ライフハック

合わない人間関係をリセットした後、大切にすべき人とは?

大切にしたい人がいるのに、大切にできないってことありませんか?

私は最近までよくあったことです。

大切にできないどころか、傷つけたり、自分からそういう人から離れていったこともあります。

安心しきって、当たり前になりすぎていたからです。

一方、親しいくない人たちに嫌われないために、一生懸命になり、そこにエネルギーをそそいでいました。

深い関係がない程度の人ならいいとしても、私の場合、意地悪してくる人にまで嫌われないよう、好かれるようにしていたのです。

自分を傷つける人にエネルギーをつかうなんて、ムダです。

ムダどころか、マイナス。

自分の限りあるエネルギーや時間を、大切な人にそそがなかったことも、どうでもいいことで消耗していたことも、反省しています。

とはいえ、反省しても過去の事実を変えることもできません。

だから、今後はそういうことがないようにしていきたいと思っています。

そのためにまずできることは、大切な人、大切にしたい人を自覚すること。

大切な人ほど当たり前に近くにいすぎて、見失ってしまうから、それをちゃんと自覚したいと思ったのです。

なので、今回、大切な人についてまとめてみました。

大切にしたい人の基準についての見える化です。

これに当てはまる人を大切にすることが、しあわせな時間を増やすコツです。

人間関係をリセットした後、大切にすべき人とは?

みそぎ
みそぎ
つき合う人はえらべるし、大切な人がたくさんいるのに、マイナスになるような人に、エネルギーをつかうなんてもったいない

ということで、以前は、はなれるべき人間関係についてまとめました。

あわせて読みたい
【人間関係の断捨離基準】人間関係に疲れ、リセットしたいときに考えたいことたくさんの人と仲良くなりたい、誰にも嫌われたくない、誰からも好かれたい、良い人だと思われたいですよね? その気持ちはよくわかります...

今回は、逆に大切にすべき人について書いていきます。

大切にすべき人 = 大切にしたい人。

基準は、ずっと一緒にいたい人や、好きな人、プラスになる人です。

思い浮かべて、嬉しくなれるような人っていませんか?

そこで浮かんだ人が、大切にすべき人です。

今、パッと浮かばなくても、具体的にこんな人という基準があるので、考えてみてください。

大切にしてくれる人(愛してくれる人)

まず大切にしたい人は、大切にしてくれる人です。

つらいときに、支えてくれた人、苦しい時にそばにいた人は、いますか?

いたとしたら、その人があなたのことを、大切にしてくれている人です。

自分のことを、慈悲深く愛してくれる人を大切にしないで、だれを大事にできるのでしょうか?

少なくとも、苦しい時にそれを笑うような人とは、今すぐに離れてください。

傷に塩をひたすらぬられるだけで、良いことはありません。

帰る場所にいる人

帰りたいと思える場所にいる人も大切な人です。

帰る場所や帰りたい場所は、安心できる場所。

それがなければ、身も心も休まらず人生ハードモードです。

想像してみるとわかりますが、行くあてもなく漂うだけって、きつくないでしょうか。

帰る場所や帰りたい場所があるのなら、それだけで、ものすごくしあわせなこと。

だから、そこにいてくれる人は、大切にすべきです。

信頼できる人

人生はつらいことが避けられず、時にだれかに頼らなくては、生きていけません。

だから、生きるためには信頼できる人が必要です

  • 病気の時、助けを求められる人
  • つらい時、隣にいると安心できる人
  • 一緒にいたら、こわくないと思える人

そんな人が信頼できる人。

今こういう人がいるのなら大事にしてくださいね。

もちろん、その人が困っていたら、そっと助けてあげてください。

Friendship isn’t about who you’ve known the longest.
It’s about who came, stayed by your side, and never left you when you needed someone the most.

