうとする物語。

SF映画だと思いきや、1人の若者が大きな夢に立ち向かって運命を切り開いていくヒューマンドラマです。

この映画でしか感じられない哀愁漂う独特な世界観は、はまります。

92位 グーニーズ

伝説の海賊が隠したお宝を探す少年たちの王道アドベンチャーストーリー。

それぞれのキャラがかわいくて、悪役までも愛せます。

幼少期にうまれてはじめてみた映画で、旅や冒険に憧れるきっかけとなったので、私の人生に大きく影響している1本とも言えます。

91位 刺青

谷崎潤一郎原作小説を映画にした、耽美な作品。

背中に女郎蜘蛛の刺青を彫られたのを機に、したたかに生きていく売られた娘の物語。

あやしい世界感の中に、若尾文子の色香漂う美しさが際立ちます。

90位:マイフェアレディ

舞台は、階級社会が残るイギリス。

下品な花売り娘をレディにしたてていく教授と、その花売り娘に恋をする富豪のロマンティックコメディ。

言葉やしぐさ、行動を変えた花売り娘は激変し、運命をかえました。

「誰でもレディになれる」「誰でも人生を変えることができる」というようなメッセージを受け取れるはずです。

89位:E.T

地球外生命体E.Tと人間の少年の友情を描いたSFファンタジー。

SFとはいえ、E.Tとの交流の中で成長していく少年とE.Tとの絆というドラマのある感動映画です

愛と夢がつまった内容で、いつでも誰とでも楽しめる不朽の名作。

88位:シザーハンズ

ピュアな人造人間エドワードと少女の交流を描いたラブファンタジー。

孤独の中あらわれた素敵な女性への思いと、その女性を永遠に抱きしめることができない切なさが伝わってきます。

夢幻的世界の中にある、かなしくて、美しいラブストーリー。

87位:マダムインニューヨーク

インドで家庭を守る以外の選択肢を考えなかった普通の主婦が、英語を学ぶ過程で視野を広げ、チャレンジすることを楽しみ、輝きを取り戻していく話。

勇気を持ってすすむことで自分が変わり、変わろうともがくことで取り巻く世界が変わる。

何かを変えたいとき、勇気を持ちたいときに背中を押してくれるはず。

内容も良いですが、撮影当時アラフィフだった主人公のシュリデヴィ・カプールの美しさにも驚かされます。

86位:双生児

江戸川乱歩の『双生児』をアレンジして映画化したファンタジックホラー。

狂気に満ちていて不気味ですが、衣装、演出、メイク、映像など美しさを感じます。

塚本晋也監督は、じわじわとメンタルにくるおそろしさを描く天才ですね。

別世界に飛ばされます。

85位:卍

谷崎潤一郎『卍』を原作とした同性愛をテーマにした作品。

増村保造監督と若尾文子の最強タッグの中に岸田今日子のあやしさが絶妙に入っています。

耽美な世界に、女性たちの美しさが際立ちます。

増村保造監督と女優若尾文子がくんだ作品はハズレません。

84位:レナードの朝

数十年間眠ったままだったレナードや、無反応の脳炎患者に奇跡を起こし、笑顔と幸せを運んだ実話をもとにした物語。

人間の尊厳と愛がテーマです。

奇跡は、セイヤー医師や患者を愛する人たち、そしてきっと患者本人の生命力があってこそおこったことで、愛がないと起こり得なかったこと。

人生を取り戻したときのレナードの言葉がささります。

 新聞の記事を読めよ。悪いことばかり載っている。

皆生きる事のすばらしさを忘れてる。持っているものの尊さを教えてやらなきゃ。

人生は喜びだ。尊い贈り物だ。

人生は自由ですばらしい

大切なもの、純粋な気持ちを引き出してくれる感動作。

みた後は、ありふれた退屈な日常がいかにしあわせか考えさせられるし、当たり前の生活のしあわせをたくさん見つけたくなります。

ロビンウィリアムス出演のヒューマンドラマはずっしりと響いてくる映画が多いですね!

83位:GHOST IN THE SHELL / 攻殻機動隊

漫画「攻殻機動隊」を押井守監督が映画化したSFアニメーション。

脳神経とコンピューターネットワークが直結された近未来が舞台で、自己・自我といった哲学的テーマを含んだシリアスな内容です。

押井監督のアニメーション技術がふんだんにつまっています。

82位:赤線地帯

赤線地帯(公認の売春宿)で働き、たくましく生きる女性たちを描くドラマ。

売春防止法ができた頃の風俗を感じられます。

昭和作品ですが、欲、貧困、売春は今も変わらないですね。

溝口健二監督の遺作。

81位:ターミネーター

未来の革命リーダーを抹殺せんがため、近未来の地球から送り込まれた殺人サイボーグ、ターミネーター! 彼は革命リーダー、ジョン・コナーの未来の母となる人物サラを探し出し、殺害するために追跡を始める。だが、そのターミネーターからサラを守るため、一人の革命戦士・リースが未来からやってきた。ガンを片手に次々と殺害を繰り返し、不死身の体で追ってくるターミネーターを相手に、サラとリースは死闘を展開するが──!

Amazon

有名なターミネーターシリーズは、スリルが楽しめるSFアクション映画。

あるものだけでつくられたダイナミックな近未来の世界と、シュワちゃんの存在感が、この映画の迫力のあるものにしています。

ジェームズ・キャメロン監督、アーノルドシュワルツェネッガーの出世作ですね!

80位:野火


大岡昇平の同名小説を、市川崑が監督し映画化。

舞台は太平洋戦争の末期のレイテ島。

生きるか死ぬかの極限状況での人の生き方がテーマの話です。

生への執念と人としての理性、そんな究極の選択を強いられる兵士の葛藤が重々しくシリアスに描かれています。

79位:菊次郎の夏


母を探す少年とおじさんとのひと夏の旅を描いたロードムービー。

静かに感動し、清々しい気持ちになる作品。

久石譲の音楽が美しく、マッチしています。

故郷や家族に思いを馳せる時に聴きたくなるような音楽で、どこの国にいても旅の途中に聴いて、ノスタルジーにひたります。

78位:インビクタス 負けざる者たち

アパルトヘイト撤廃に尽力し、南アフリカ共和国の大統領になったネルソンマンデラと、1995年ワールドカップに優勝した南アフリカラグビーチームの実話をもとにした映画。

