持ち物一覧

ミニマリスト30代OL(女性)の靴の総数は2足【2019年】

ミニマリスト女性の靴の数はいくつくらいでしょうか?

私の今の靴の総数は2足です。

ランニングシューズ、ヒールのない黒のパンプスだけ

2018年の去年は3足。

冬のショートブーツが今よりも多いですが、それも2年履きつぶし、最近さよならしました。

あわせて読みたい
ミニマリストの靴の総数
ミニマリストの靴は3足。靴の数と移動頻度の関係30代OL、日本暮らしの私が今持っている靴は3足。去年は2足、2013年~2015年は1足。 定住するほど靴は増えていきました。 ...

次の冬からはショートブーツなしでもいいかもしれませんが、寒かったらその時に買います。

ということで、私がえらんで持っている、今の靴2足について書きました。

ランニングシューズ『NIKE RUN SWIFT』


ランニングシューズは、ジム用シューズ。内履きです。

ひざをいためたくないので、クッション性がたかいもの。

といってもジムでしかつかわないので、スポーツ用ということ以外は、価格でえらびました。

クッション性があり、軽いので運動に最適で、買って正解でした。

ただのスニーカーを履いていたので、すべったり、足首をひねりそうになったりしていましたが、その心配がなくなったのです。

ジムをやめたとしたら、散歩したり外ランニング用で使う予定。

服装は選ぶかもしれませんが、旅にいくときもこれだとアクティブに動けそうです。

運動するのは、美容より健康のため。

健康を維持し、体力をつけて、楽しいことを楽しめるだけ楽しみたいから、動いています。

「よりよく生きるために、健康をたもち、体力をつけたい」その決意と共にあるのがこのシューズ。大げさ 笑

NIKE WMNS RUN SWIFT

ヒールなしパンプス


もう1足は、シンプルなヒールなしの黒パンプスが定番。

旅のときや海外在住時も、低くて黒いパンプスを履いていることが多いです。

シンプルでヒールも低いので、履きやすく、あわせやすく、歩きやすいのです。

途上国(バングラデシュ)生活中も、オーストラリアに住んでいた頃も、黒パンプス(ヒール低め)をずっとはいていました。

基本このパンプスで、もっとアクティブに動く日に、スニーカーを選ぶという感じです。

もうこのスタイルは10年以上変わっていません。

黒ヒールなしパンプスの万能さあって、2足まで減らすことができているのです。

 

検討中の靴

走れるくらいのスニーカー、黒パンプスが定番ですが、今欲しいと思っている靴が2足あります。

↑の靴が劣化したら買いかえてみようかなと思っている靴。

それが、アディダス ガゼル(スニーカー)と、黒ローファー。

アディダス ガゼル

くすみピンク好きとしては、胸キュンしないわけなかったスニーカー。

カジュアルな日というより、ほぼデニムと合わせたいです。

ストール、コート、スカート、スニーカー…くすみピンク率が高い!

adidas GAZELLE W PINK × WHITE

黒のローファー


使い勝手も良さそうなローファー。↑の画像のような感じです。

今の日本OL生活にもマッチします。

トレンドなこともあって、一度買いかえてみてもいいかなと思っています。

フラットシューズ

旅の時とほぼ同じ靴の数

旅の時にもっていく靴も、基本2足。

スニーカーと低いパンプス、もしくはビーチサンダルです。

移動、引越しが同義語になるにつれ、荷物の総数も旅と日常生活で変わらなくなっていきました。

定住3年目の今は、荷物も少し増えていますが、それでも変わらない持ち物も多いです。

その1つが靴。

そこまで価格が高くない靴を3ヶ月くらいで買いかえています。 スニーカーは頻度が多くないので1年ははいています。

物を減らす時は、シンプル×定番のあわせやすい物をえらびますが、靴の場合も同じ。

万能に使えるベーシックで楽なものを使っています。

その定番は、少しデザインは異なっていても、このベースは変わりません。

あわせて読みたい
ミニマリストの靴の総数
ミニマリストの靴は3足。靴の数と移動頻度の関係30代OL、日本暮らしの私が今持っている靴は3足。去年は2足、2013年~2015年は1足。 定住するほど靴は増えていきました。 ...
こちらもおすすめ