全持ち物一覧

【2019年】ミニマリスト一人暮らし30代女性の持ち物リスト【キッチン28点】

  • ミニマリスト
  • 30代
  • 女性
  • 1人暮らし
  • 自炊の方が、外食より少し多め

の私の持ち物をまとめました。

今回は、キッチン道具。

キッチンのアイテム数は、28点。

去年はこちら↓ 大雑把なのでアイテム数は少ないです。

あわせて読みたい
ミニマリストのキッチン道具2018
ミニマリストの持ち物【キッチン道具・器具】全22アイテムトランクひとつ生活OLの私が、10年ぶりくらいに一人暮らしを再開して早半年。 全くもっていなかったキッチン道具が揃ったので、全公開...

食器類は5アイテム

焼くだけで美味しい「ニトリ スキレット&鍋敷き」

お肉も野菜も、焼くだけで美味しくなるスキレット。

鍋敷きとセットでもっています。

スキレット料理を極めたいと思ってたけど、あまり使っていません。

ペアで持ってたけど、1つさびたので捨てました。

飲み物が熱くても持てる「ボダム ダブルウォールグラス」×2

1年で3個割ったくらい繊細なボダムのダブルウォールグラスです。

レンジであたためもできるし、あつい飲み物をいれてもグラスはあつくないから持ちやすい。

見た目もクリアで、かたちもきれいなので気に入っています。

割れてもすぐにリピートするくらい好き。

汁物には必須「ニトリ お椀」×2

木製のニトリでかったお椀。

汁物は食べるので持っています。特にこだわりはありません。

主役はコレ「大皿」×2

引っ越し祝いでもらった大皿。

いつも基本はワンプレートご飯なので、このお皿の使用頻度は高め。

大きさもちょうどよく、和柄が渋かわいいので気に入っています。

お店は不明。

作り置きで活躍「Iwaki 耐熱ガラス保存容器」×7

作り置きで使用中のIwakiのガラス製保存容器。

耐熱なのでこれでグラタンも作れるし、クリアでシンプルなので果物やサラダなどのお皿がわりにもなります

大中小7つセットですが、1人暮らしにはちょうどいいくらいです。

道具類は、8アイテム

自炊のために、最低限のキッチン道具は持っています。

何はなくとも「アイリスオーヤマ フライパン」×2

キッチン用品でまず必要だと思う物が「フライパン」と「鍋」

ということで、一人暮らしを再開した2017年秋にセットで買いました。

フライパンは大小2個。

ホーローがレトロでおしゃれ「柳宗理 ケトル」

白湯を飲むので毎日つかうケトル。

ニトリのケトルが汚れてきたので、最近ホーローケトルに変えました。

レトロでかわいい見た目が最高。

キッチンに必須「アイリスオーヤマ 鍋」

フライパン同様必須の鍋は、セットで買いました。

アイリスオーヤマのものです。

取っ手がとれるし、蓋もついているので、冷蔵庫に鍋ごと入れられるのがうれしい。

洗練された「柳宗理 ボウル」

柳宗理のステンレスボウル。

大き目を選びましたが、正解。

サラダやハンバーグ、餃子など大量に作るので重宝しています。

汚れがすぐ落ちるし、曲線が美しい

ステンレス製のザル「柳宗理 パンチングストレーナー」×2

パンチングスレーナー(ザル)も柳宗理のステンレス製。

引き出物のカタログギフトで選んだものです。

このパンチングストレーナーがよかったので、↑のボウルも買いました。

ご飯を美味しく炊く「長谷園 かまどさん」

何か月も待って手に入れた、ご飯炊き用土鍋。

30分くらい(蒸らし時間合わせて)で、びっくりするくらいご飯がおいしく炊けます

土鍋でご飯を炊くと、水加減が適当なせいかいつも失敗していました。

吹きこぼれるか、焦げるかしていたのですが、かまどさんにしてからはそれがありません。

簡単に使えて、常においしい!愛用者が多いのもうなずけます。

私も去年2017年に買ってよかったものに入っています。

あわせて読みたい
快適生活を実現する、30代女性の私が選ぶ2018年買ってよかったもの良い物とは、積極的に試していると出会えます。 逆に物を買いたくない、持ちたくないからと消極的でいると、なかなか出会えません。 ...

