ファッション

ミニマリストの靴は3足。靴の数と移動頻度の関係

ミニマリストの靴の総数

30代OL、日本暮らしの私が今持っている靴は3足。去年は2足、2013年~2015年は1足
定住するほど靴は増えていきました。

今思えば身軽な時ほど、靴の総数は少なく、移動距離や経験が増え、視野が広がっていました。かさばる靴がないと身軽さが増し、気軽に移動できたから。そして、どこにでも行けるように手軽な靴を選んでいたので、場所も気にせずすすめたからです。

日本に定住していたらその必要もないかもしれませんが、身軽でいた方がいざ目の前にチャンスがきたときに動きやすい
だから、極端に少なくする必要もないけど、不要な靴は手放しています。

2018年夏、今の靴の総数は3足(+1足)

靴は服よりもかさばり、重い物。だから、靴の総数が少ないほど、軽くて動きやすくなり、移動範囲が広がります。
持っている靴が少ないと、選ぶ迷いがなく気軽だし、手軽に履ける靴を選ぶとどこでも躊躇なくいけるようになります。

そう思っている私が今持っている靴は、スニーカー、黒いパンプス、ショートブーツ(秋冬)の3足

これにプラスして、トレンド靴やポイントになりそうな靴をプチプラ購入し、1~2ヶ月楽しんだ後に手放すことも多いです。

ですが、変動が激しいのでいれていません。今は「ピンクのメタリックパンプス」を持っています。だから、今現在は厳密にいうと4足持っています。

去年の夏は、スニーカーとパンプスだけでしたが、2017年(去年)履いていたショートブーツがまだまだきれいな状態だったので、これも増えています。

最低限でそろえるなら「パンプス」「スニーカー」だけ。この2足があれば、問題ありません

靴が減ったきっかけ

途上国暮らしの時、ゆいいつかわいいと思える現地でかえた靴が1つだけありました。

それを毎日履き、3ヶ月くらいで同じ物(色も同じ)を買いかえ、数年繰り返しました。

選んだのは季節関係なく履ける、ヒールなしの「黒いパンプス」(↑の写真に写っている靴)。

この数年を経たあともベースが「黒いパンプス」になりました。

長期旅も「黒いパンプス」と「ビーチサンダル」 だけに。スニーカーすら持っていかなくなりました。

日本に定住してからも、これ1つでどんなスタイルにも合わせやすいので「黒いパンプス」を持っています。

3~4ヶ月で買い替えています。回転率がいいから常に状態が良い物を履いていられます気楽、万能、履きやすいので、飽きることもありません

日本にいるときは、スニーカーは運動やアウトドアに必須なので外せません。リピートして10年弱履いているNikeのエアリフトを愛用中。

減らしたから移動が多くなったではない?

移動が多いからミニマリストになっていたので、減らしたから移動が多くなったわけでもありません

とはいえ、日常で使っていないような物が増えるほど移動が面倒になるのではないでしょうか。チャンスが目の前にきたときに動ける体制ではいられない状態になっていまいます。

チャンスが見つかったときに、さっと動けるようにいるためにも、身軽でいることに損はないはずです。




履いていない靴は「不要」 手放せばいい

無理して減らす必要もないですが、不要なものは手放すべきです。

不要な靴とは?

  • 使ってない
  • 使いたくない
  • サイズが合わない
  • 眠らせているだけ

使っていない、使う機会もない靴は、不要な靴ということ。手放し対象です。

極端に減らす必要はないですが、手放せる靴をみなおしてみる。

そうやって手放していったら、その分身軽になっていけます。

きれいな靴だからと手放せないなら、買取ってもらうのがいいのではないでしょうか。服と合わせてたくさんあるなら宅配が楽ですね!

トレファクスタイル宅配買取