スポーツを通じて偏見や差別を変え、国を1つにしていく感動ドラマ。

77位:オペラ座の怪人

オペラ座の怪人を映画化したミュージカル作品。

オペラ座に住む怪人、ファントムのかなしさやさしさ、孤独に切なくなる話。

音楽や演出、映像も芸術的で、舞台と変わらない感動を味わえます。

76位:ローマの休日


ロマンチックラブストーリーの名作といえば、これ。

オードリーヘップバーンの魅力満載で、その明るさ、可憐さ、美しさに心奪われます。

知らない人はいないと思いますが、みたことがない人はみるべきロマンス映画。

75位:ルワンダの涙


1994年のルワンダ虐殺で、1200名以上の難民を自分が働いていたホテルにかくまったホテルマン、ポール・ルセサバギナは、「アフリカのシンドラー」と呼ばれた実在の人物。

『ホテル・ルワンダ』は人々を過激派からかばい続けながら、多くの難民の命を救った彼の実話をもとにした映画です。

ヒューマンドラマが主軸となっているので、残虐なシーンはほとんどありません。

74位:LION/ライオン 25年目のただいま

インドで5歳にして家族と生き別れたサルーが、25年後、再び家族を見つけるまでの実話。

途上国の幼い迷子たちの境遇と、最後の家族と再会できたハッピーエンドに、涙と鼻水がとまりません。

奇跡は、深い愛情があって起こる。そんなことを考えたくなる映画です。

73位:バルフィ!人生に唄えば

青年と2人の女性とのラブロマンス。

主人公は耳が聞こえず貧乏で家族がいない前向きな青年で、その青年と恋に落ちるのは、自閉症の令嬢と、裕福な美女。

どんな人でも恋愛をすることは尊いし、障害があろうと恋のライバルになる平等さをさりげなく入れているところも好感が持てます。

愛の形は様々だけど、気持ちに素直な恋を選ぶのが一番幸せなんだろうと思える内容。

人生の最大のリスクとは、リスクを避けること

72位:AKIRA

鬼才・大友克洋の指揮でアニメ化したサイバーパンク作品の金字塔。

アクションシーンは迫力があり、独特な音楽は全部すばらしく、近未来ストーリーはおもしろく、刺激的で、芸術的に思えるようなアニメーションです。

いつみても、何度みても「COOL!!」という感想しかでてきません。

71位:Into the Wild

恵まれた環境で育った青年が、すべて捨て、放浪の末、アラスカで消息を経った実話をもとにした映画。

ミニマリストをつきつめたら、サバイバリストになるのではないでしょうか?

物質的社会を捨て、アラスカで自然と共に生きた主人公クリスも、極めたミニマリストかもしれません。

そんな究極のミニマリストであるクリスが、最期に気づいた「幸せ」とは・・・?

幸せを感じられるのは、それを誰かと分ちあったとき。
Happiness only real when shared. -Into The Wild

70位:グラントリノ

渋い大人の生き様&死に様の中に、厳しい現実が混ざった、生と死がテーマの映画。

高齢化社会、戦争とその後のトラウマ、人種差別、宗教、あらゆる内容がつめ込まれています。

理想的な最期に、渋い男のロマンを感じます。

69位:さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき)

少年時代から京劇養成所で厳しい訓練を受けながらも、したいあって成長した2人の役者と高級娼婦の愛と憎しみの三角関係のドラマ。

日中戦争、第2次世界大戦、共産党政権樹立、文化大革命と中国動乱の時代の中、愛に舞台に生きる人の悲恋を描く壮大な映画です。

中国の歴史に翻弄されて生きた京劇俳優の悲劇な人生に、せつなくなります。

68位:スタンドバイミ―

4人の少年が旅をしながら成長していくロードムービー。

小さな町で青春をともにした友情を描いた名作。

大人になってからみると、自らの思い出にかさねながら昔をなつかしみ、あの時の友達とあの時みたいに遊びたくなってきます。

67位:ビルマの竪琴

僧侶となりビルマに残る決意をする水島と水島を待つ小隊とのドラマ。

テーマは戦争と平和。 音楽を使って崇高な人間愛を描いています。

戦後11年後に撮られた映画なので、関係者は戦争体験者がほとんどなはずです。

それが物語をよりリアルなものに感じさせているかのような映画。

66位:ロッキー

落ちぶれたボクサーが、再起をかけて戦いに挑む王道ストーリーで、勇気、希望がわいてくる映画です。

だれもが耳にしているだろうロッキーのテーマ曲はあまりにも有名で、がんばりたい時のBGMに最適。

65位:蜘蛛の巣城

シェイクスピアの戯曲『マクベス』を日本の戦国時代に置き換えた作品。ーWikipedia

作品の構成、人物の表情・動き、撮影技法には能の様式美を取り入れているようです。

実際に三船敏郎めがけて矢を射ったラストシーンは、圧巻。

64位:となりのトトロ


田舎へ引っ越してきたサツキ・メイ姉妹と、子どもの時にしか会えないと言われる不思議な生き物、トトロとの交流ファンタジーアニメーション。

子どものころから何度もみましたが、大人になってからでも変わらず好きです。

トトロと会えるくらい純粋な気持ちを忘れず年を重ねていけたらいいなと思います。

63位:ミルカ

1960年ローマ五輪に出場した陸上選手インド代表、ミルカ・シンの半生を描いた感動作。

ただのアスリートのサクセスストーリーではありません。

  • 政治的問題:インドとパキスタンとの国土分断の混乱
  • 過去のトラウマ:祖国分断、家族虐殺、難民生活
  • 過酷なアスリート生活

が含まれています。

想像を絶する苦悩と、それに立ち向かっていくミルカの姿は、涙なしにみられません。

62位:バーフバリ


インドの本気がつまったボリウッドのアクション大作。

真面目で壮大な物語なのだけど、テンションが高く、大げさ。

真剣なのに笑いを誘うところがボリウッドらしく、ハマった人も多かったはず。

勢いと熱がすごくて中毒性があるので、一気にバーフバリ2も続けて観てしまうと思います。

61位:ビューティフルマインド

ノーベル経済学賞を受賞した、天才数学者ジョン・ナッシュの半生を描く物語。

ピュアすぎる故、天才と称されるようになり、さらに統合失調症に苦悩するようになった数学者と、それを支える妻。

壮絶な日常はみていてつらいけど、深い愛情が交錯する素晴らしい映画です。

60位:戦場のメリークリスマス

戦争中の日本兵と捕虜の複雑な人間関係が描かれたドラマ。同性愛と戦時下での敵国兵士との友情を描いています。

戦闘シーンが一切登場しない戦争映画であり、すべて男性が出演という異色作の中、デヴィットボーイや坂本龍一のあやしさが光ります。

ラストシーンの音楽が入るタイミングが絶妙。

この曲を弾くためにピアノをならっていたはずが、まったく弾いていないことを思い出しました。

ハラ軍曹らに見られる当時の日本軍による捕虜に対する扱いや、イギリスなどにおける障害者への蔑視行為やパブリックスクール(寄宿制名門校)におけるしごきなど、歴史の闇の部分も容赦なく描いている。ーWikipedia

