ファッション

ミニマリストの持ち物【ファッション】プントゥのシルクブラ&キャミソール

アンダーウェア―(上)は、気に入るものを探してジプシー中で、どこか満足できないものを着ていました。

そんな時、ようやくみつけたお気に入りが、プントゥのシルクランジェリー。なんとなく試着をしてみて「これいい!」と思ったのがきっかけで、2016年からお気に入りの仲間入りしました。下着のジプシー生活からお別れです。

気持ちよく過ごす時間を増やしたいから、シルクランジェリーを選ぶ

素材がいいものを選ぶようになって思ったのは、肌触りがいいものは幸せ度が増すこと。

それ以来、シルク、リネン、コットン、カシミヤなど気持ちいい素材を日常に積極的に取り入れています。 触れている時間が長いと、気持ちいいと思う時間が増えるから、日常的に使うものこそ素材にこだわっていたいと思っています。 特に肌に直接触れる下着は、その心地よさをダイレクトに感じやすいもの。

だからこそ、日常的に使い、肌に直接触れる下着こそ、気持ちの良い素材を使いたいのです。

シルクについて

シルクとは、カイコの繭から作った繊維で、人間の皮膚と同じタンパク質から構成されていて、人間の肌と相性がいいもの。

軽くて、しなやかでなめらかな光沢と肌触り、丈夫なのが特徴です。吸湿性・通気性・保温性にも優れています。 変色しやすい、虫に食われやすい、日光で黄色くなる、高いのがデメリットですが、そのデメリットよりも、シルクの美しさと気持ちよいメリットが上回ります。

プントゥのシルクランジェリーのメリット

デザインがいい&楽の両方かなえるのがプントゥのシルク下着。 デザインは良くても苦しい下着、軽くて着心地最高だけど可愛くない・・

厳しい目で見るとそんな下着が多い中、プントゥの下着は残念な点がなく、心配な点を華麗にクリア。デザインと着け心地の良さを併せ持つのが特徴です。

具体的なメリットは以下の通り。

メリット① デザインがいい

シルクの光沢が優雅で美しいですが、どこかかわいらしいから、セクシーになりすぎません。紐もリバティと細部まで抜かりないデザイン。

かわいい&美しいをかなえたシルクの下着(特にブラ)って他に知らないです。

キレイ&かわいくて気分も上がるし、勝負下着でもOKだと思います。 デザインよくて着け心地がいいってありそうでなかったもの。それを実現しているので、待ってましたって人ってかなり多いのでは?

メリット② 着心地がよくて楽(ブラ)

シルクなので気持ちがいいのはもちろんですが、ワイヤーなしで締め付けがないので楽!軽くて着け心地最高です。

とった後、下着のあともつかないし、つけているストレスゼロ。

メリット③ チラ見えしない安心感(ブラ)

カップが大きくてパカパカしてしまう小胸さんに朗報!しっかりつつんでくれるので胸がチラリを防げます。安心感のあるブラジャーってありそうで、なかなかないんです。

メリット④ シルク素材

素材がシルクなので見た目が上品できれい。 そして肌触りがいい! 特にキャミソールは自分で撫でてしまうくらい最高。ツルツルサラサラでパートナー受けも良いはずですよ。

メリット⑤ ヘルシー

シルクはあたたかくて冷え防止にもなるし、締め付けないから不快感もなく元気でいられます。

見た目もいやらしくなく、かわいい、美しいだけでなく、ヘルシーな印象があります。 少しくらいブラチラしたところでレースの下着よりもいやらしさがないです。 見せブラに近い感覚。

メリット⑥ サイズ調整自由

肩ひも、胸部分で自分のサイズに合わせて調節可能です。思った以上にジャストフィットします。

メリット⑦ ネット通販でのガッカリがない

同デザイナーのアクセサリー「ルチル」のピアスを買いに行ったときに、気になっていたこのブラのフィッティングしたのですが、そのとき思った以上によいものだなと感じました。そして、その後日常に取り入れるに至りました。

