全持ち物一覧

快適な睡眠時間をつくる、オールシーズン用寝具類すべて公開

ミニマリストとベッド

持っているすべての寝具を出してみたら、オールシーズン用の寝具類全部で8個でした。

シェアハウス暮らしから、去年(2017年)の9月に一人暮らしに戻ったので、寝具類も増えました。

10ヶ月ほど経ち、秋、冬、春と過ごして、寝具類は今の8個が適度なアイテム数だと感じています。今後も買い換えることはあっても、増えることはなさそうです。

すのこベッド(セミダブル)

寝具一式

評判が良いエアリーマットレスと迷った末に選んだのが、すのこベッド(SD)
すのこなのでそこそこ重く、移動させるのも大変。セミダブルなのでコンパクトでもありません。

ですが、じょうぶで風通しが良く、気持ちがいいので選んで良かったと思っています。白くてナチュラルで、無駄がないシンプルな見た目も好き

マットレス

すのこベッド(SD)はマットレスがないので、低反発マットレス8cm(SD)も購入。マットレスについているシーツが取り外しでき、洗濯可能で清潔が保てます。

8cmは厚すぎなくて、重くないのが良い。頑張ったら外に干せるかな?という程度の厚さです。

お布団だと物足りない、でもマットレスは大きすぎる人にちょうど良い厚み

羽毛布団

軽くて暖かい羽毛掛け布団は、真夏以外活躍中。

ホワイトダックダウン90%使用で、レビューも良かったので引っ越しの機会に買いかえました。
シーツが白なので布団にデザインがあると透けてみえてしまいますが、これはデザインなしの無地(白)なのでその心配もなし。

ベッドはセミダブルですが、この羽毛掛け布団はシングルロング。布団ケースがついてきたのも嬉しい。布団は睡眠の質に影響してくるので、買いかえて正解でした。

︎シーツ類

掛ふとんカバーマットレス用ボックスシーツも無印で購入。

麻は、肌に負担もかからないし、夏でもさっぱりしていて気持ちが良い。年中この麻平織シーツを使っています。

たまにコットン素材を使うこともありますが、日本に住んでいる時は無印のこのシーツをリピート買いしています。

︎クッション

クッションは小さめ。枕は昔から使わないので持っていません

とはいえ、最近はクッションが枕になっているのでソファーから持ってきて使うことも。

カバーは、ジムトンプソンのタイシルク製。サラッとしているシルクの質感にはまって、できるだけ色んなものをシルクでそろえたいと思っています。

リネンケット

10年以上前に購入した無印のリネンケット。シャリ感はなく、さらっとして柔らかい。快適さが病み付きで、夏はこれで過ごしています。

今は売っていないようです。へたり感がでてきたけど、もっと活躍してもらいます。

ブランケット

ブランケットは冬用に2枚用意。実家にあった新品を貰いました。

冬は、下に敷く&掛けて暖かい。

薄めなので、春、秋はこれ一枚で使えて、思った以上に便利

湯たんぽ

冬は毎日使う湯たんぽ。熱くなりすぎないし、ゴム製でやわらかいファシーの物です

ケースもたくさん出ているので、洗い替えも用意可。私はフリース素材を持っています。

収納について

布団の収納は場所をとるので悩ましいもの。

今は羽毛布団を買った時についてきた布団ケースに、使っていない寝具類を入れています

ただ、夏は羽毛布団をこのケースに入れるので、他の物を用に別のケースが必要だと考えているところ。(去年は9月に引っ越したので、収納していない)

これ以上寝具類を減らすこともなさそうなので、上手な収納方法を探ります。

こちらもおすすめ