59位:L.A. コンフィデンシャル

L.A.で発生した殺人事件をきっかけにギャングたちの企みが浮かび上がり、絡み合う事件の中で真実が明らかになっていくサスペンスアクション。

テンポがよく、先の読めない展開で目が離せません。

私にとっては、大好きなラッセルクロウとケビンスペイシーがでているので、それだけで高評価なのですが、他の俳優が演じても楽しめる評価の高い作品です。

58位:アメリカンビューティー

平凡な核家族が崩壊する過程で、現代アメリカ社会の抱える闇を時にコミカルに描き出す。ーWikipedia

ストーリーはかんたんに言えば「父親でもあるロリコン中年男性の孤独とときめき」でしょうか。

アメリカの中流家庭の崩壊を描いた映画に「アメリカの美」という題名をつけることで、アメリカ社会に対する強烈な皮肉を利かせていること、

赤いバラを「豊かな家庭の象徴」「官能の象徴」として節々に使っているところなど、

色んな意味でおもしろいのです。

57位:盲獣

この話は、江戸川乱歩の小説『盲獣』をもとにしています。

触覚の世界を見出し、芸術作品を作っている全盲である男性と、その世界に閉じ込められた女性の奇妙な愛。

緑魔子の魔性感がこの世界観に完全にマッチしています。

狂気的な人と2人の不思議な関係に目が離せません。

私が20代前半のころ、官能的かつ耽美な作品を撮る、増村保造監督映画にはまるきっかけとなったのが本作。

56位:ペイフォワード

もし自分の手で世界を変えたいと思ったら、何をしますか?

この映画は、この課題に対して「ペイ・フォワード」を提案し、実行した少年の話です。

「ペイフォワード」とは、自分が受けた善意や思いやりを、その相手に返すのではなく、別の3人に渡すという恩おくりのこと。

主人公の少年は、恩おくりをしてみてもうまくはいかないと落ち込んでいたけど、それは静かに波紋のように広がり、大きな感謝となって戻った最後は、何度みても涙なしでみれません。