ネット購入でありがちな「思ったよりイマイチ」とはならないと思います。

プントゥのシルクランジェリーのデメリット

どんなものでもデメリットはあるもの。シルクランジェリーも最高ですが、あえてデメリットも記載します。

デメリット① キャミソールが必要

キャミブラだとそれ一枚でベランダにも出れますが、ブラだけ、キャミだけだとそれはできません。私は・・。

プントゥにもブラキャミもありますが、ホールド感はあえてありません。他のキャミブラくらいのホールド力を求めるなら、使いわけする必要があります。

デメリット② つけ方が最初だけわかりにくい(ブラ)

はじめ戸惑ったのがブラの付け方。慣れるとすごく簡単でした。 ジャストフィットさせる場合は、フィッティングに行った方がいいかもしれません。

ネットで買ってもこのつけ方のパンフレットがもらえるはずです。

f:id:clearlist:20171011184132j:plain

デメリット③ 矯正機能はない

開放的で気持ちがいい着け心地が特徴なので、補正下着のような機能はありません。それはそういう下着専門のところで揃えたらいいと思います。

私がフルで(ボディースーツ、ウエストニッパー、ブラ、ガードル等)1年くらい使っていた時がありましたが、ものすごくスタイルが良くなりました。今もあるのか不明ですが、ラピアンズのもの。ただ、すごく締め付けるし、トイレがいちいち10分くらいかかるし、高価な割りに選べるデザインが少ないのが嫌になってやめました。

その数年後、デザインもキレイなブラデリスニューヨーク のブラを購入しましたが、十分育乳できました。育乳を求める時は、ブラデリスニューヨークがおすすめです。

プントゥのこだわり

プントゥのランジェリーの原点は「従来の価値観にとらわれずに、本当に欲しいと思えるランジェリーをつくること」

そして、天然の素材であること。からだをしめつけないこと。身に着けたいデザインであることにこだわり、デザイナー自身が欲しかった下着でもあります。

一日中肌にあたるものだから、リラックスした、はだかに近い感覚を求めて従来の下着製作とは少しちがったデザインをいちから作りました。 軽くてなじみやすいシルクをつかって、信頼のおける工場で丁寧に生産しています。

身につけることで体とこころがふわっとゆるみ、本来の自分に戻るきっかけになればうれしく思います。

HPより

愛用していたコットンのブラキャミ

ずっと愛用していたのは、ユニクロのコットンのブラキャミ。 見た目ヘルシーで、一枚でも着れるし、チラ見えしてもいやらしくもない。 しめつけないしつけ心地がいい。これだけで運動もできる。 丈夫で乾きも悪くないので、海外の長旅にも重宝していました。

使い勝手が良すぎて、普段使いにもってこいでずっと愛用しています。 ですが、かわいくはないし、特にテンションはあがらないのだけがネックだったのです。

勝負下着にももちろんなりません。

それだけがデメリットで、デザイン性の高い下着を常に探していました。

アンダーウェアの定番は、プントゥとハンキーパンキーとユニクロ

ということで、今の下着(上)はプントゥとUNIQLOのブラキャミがメイン。

基本はプントゥ、カジュアルに過ごす時はユニクロ。

ワイヤー入りのキレイな下着もセットでありますが、メーカーモノでちゃんとしているのですが、それでも締め付けが気になってあまり出番がありません。

アンダーショーツは相変わらず毎日同じ色の同じ形のハンキーパンキー。今の最高のお気に入りたちです。

アンダーウエアと女性の楽しみと幸せ

アンダーウェアって直接肌に触れるものだからか、見えないのにそれを変えるだけで気分がぐっと上がります。それに伴って、女性らしさも引き出してくれる感じがします。

見えないけど自分は感じているから、自己満足が自信になり、魅力が増すのではないでしょうか。

ランジェリーってすごく繊細で美しくて、キレイで、可愛いものがたくさんあります。そんな素敵なランジェリーを選んで着られるのって女性の特権。どうせ見られないから「なんでもいい」だともったいないように思います。

誰かのためでもいいですが、自分のために、自分が気持ちよくいられるためにランジェリーにこだわるのもオススメです。気分が上がる下着をつけるだけで、日々幸せだと感じる時間、女性って楽しいと思える時間は、間違いなく増えます

そして、好きなものを着て、毎日気分よく過ごしていたら、素敵なことが起こらないはずもないのです。アンダーウェアの力って侮れません。

しめつけないシルクランジェリー Puntoe|プントゥ

こちらもおすすめ