友情は付き合いの長さじゃないよ。
友情とは君が本当に誰かを必要としたときに、来てくれて、側にいてくれて、そして君の元を去らなかった人のことなんだ。 -スヌーピー

迷惑をかけないように生きれたらいいけど、それはムリです。

じゃあどうすれば? と思っていた時に、あるインドの教えを知って楽になったので共有します。

他人に迷惑をかけてはいけないと生きるより、人は迷惑をかける生き物なのだから他人のことも許す、助け合って生きる ーインドの教え

しあわせを共有できる人

しあわせを共有できる人も大事にしたい人です。

具体的には、笑顔にしたい人がその人です。

  • その人がしあわせだと、自分も嬉しいし、喜べる人
  • その人が笑っていると、自分も笑顔になる人
  • その人に不幸なことがあったら、何が何でもたすけ出したいと思える人

そんな人っていませんか?

また、自分がしあわせなとき、

  • 自分のしあわせを1番に伝えたい人
  • 自分のしあわせを共有したい人
  • 自分のしあわせを喜んでくれる人

お互いがしあわせにし合える関係なので、笑顔を増やせます。

人生は不幸を最小に、幸福を最大化することでよくしていけます。

だから、笑顔を相乗効果で増やしていけるような人は、自分と同じくらい大切にしてください。

逆に、自分がしあわせなときに嫉妬して壊そうとしてくる人とは、はなれた方がいいです。

あなたを不幸するのが目的の人と、信頼関係を築けますか?

有意義な時間をすごせる

一緒に有意義な時間を過ごせる人も貴重です。

  • 一緒にいるとポジティブになれる人
  • 笑顔になれる人
  • 引越しても会いたい人
  • その人に会いたいから、その土地に行ける人
  • おもしろいイベントやお店をみつけたときに、知らせたい人
  • できるだけ長く、楽しい時間を一緒に過ごしたい人

こうやって思える人たちです。

楽しい時間をなるべく多く過ごしたいから、有意義な時間を共有しあえる人間関係は大事にしたいですね。

まとめ:大切にすべき人とは、プラスになる人

大切にすべき人は、ずっと一緒にいたいくらい好きな人たちです。

そういう人は、あなたの生活をプラスにしてくれるはずなので、大切にすべきです。

【大切にすべき人】

1)大切にしてくれる人(愛してくれる人)

2)帰る場所にいる人

  • 帰りたい場所にいる人
  • 帰る場所にいる人

3)信頼できる人

  • 病気の時、助けを求められる人
  • つらい時、隣にいると安心できる人
  • 一緒にいたら、こわくないと思える人

4)しあわせを共有できる人

  • その人がしあわせだと、自分も嬉しいし、喜べる人
  • その人が笑っていると、自分も笑顔になる人
  • その人に不幸なことがあったら、何が何でもたすけ出したいと思える人
  • 自分のしあわせを1番に伝えたい人
  • 自分のしあわせを共有したい人
  • 自分のしあわせを喜んでくれる人

5)有意義な時間をすごせる人

  • 一緒にいるとポジティブになれる人
  • 一緒にいて笑顔になれる人
  • 引越しても会いたい人
  • その人に会いたいから、その土地に行ける人
  • おもしろいイベントやお店をみつけたときに、知らせたい人
  • できるだけ長く、楽しい時間を一緒に過ごしたい人

思い浮かんだ人は誰ですか?

その思い浮かんだ大切にすべき人は、関係がうすい人ではなく、当たり前に近くにいる人だったかもしれません。

家族、恋人、友達、それ以外かもしれないし、1人だったり100人だったりするかもしれません。

でも、これをみて思い浮かぶ人が1人でもいたら、しあわせだと思います。

だから、その人を尊重しながら、大切にしてください。

自分も大切にすべき人の1人。

そんな大切な自分を傷つける人と一緒にいる必要はありません。

ただ奪っていくだけの人とは、まずはなれてください。

みそぎ
みそぎ
自分を嫌いな人に、嫌われないようにするために労力をつかうの、やめませんか?

エネルギーをそそぐところは、そこではありません。

そこからはなれて、そのエネルギーを、大切にしたい人を笑顔にするためにつかってください。

そうすれば、しあわせな時間も増え、エネルギーもあふれていきます。

みそぎ
みそぎ

大切な人が笑顔になるようなことに労力をつかうって、有意義。しあわせの生産度がたかい!