55位:エイリアン

宇宙船という閉鎖空間の中で、異星人(エイリアン)におそわれる恐怖を描いたSFホラ―映画。

臨場感と緊迫感があっておそろしい。

緊張感が半端ないですが、ついみてしまいます。

54位:バックトゥザフューチャー

タイムマシンで過去に戻るSFアドベンチャー映画。

痛快で誰でもいつみても楽しめる娯楽映画。

1980年代に大ヒットしましたが、今でも楽しめます。

53位:ニューシネマパラダイス

中年男性が、映画に魅せられた少年時代の出来事と青年時代の恋愛を回想する物語。感傷と郷愁、映画への愛情が描かれた作品である。ーWikipedia

映画に人生をささげた監督の回帰録のようですが、映画愛にあふれたあたたかく、せつない物語。

じわじわと心にしみる、人気の高い高評価映画です。

52位:インディージョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》

考古学者・インディとナチスの伝説のアーク≪聖櫃≫争奪劇。

スティーブン・スピルバーグとジョージ・ルーカスが共同制作&ハリソンフォード出演のアクションアドベンチャー映画第一作目。

冒険映画の定番ですね。

スリルがあるけど、過激すぎないので誰とでも安心してみれます。

51位:ライオンキング

壮大な自然を舞台にライオンを通して、生命のサイクルを描く物語。

小さな子が成長して大きくなっていく姿に勇気をもらえる王道ストーリーとわかっていながらも、感動します。

音楽も最高。

50位:火垂るの墓

戦争前後で孤児になった14歳の兄と4歳の妹が必死で生き抜こうとする物語。

儚く消えた2つの命を、蛍と重ねて表現しています。

何度みても悲しくて、やるせないですね。

49位:最強のふたり

全身麻痺となって車椅子生活を送るお金持ちと、その介護役になったスラム出身の青年の絆の実話をもとに描かれた映画。

同情もなく、対等に人と向き合う純粋さは、より敏感な人の心に響き、その青年の純粋さが、生きる希望を作り、生み出していった事実に感動。

残るのは心のつながりであり、それが生きている喜びで、人とのかかわりや絆を1番大切にしたいと気づかせてくれる作品。

48位:人間の條件

主人公の梶を通して戦争における人間性を描いた1部~6部まである超大作。

原作は五味川純平の小説『人間の條件』

戦争の悲惨と道徳の極地という内容は終始重々しく、戦争の不条理をたっぷりと感じられる反戦映画です。

めちゃくちゃ長いので、気合が必要です。

47位:地獄の黙示録

1960年代末のベトナムが舞台となって繰り広げられる狂気と正気がテーマの大作。

戦争を題材にしていますが、もっと内面を描いている衝撃的な映画。

コッポラ監督の代表作は、ゴッドファーザーと思われますが、地獄の黙示録も名作です。

46位:羊たちの沈黙

連続殺人事件を追う女性FBI訓練生と、彼女にアドバイスを与える猟奇殺人犯で元精神科医との奇妙な交流を描く。ーWikipedia

サイコ、スリル、サスペンスの人気作。

緊張感があって、じわじわとこわいのに目が離せません。

次作のハンニバルもかなりの評判。

まだみていないので、こわいものみたさで近々見ようと思います。 でもこわい…。

45位:プライベートライアン

第二次世界大戦のノルマンディー上陸作戦が舞台で、1人の兵士の救出に向かう兵隊たちのストーリー。

冒頭からすさまじい戦争の残酷さをうつしていて、臨場感がすごく、手に汗握ります。

リアリティーと、人間の心をうつしたストーリー、戦争映画の最高傑作とも言われて当然の映画です。

戦争映画の大作、名作、傑作と言ったら必ず出てきます。

44位:ライフイズビューティフル

ナチス収容所におくられた男性の絶望と希望を愛を描いた作品。

絶望的な状況下の中、笑顔と希望を捨てず、家族を守ろうとする父親が守り切ったのは、愛する我が子の命、純粋さ、笑顔。

感動傑作といえば、だいたいこの作品がでてくるくらい人気が高いです。

43位:マトリックス

現実世界が、実は仮想現実であることを知らされた天才ハッカーのネオが、人類が養殖されている現実世界で、人工知能との戦いに巻き込まれていく話。

SF中に、哲学や信仰というテーマも含まれるので、少しむずかしいですが、深みのある映画です。

映像革命として話題となりました。音楽もかっこいい。

42位:ただ君だけ


心を閉ざした元ボクサーと目の見えない女性のラブストーリー。

相手の幸せのためだけに全てを捧げ、そのために恐怖も凌駕する姿は美しく切ない。

皆が求めているのは、スペックや見た目ではなく、この映画の2人のように心で求め合う恋愛ではないのでしょうか。

2人の姿に心洗われながらも、物語のラストに感動が待っています。

毎回、嗚咽しながらみています。

41位:夢

「こんな夢を見た」という書き出しで始まる全8話が入っているオムニバス映画。

自然をうやまい、今の文明に警鐘をならすような内容。

美しい壮観や、演出やおどり、衣装の華やかさがあり、芸術的です。

40位:イルマーレ


時を超えて手紙の交換をする男女の交流をえがく映画。

キアヌリーブスとサンドラブロック主演の洋画版(韓国版リメイク)もありますが、少しみただけで強い感動を受けた、韓国版が好きです。

当時失恋したてだった私には、この一言がグッときました。

誰かを愛して誰かを失った人は、何も失っていない人よりも美しい

ーイルマーレ

39位:グレイテストショーマン

19世紀に活躍した興行師、P・T・バーナムの成功を描くミュージカル映画。

日陰でさげすまされた人たちが堂々と自信と自尊心、そして生を取り戻して輝いていく姿に勇気をもらい、

身分、差別、偏見、常識を壊し、居場所や喜びを作り出すクリエイティブな人生に希望を持ち、

ファンタジーなミュージカルを観て、感動します。

華やかな衣装、構成、音楽、演出、ダンスで作り出される空間(ミュージカル)だけで心が震えます。

そして、最後にでたこの言葉。

最も崇高な芸術とは、人を幸せにすることだ

ー P・T・バーナム

38位:インセプション

みおわったあと謎が残るSFアクション。

夢だと思ったら現実で、現実だと思ったら夢で…のループ。最後の解釈が人それぞれでおもしろい。

同じ人でもみるたびに解釈が変わることもある、何度も楽しめる映画。

37位:ファイトクラブ

支配と自由がテーマの「ファイト・クラブ」は、消費社会の洗脳と、物の奴隷化から脱出するためにもがく映画です。

この映画の主人公のように、必要でもない物を買うために働き、消耗することへの違和感を感じる人は多いのではないでしょうか?

主人公は「ムダな品物に囲まれた生活を捨てたい」とその生活を捨てて、理想の自分を生きるようになっていきますが、衝撃のラストが待っています。

うなる言葉のパレードです。

「お前は”物”に支配されている」

「我々はライフスタイルに仕える奴隷。要りもしない車や服を買わされている」

「いつか必ず死ぬって事を恐れず心にたたき込め!すべてを失って真の自由を得る」

36位:影武者

実在の戦国武将にまつわるエピソードを取り上げたスペクタクル巨編で、戦国時代に小泥棒が武田信玄の影武者として生きる運命を背負わされた悲喜劇を描く。 -Wikipedia

狂気と虚無がまじった時代劇。

影武者があっけなく川に流される名シーンは、影武者の悲哀感があふれています。

35位:赤い天使

日中戦争さなかの野戦病院が舞台にした、看護師にフォーカスして描かれている戦争映画。

戦争でたたかっているのは、兵士だけではないし、たたかう相手は敵国だけではない悲惨な状態が伝わります。

野戦病院という極限状態の中では、人間の生と性の執着が浮き彫りになり、それを向き合う白衣の天使の葛藤が美しくもせつない。

増村保造監督と女優若尾文子というタッグは、小津安二郎監督と笠智衆&原節子、黒澤明監督と三船敏郎&志村喬くらい間違いありません。

34位:アジョシ


心に闇を抱えながら生きる男と、彼と心を通わせる少女のドラマ。

私には韓国版『レオン』にしかみえません。

ウォンビンのかっこよさに失神寸前になり、それだけで満点の映画です。

33位:タイタニック

1912年に起きた英国客船タイタニック号沈没事故をもとに、貧しい青年と上流階級の娘の恋愛を描いたラブロマンス大作。

主人公の2人の最期は言わずもがなですが、演奏グループの人たち、船長さん、老夫婦…

タイタニック号に乗っていたあらゆる人の最期のドラマにも涙腺崩壊します。

32位:南極物語


南極の厳しい自然を生き抜いたタロ&ジロの実話をもとにしたヒット作。

キャッチコピーは、『どうして見捨てたのですか なぜ犬たちを連れて帰ってくれなかったのですか』。

おいていかれた犬たちの極寒の南極をかけぬける生命力の強さ、見捨てた人間への変わらぬ忠誠心に涙がとまりません。

壮大な南極映像に合う音楽も美しく、感動を誘います。

撮影期間3年を要した大作。

31位:シンドラーのリスト

第二次世界大戦時にドイツによるユダヤ人の組織的大量虐殺(ホロコースト)が東欧のドイツ占領地で進む中、ドイツ人実業家オスカー・シンドラーが1100人以上ものポーランド系ユダヤ人を自身が経営する軍需工場に必要な生産力だという名目で絶滅収容所送りを阻止し、その命を救った実話を描く。ーWikipedia

ユダヤ人大虐殺を題材とした映画の代表作といえば『シンドラーのリスト』

実話をもとにしているということだけでなく、ドキュメンタリー風に撮られているように見えるので、リアルです。

  • 死と隣り合わせにいる不安
  • 死の拒否権もなく恐怖の中にいる絶望感
  • 1人隠れる子どもの孤独感
  • 愛する人を守る必死感
  • 大量の死体を機械的に焼いている場所での発狂
  • 人が無残に殺されていく無念さ
  • 希望をつくっても、救われない命があることへの後悔