白湯を持ち運ぶ「クリーンカンティーン ボトル」

このボトルに会社に白湯を持っていきます。

保温ができるので、ずっとあったかい。

1日経つと冷めますが、会社用なので1日放置することもなく充分。

600mlくらい入ってちょうど良いサイズです。

料理で活躍「計量カップ」

どこで買ったのかも不明な計量カップは、料理をする時に活躍。

わりと使うので、捨てられません。

冷蔵庫に、1アイテム

冷蔵庫に、浄水ポットを入れています。

2Lの浄水ポット「ブリタ アルーナXL」

避難グッズとしても必須な水。

浄水ポット、ウォーターサーバー、Amazonでミネラルウォーター定期購入でまよいましたが、場所を取らないし、ゴミがでないので浄水ポットにしました。

2Lサイズ。

下の扉うらに、1アイテム

下の扉の裏には、包丁が入れてあります。

刃物のまち、関市の「三徳包丁」

ふるさと納税の返礼品で選んだのがこの三徳包丁。

刃物で有名な、岐阜県関市の返礼品です。

切れ味もいいし、ステンレス製でお手入れ簡単だし、包丁はこれ1本でいいですね!

外においてあるのは2アイテム

キッチンの外に置いている物もあります。

すぐに使える「まな板」

プラスチック素材のまな板は、立てて置いています。

適当に買った物で、特に思い入れはありません。

木製に変えたいとずっと思っているので、良い物を見つけたら変えます。

使い捨て「洗剤&スポンジ」

スポンジは使い捨て、1ヶ月以内に変えます

洗剤は純石けん。よく落ちるし、エコだし、手にもやさしい

冬場は石けんがかたくて溶けないので、普通のキッチン洗剤を買いました。

引き出しの中は11アイテム

散らかりがちの引き出しの中には、細々した物を入れています。

意外と必要だった「菜箸」

箸で代用できるかな?と思っていたけど、短かくて不便だったので100均購入。

あって正解でした。

何はなくとも「おたま」

汁物に必須のおたま。

カレーもよくつくるので、なくてはならない物です。

たまに使う「フライ返し」

必須だと思って買ったフライ返し。

たしかにないと困るけど、思ったより使用頻度は高くありません。

料理のレパートリー問題かもしれません。

 

案外活躍「木べら」

フライ返しと木べらがあるけど、木べらの活躍数のが多い。

「はし」×3

新年に変えた箸。

3セット持っています。

スプーン&フォーク&ナイフ(大小)×2

カトラリー類は、

  • スプーン(大)
  • スプーン(小)
  • フォーク(大)
  • フォーク(小)
  • ナイフ

各2個ずつ。

主にショウガとニンニクのために「おろし金」

ニンニク、ショウガはすった方が圧倒的においしいので、 そのために置いています。

キッチンの持ち物まとめ

外食より自炊の方が少し多めの30代1人暮らしOLである私が持っている キッチンアイテムは全部で、28種類

総数は、46個でした。

キッチン
(28)
場所 種類数
引き出し
菜箸 1 1
おたま 1 1
フライ返し 1 1
木べら 1 1
はし 1 2
カトラリー
スプーン&フォーク&ナイフ
5 10
おろし金 1 1
上の棚
スキレット&鍋敷き 1 2
グラス 1 2
お椀 1 2
大皿 1 2
タッパー×7 1 7
水筒 1 1
コンロ下
フライパン 1 2
ケトル 1 1
1 1
ボウル 1 1
ザル 1 2
土鍋 1 1
計量カップ 1 1
冷蔵庫 浄水ポット 1 1
まな板 1 1
スポンジ 1 1
包丁 1 1
合計数 28 46

インスタグラムで、ブログに載せきれない写真をアップしています。

Instagramをフォローする