戦争で感じるあらゆる緊張感、緊迫感、悲しさ、やるせなさ、こわさ、人を狂わせる何かが伝わってきて、映画だと思えないくらいです。

戦争は人の悪さを引き出し、たくさんの憎しみを生みます。でも、許すことをしないと憎しみや争いは連鎖してしまう。本当につよいのは、それでも許すことができる人。

そんなことを考えながら、重さを感じながらみた3時間の大作。

虐殺されていた収容所にいたユダヤ人に希望をつくり、ユダヤ人の未来を救ったシンドラー。

生き残ったユダヤの人の子孫が増えていたラストシーンは、救った命は果てしなく大きいと感じられ、涙します。

一つの命を救う者が世界を救う

30位:パルプフィクション

おおまかなストーリーとしてはひとつのギャングの話となっており、その中にいる人間の短編ストーリーとなっているが、時間的な順序とは異なった流れで構成されている。ーWikipedia

3つの犯罪ドラマがかさなって、全体で1つの円を描くようなユニークな構成。

テンポよく軽快にすすみ、衝撃のクライマックスが待っています。

他に類をみないおもしろさのある映画。

29位:秋刀魚の味

妻に先立たれた初老の父親と婚期を迎えた娘との関わりを、娘を嫁がせた父親の「老い」と「孤独」というテーマと共に描かれている。ーWikipedia

父と娘の関係や娘の結婚問題を主なテーマにした物語。

娘の幸せを願う父親の心と、いつまでもそばにいてほしい心情が伝わる深みのある映画。

妻に先立たれた父親の孤独感がひしひしと伝わります。

小津安二郎監督の遺作。

28位:アラジン


お城から抜け出した、好奇心旺盛のジャスミンと貧しい青年アラジン出会うところからはじまるファンタジーロマンス。

アラジンが手に入れたランプからあらわれた魔人ジーニーが、3つの願いを叶えるというストーリーです。

音楽はロマンチックで、夢があるし、かっこよくて元気なアラジン、負けん気が強くて心も外見も美しいジャスミン、かわいいお父さん、おもしろいジーニー、それぞれのキャラも最高。

最も好きなディズニーアニメ。

27位:スラムドッグミリオネア

「トレインスポッティング」のダニー・ボイル監督作ですが、長い、ダンスが入る、インドが舞台、コミカルと言う点でインド映画風につくられています。

ムンバイのスラム育ちの主人公が億万長者になっていくサクセスストーリー+ラブロマンスという内容。

その中で、混とんとしたインドを疾走し、懸命に生きた主人公の背景が映し出されます。

26位:幸せのちから

アメリカの実業家、クリスガードナーの実話をもとにしたサクセスストーリー。

家賃も払えないくらいの生活、妻との別れ、過酷な現実の中、愛する息子のためにたたかうクリスが、その努力で奇跡をつくっていく話。

自分には何もない、頼る人もいない、しなければいけないことがある、時間がない、環境がない…いろんな言い訳があります。

どん底にありながらも、それを変えようと努力をやめず、愛を持って懸命に生きるクリスの姿は、そんな言い訳を吹き飛ばしてくれます。

25位:アバウトタイム

過去にタイムトラベル出来る主人公を通した愛に溢れた家族と、親子愛、そしてその日常の幸せについての物語。

タイムトラベルの力を使って、普通の日を二度繰り返して過ごしていた主人公が気づいたのは、 最悪な出来事も、運が悪いと思える日でも、退屈な日でも、どんな日でも素晴らしい日だということ。

この映画をみると、退屈だと感じる日々、変わらない日常に嫌気がさす日、周りだけ幸せに見えた時、そんな時にみると、そんな日が愛おしくなります。

何気ない日が素晴らしい日だと気づけ、過去でも未来でもなく、今を生きたくなるのです。

24位:天空の城ラピュタ

空中の浮島・ラピュタ帝国に秘められた財宝の謎をめぐって、パズーとシータが活躍する冒険ファンタジー。

言わずと知れたジブリの名作アニメーションですが、日本人でみたことがない方っているのでしょうか?

世界観が完璧で、入り込みますよね。

23位:グッドウィルハンティング

天才的な頭脳を持ちながらも幼い頃に負ったトラウマから逃れられない1人の青年と、最愛の妻に先立たれて失意を感じている心理学者との心の交流を描いたヒューマンドラマ。

心理学者との出会いで成長する青年が軸となってすすんでいく青春映画です。

主演のマット・デイモンが、ハーバード大学在学中に授業のために執筆した脚本が映画化されたもので、マット・デイモンの代表作。

22位:赤ひげ

山本周五郎の小説の映画化。江戸時代、貧しい町人のための医療施設。小石川養生所を舞台に、上昇志向の強いエリート医が成長する姿を描く人間ドラマ。 -Amazon

新米医師(加山雄三)がベテラン医師(三船敏郎)の背を見て、成長していく話。

黒澤明監督と俳優三船敏郎という最高の2人がタッグを組んだ最後の作品。

3時間と長編ですが、まったく退屈しません。

21位:晩春

小津安二郎監督映画の定番、結婚をめぐる家族の物語を描いた最初の作品。

日常のほんのりしたしあわせと、結婚によって家族(父子)がはなれるせつなさが伝わります。

親子愛という日常のテーマなので、感情移入しやすく、しっとりと味わい深くみられる映画です。

小津監督が、女優原節子と初めてコンビを組んだ作品。

昭和の映画監督の巨匠のひとりである小津安二郎監督がとった作品のなかで、IMBdでは一番評価が高く、英国映画協会(BFI)選定の2012年版「批評家が選ぶ史上最高の映画トップ50」でも15位にもなっています。

普通の生活を普通にうつし、心に響かせる映画は、小津安二郎監督作品の特徴。

小津安二郎監督映画は静的で、同じ頃の巨匠、黒澤明監督と作品と対極的ですね。

20位:用心棒

ふてぶてしい態度の三船敏郎の演じる浪人が悪党を倒していくこの作品は、海外でリメイクされるなど、注目を集めた人気作。

ユーモアを交えながら大胆なアクション時代劇。

リアル劇画的な濃さのある三船敏郎、仲代達也と、脇役もすべて独特なキャラで、味を出しています。

『荒野の用心棒』は本作のリメイクで、主演のクリントイーストウッドを有名にした映画。

19位:羅生門

羅生門の下に佇んでいる下人が死体から髪を抜き取っている老婆と出会う、芥川龍之介の『羅生門』をもとに制作したもの。

場面は少ないのに、一切のムダがなく、役者の演技も光ります。

退屈になりそうなシーンでも、ドラマがあり、迫力もあり、緊張感と緊迫感が感じられます。

18位:ブラザーフッド


朝鮮戦争を舞台に、戦争の悲惨さと兄弟愛を描いた内容。

戦争映画の金字塔ともいえるプライベートライアンに負けない大作です。

韓国トップ俳優のウォンビン、チャンドンゴンが演じる兄弟愛にうつくしさを感じるのは束の間、鬼気迫った演技と場面に、それどころじゃなくなります。

守りたい愛する人のために、人は善人にも悪人にもなれるもので、それが戦争という厳しい現実で、それが表面化してきます。

世の中の悪人といわれる人は、守りたい人や愛のためにたたかっているだけなのかもしれないし、愛する人を守るためだったら、自分がその状況になったとしたら、悪にでもなれるかもしれません。

戦争は戦争が悪いのであって、誰が悪いわけでもないのだと思います。

だから愛を憎しみに変え、悪人にと呼ばれる人たちを増やしてしまう戦争は映画の中だけで充分。

仲のいい兄弟、家族の何気ない日常から、震えるくらい悲惨さが伝わる戦場シーン、愛が憎しみに変わる時、憎しみが愛に戻る瞬間と続くストーリーは、緊張感があり、特に最後の15分は号泣。

17位:きみに読む物語


生涯にわたり彼女を愛し尽くす純愛ラブストーリー。

最も好きな恋愛映画と言われたら『きみに読む物語』とこたえます。

自分より大切にしたい人がいて、そんな愛する人と心通わせ、求めあうような恋愛が理想ですが、誰もがそう思うのではないでしょうか?

それは、見た目や、学歴や、お金の有無で選んでつかめるものなのでしょうか? 頭で考えて得られるものなのでしょうか?

頭でしか恋愛できなくなっている自分をリセットできます。

16位:ゴッドファーザー


アメリカに生きるイタリア人移民と、その子孫のイタリア系アメリカ人一族の、栄光と悲劇を描くマフィア映画。

舞台は第二次世界大戦が終わった1945年からはじまり、親子2代にわたって繰り広げられる愛憎劇。

マーロンブランドもアルパチーノも最高にかっこいいので、このシリーズのどの作品がいいか選べません。

ちなみに世界映画ランキングのIMBdのトップレート映画250の2位と3位は『ゴッドファーザーⅠ』と『ゴッドファーザーⅡ』で、どちらも評価が高いです。

15位:私の頭の中の消しゴム

彼女のアルツハイマー病を受け止め、支えつくす純愛ラブストーリー。

肉体的な死よりも精神的な死が先にくることがつらすぎて、2人の関係が美しくて、涙で前が見えなくなります。

キャッチコピー「死より切ない別れがある」 そのままの映画です。

日本で公開された韓国映画史上第1位の興行収入となった作品(興行通信社調べ)

14位:風の谷のナウシカ

戦争による科学文明の崩壊後、異形の生態系に覆われた終末世界を舞台に、人と自然の歩むべき道を求める少女ナウシカの姿を年代記の形で描く。―

生態系をこわしながら、便利さと欲を求め続ける世界に、警鐘をならしているかのようなストーリー。

生まれてはじめてみたジブリ作品で、個人的には1番好きなジブリ映画。

2019年、歌舞伎化決定したそうです。みたい!!!

13位:ショーシャンクの空に

絶望の中、希望を捨てず、ひたすら懸命に生きた受刑者の話。

どんな逆境でも希望を持って真摯に向き合い、懸命に生きていこうと勇気をもらえます。

今ある状況がつらくても、前を見て、希望を信じて、努力し続ける姿勢、その姿に勇気をもらい、その結果、勝ち得た自由に感動。

IMDbの映画ランキング250でトップに輝いている(2019年1月現在)超人気名作です。

12位:乱

シェイクスピアの四大悲劇の一つ「リア王」の舞台を戦国時代の日本に移し、裏切りと憎しみの中で殺しあう絶望的な人間の姿を、激しく、そして美しい映像で描ききった傑作。

黒澤監督が最後にとった時代劇映画。

衝撃のラストが立ち直れないくらい後をひき、強烈な印象を残します。

主役の仲代達也の狂った演技や、呆けている表情…、悲しみや虚無感をあらわす絶妙な空気感が伝わってきて鳥肌もの。

仲代達矢、寺尾聰、根津甚八、隆大介、原田美枝子、宮崎美子、井川比佐志、ピーター、植木等と、出演者も豪華!

一言でいったら「凄まじい」です。

11位:生きる

真面目で退屈な日常を過ごす主人公が、余命宣告され生き生きと変わっていく姿を描いた名作、傑作、感動作!

目が覚めて生まれ変わった瞬間の『ハッピーバースデー』が流れるシーンでは、何気ない日常の中に自然に起こった大きな変化をはっきりと感じられます。

「よりよく生きる」がテーマで、生き方に迷ったとき、退屈を感じているとき、落ち込んでいる時、何度でもみたい映画。

時代劇もの以外の黒澤映画で1番好きな作品。

10位:東京物語

上京した年老いた両親とその家族たちの姿を通して、家族の絆、夫婦と子供、老いと死、人間の一生、それらを冷徹な視線で描いた作品である。家族という共同体が年を経るとともにバラバラになっていく現実を、独特の落ち着いた雰囲気でつづっている。

Wikipedia

小津安二郎監督×笠智衆と原節子主演というゴールデンタッグ作品。

生活、家族の変化、一生を味わい深く描き、しっとりと深みを感じる映画です。

私が小津安二郎監督作品にはまるきっかけとなったもの。

9位:もののけ姫


宮崎駿監督が、構想16年、制作に3年をかけた大作アニメーション。

室町時代の日本が舞台の神、自然がテーマの話。

壮大ですごみがあり、キャッチコピーの「生きろ」もマッチしています。

8位:千と千尋の神隠し


IMBdの評価が一番高いスタジオジブリのアニメーション。

10歳の千尋とその家族が、迷い込んだ神々の世界から脱出するために奮闘する物語です。

冒険×ファンタジー×ミステリーが混ざった内容もおもしろいですが、キャラクター、場所、印象的な場面も多いですね。

7位:きっと、うまくいく

激しい学歴競争、教育問題に一石を投じた、笑いあり、涙ありの感動傑作。

超難関理系大学の学生生活を舞台にした、悲劇、喜劇、音楽、踊り、ロマンス、格差社会、などてんこ盛りの内容です。

「きっと、うまくいく」を観た後には、辛い局面でもうまくいくと信じるマインドに変わります。

人生のどんなときにも前向きに、歩んでいきたいなら必見。

6位:7人の侍

村人のため野武士と戦う七人の侍の活躍を描いた内容。

黒澤監督の代表作で『荒野の七人』『宇宙の七人』などこの映画を真似た作品も作られるくらい、多くの映画人に影響を与えています。

聞き取りにくいところもありますが、時代劇娯楽映画の中でトップクラス。。

豪快で破天荒な菊千代を演じた三船敏郎は、自分とそっくりだと言っています。

5位:レオン

ニューヨークで孤独に生きる殺し屋のレオンと、家族を殺された隣室に住む少女マチルダの話。

親子ほど年の離れた二人の関係は、親子愛なのか…? 恋愛なのか…?

何だとしても、プラトニックな愛なのは確か。

最後は切なくなりますが、前に進んでいくマチルダに勇気をもらえます。

最高にかわいいボブのナタリーポートマン、渋いジャンレノ、最高にかっこいいゲイリーオールドマンと、オシャレさもある映画。

4位:グラディエーター

剣闘士(グラディエーター)となった英雄が誇りを胸に復讐を誓う、壮大なスペクタクル・ロマン。

古代ローマ帝国が舞台で、ダイナミックな映画です。

映画音楽の巨匠、ハンス・ジマーが本作の作曲を手掛けていて、サントラを聴かずにはいられないくらい音楽が美しい…!

ラッセルクロウが最高に輝いた作品ですね。

3位:ダンガル

女性は家事を覚え、14歳になったら知らない人と結婚するだけの役割を持つ。

そんなジェンダー文化のあるインドの田舎で育った、オリンピックで金メダルをとったレスリング選手の映画。

たたかう敵は、女を下に見る全ての人。
勝利は、少女たちの希望を勝ち取ることと同義。

レスリングシーンは本物の試合見ているくらい緊張感があり、感動するし、深いし、傑作としか言いようがありません。

終わった後は、何かを本気でやりたくなります。

2位:切腹

武家社会の虚飾と武士道の残酷性などの要素をふんだんに取り入れ、かつて日本人が尊重していたサムライ精神へのアンチテーゼがこめられた作品である。
しかし監督の意図とは逆に、外国の映画評はその残酷性を古典的な悲劇美として高評した。 -Wikipedia

武家社会と武士道の残酷さを暴いた異色時代劇。

武士のあり方から、いかにして生きるかを考えさせられる映画です。

人気で高評価のわりに、知らない人がいない隠れ名作。

1位:フォレストガンプ

アメリカの激動する歴史を駆け抜けた、トム・ハンクス演じる青年フォレストの青春を暖かい感動で描いて、アカデミー賞(R)作品賞ほか6部門を独占した映画史に残る名作。

まっすぐに走り続ける、そしてたどり着いた先では、目の前のことに全力で没頭する。

そんな主人公、フォレスト・ガンプをみていると、いつも心があらわれます。

日常が複雑になってしまっているときや、原点にもどりたいときにみると、気持ちも頭もクリアになっていきます。

映画をみるなら、動画配信サービスの無料体験で

ここに紹介した映画は、無料体験できる動画配信サービスのサイトでみることができます。

動画配信サイトは色々あるので、お目当ての映画が課金なしでみれるサイトのみ登録するというのもアリ。

無料期間はだいたい1ヶ月あるし、どのサイトもかなりの動画数なので、無料期間だけでも充分以上楽しむことができます

無料体験後は、サービスは継続しても良いし、無料体験だけで終了することも可能で、一切お金はかかりません。

広告もありませんよ!

U-NEXT

圧倒的に登録作品数が多いのはU-NEXT! なんと登録された作品数は12万本。

見放題作品80,000本+レンタル作品40,000本です。

一部有料のレンタル作品ですが、600円分のU-NEXT内で使えるポイントも無料体験で手に入ります。

さらに、70誌以上の雑誌も読み放題。

「一番本数が多い中から選びたい」なら、U-NEXTがいいと思います

31日間無料なので試さない理由がなく、私も半年以上はいっています。

Amazonプライムのプライムビデオ

Amazonプライムビデオの作品数3万本以下とU-NEXTよにくらべ少なく感じますが、実際使ってみると不足はほぼ感じていません。

私がAmazonプライムビデオを利用しているのは、ビデオ以外の特典が書ききれないくらいお得だから。

動画だけではない総合的なメリットを考えて、Amazonプライムはかなり良いです

Amazonプライムの特典は↓の記事にまとめています。知らないと損!

あわせて読みたい
生活の質をあげるなら、便利でお得なAmazonプライム会員がオススメの理由Amazonプライムって何がお得なの? そもそもAmazonプライムって何? そんなあなたはお得な情報を見逃しているかもしれ...

30日間の無料体験もあります。

Amazonプライムビデオ公式サイト
Amazonプライムビデオの詳細はこちら【30日無料】

Hulu

国内外のドラマや映画に強いHuluは、月額料金も1,000円を切ります。

映画だけじゃなくてドラマもたくさん楽しみたい人は、huluで間違いありません

Netflix

月額800円から利用できるNetflixは、追加課金もなく、月額費のみで完全無料。

一番のメリットは、英語字幕があること。語学の勉強する人は嬉しいのではないでしょうか?

他ではみれないクオリティーの高いオリジナル作品が多いので、それ目当てで登録する価値もあります。

私も家族と一緒に入っているし、多国籍の友達と集まるとだいたいの人がNetflixをみています。

どの配信サイトにも共通して言えるのは、快適でゆたかな生活をかなえてくれるということ。

無料期間も長いし、試す価値はあっても試さない理由がありません。

それぞれにお目当ての作品があったりなかったりするので、私は2019年2月現在、3サイトに登録しています。

動画配信サービス一覧

動画サービス 月額料金(税込) 無料期間 追加料金 本数
Amazonプライムビデオ 400円(月額)

or

3,900円(年額)

 30日間 一部有料 2.7万
hulu 933円 2週間 完全見放題 5万
U-NEXT 1,990円  31日間 一部新作は有料 12万以上
Netflix ベーシック:800円

スタンダード:1,200円

プレミアム:1,800円

30日間  完全見放題 非公表

 

ランキングまとめ

最後におすすめ映画リストをのせておきます。

この記事を書いている間、映画を調べているうちに、まだみれていないおもしろそうな作品をいくつかみつけました。

世の中には価値ある映画がいっぱいあふれているのですね!

Rank Avg
1 フォレストガンプ Forrest Gump 8.9
2 切腹 harakiri 8.8
3 ダンガル Dangal 8.75
4 グラディエーター Gladiator 8.75
5 レオン LEON 8.75
6 7人の侍 Seven Samurai 8.75
7 きっと、うまくいく 3 Idiot 8.7
8 千と千尋の神隠し Spirited Away 8.7
9 もののけ姫 Princess Mononoke 8.65
10 東京物語 Tokyo Story 8.65
11 生きる Ikiru 8.65
12 Ran 8.6
13 ショーシャンクの空に The Shawshank Redemption 8.55
14 風の谷のナウシカ Nausicaa of the Valley of the Wind 8.5
15 私の頭の中の消しゴム A Moment to Remember 8.5
16 ゴッドファーザー The Godfather 8.5
17 きみに読む物語 The Notebook 8.45
18 ブラザーフッド Brotherhood 8.45
19 羅生門 Rashomon 8.4
20 用心棒 Yojimbo / The Bodyguard 8.4
21 晩春 Dad 8.4
22 赤ひげ Red Beard 8.4
23 グッドウィルハンティング Good Will Hunting 8.4
24 天空の城ラピュタ LAPUTA: Castle in the Sky 8.4
25 アバウトアタイム About Time 8.35
26 幸せのちから The Pursuit of Happyness 8.35
27 スラムドッグミリオネア Slumdog Millionaire 8.35
28 アラジン Aladdin 8.35
29 パルプフィクション Pulp Fiction 8.35
30 シンドラーのリスト Schindler’s List 8.35
31 南極物語 ANTARCTICA 8.3
32 タイタニック Titanic 8.3
33 アジョシ The Man From Nowhere 8.3
34 赤い天使 Red Angel 8.3
35 影武者 Kagemusha 8.3
36 ファイトクラブ Fight Club 8.3
37 インセプション Inception 8.3
38 グレイテストショーマン The Greatest Showman 8.25
39 イルマーレ Siworae 8.25
40 Dreams 8.25
41 ただ君だけ Always 8.25
42 マトリックス The Matrix 8.25
43 ライフイズビューティフル Life Is Beautiful 8.2
44 プライベートライアン Saving Private Ryan 8.2
45 羊たちの沈黙 The Silence of the Lambs 8.2
46 地獄の黙示録 Apocalypse Now 8.15
47 人間の條件 The Human Condition 8.15
48 最強のふたり Intouchables 8.15
49 火垂るの墓 Grave of the Fireflies 8.15
50 ライオンキング The Lion King 8.15
51 インディージョーンズ/レイダース 失われたアーク《聖櫃》 Indiana Jones / Raiders of the Lost Ark 8.15
52 ニューシネマパラダイス New Cinema Paradise 8.15
53 バックトゥザフューチャー Back to the Future 8.15
54 エイリアン Alien 8.15
55 ペイフォワード Pay It Forward 8.1
56 盲獣 The Blind Beast 8.1
57 アメリカンビューティー American Beauty 8.1
58 L.A. コンフィデンシャル L.A. CONFIDENTIAL 8.05
59 戦場のメリークリスマス Merry Christmas, Mr. Lawrence 8
60 ビューティフルマインド A Beautiful Mind 8
61 バーフバリ Baahubali 8
62 ミルカ Bhaag Milkha Bhaag 8
63 となりのトトロ My Neighbor Totoro 8
64 蜘蛛の巣城 THRONE OF BLOOD 7.95
65 ロッキー Rocky 7.95
66 ビルマの竪琴 The Burmese Harp 7.95
67 スタンドバイミ― Stand by Me 7.95
68 さらば、わが愛/覇王別姫(はおうべっき) Farewell to My Concubine 7.95
69 グラントリノ Gran Torino 7.95
70 Into the Wild Into the Wild 7.95
71 AKIRA AKIRA 7.95
72 バルフィ!人生に唄えば Barfi! 7.95
73 LION/ライオン 25年目のただいま Lion 7.95
74 ホテルルワンダ Hotel Rwanda 7.95
75 ローマの休日 Roman Holiday 7.95
76 オペラ座の怪人 Phantom of the Opera 7.9
77 インビクタス 負けざる者たち Invictus 7.9
78 菊次郎の夏 Kikujiro 7.9
79 野火 Fires on the Plain 7.9
80 ターミネーター The Terminator 7.9
81 赤線地帯 Red light district 7.9
82 攻殻機動隊 GHOST IN THE SHELL 7.9
83 レナードの朝 Awakenings 7.9
84 Swastika 7.9
85 双生児 GEMINI 7.85
86 秋刀魚の味 An Autumn Afternoon 7.85
87 マダムインニューヨーク English Vinglish 7.85
88 シザーハンズ Edward Scissorhands 7.85
89 E.T. E.T. The Extra-Terrestrial 7.85
90 マイフェアレディ My Fair Lady 7.85
91 刺青 Irezumi 7.8
92 グーニーズ The Goonies 7.8
93 ガタカ Gattaca 7.8
94 紅の豚 Porco Rosso 7.8
95 ラストエンペラー The Last Emperor 7.8
96 八甲田山 Mount Hakkoda 7.75
97 麗しのサブリナ Sabrina 7.75
98 修羅雪姫 lady snowblood 7.75
99 フィフスエレメント The Fifth Element 7.75
100 ティファニーで朝食を Breakfast at Tiffany’s 7.75

この記事を書いている最中、印象しか思い出せない映画を何作品もみなおしました。※1月30日~2月13日までで31本

好きなものについて書く時間は好きを反すうできて楽しいこともしったので、記憶に残すためにも、映画記事を書いていくつもりです。

ちなみに101位以降はTwitterにのせました。

テレビを捨てて、映画をみよう

テレビを手放した頃(10年以上前)から、映画好きに拍車がかかりました。

テレビがないから好きな映画だけに集中できるのです。

映画はいろんな世界をみせてくれて、生活に潤いやインパクトを与えてくれるし、映画をきっかけに興味も増えて勉強にもなるし、価値観も広がって豊かになっていきます。

テレビがつまらないと感じるなら、テレビをやめて映画をみてはどうでしょうか。

たいくつな時間が満足できる時間に変わりますよ。

 

以上、おすすめ映画ランキング100でした。

ツイッターで教えていただいた『Filmarks』というアプリで、観ている映画や観たい映画をチェックし、たまにレビュー&評価をかいています。

私のIDは「minimalclear」です。よければのぞいてみてください。

『Filmarks』をのぞく