着回しファッション

【ミニマリストの洋服数】オールシーズン14着!必要最小限で着まわすクローゼット

ミニマリスト女性のクローゼットがみてみたい!

そんな声を耳にすることがあったので、私のクローゼットの中に入っている洋服を紹介します。

今持っている洋服数は、オールシーズン合わせて14着

増え過ぎないように、ハンガーで管理しています。

ハンガー数は16本ですが、それを下回っていますね。

ハンガーにかけないものをあわせたら衣類(ファッションアイテム)は39種類、55着ほど。

不足も過剰もなく、今の私が楽しみながら着られる適量を考えたら、これくらいがちょうどいいと思っています。

さっそく紹介していきます。

アウター 3点

四季がはっきりしている日本では、アウターはなくせません。

UNIQLOのウルトラライトダウンは、社内でかぶりすぎて(2人)売ったので今はありません。

コート

コートは去年買った、シンプルなもの。

  • よけいな装飾がないシンプルさ
  • 首元がスッキリするノーカラー
  • 冬でも暗くならない色
  • 明るいけど、大人でもきれるくすんだピンク
  • あたたさと上品な質感があるアンゴラ

すごく気に入っています。

ダウン

0度以下の場所にいくときや、アクティブに過ごす時に活躍するのがダウン。

コートよりもあたたかいのでやめられません。

デニムジャケット

春秋に着るのがデニムジャケット。

デニムの上にはつかえないので、テーラードジャケットか、革のジャケットに買いかえ検討中。

ワンピース 2点

ワンピースは、暑い時用、冬用と2着。

コーディネートを考えなくていいので楽ですね!

フレアワンピ

夏の半袖ワンピース。

軽くてさらさらしていて、しわも気になりにくいので夏に重宝。

今年、手放そうかなと考えています。

ニットワンピ

ニットワンピが着れるのは冬の特権!

かわいくて女性らしいので、気分も上がります。

会社とプライベートの服は基本わけていないですが、これはからだのラインをひろうので、会社には着ていきません。

トップス 5点

トップスはシンプルで着回し抜群な5点。

何度も買いかえるので、その時に色のあるものを買ったりすることもありますが、ベースは同じです。

カシミアニット

冬は大活躍のカシミアニット。

あたたかいし、質感が好きなので、冬は毎日カシミアニットで良いです。

白シャツ

真冬、真夏以外ほぼオールシーズン着られる白シャツ。

シンプルコーデの定番。

あわせやすいし、カジュアルにもなりすぎないので大好きです。

リブニット

秋と春はリブニットが大活躍。

何にでも合わせられるし、色数豊富だし、どこにでも売っていて優秀!

ノースリニット

毎年恒例で買っているのが、ユニクロのノースリーブニット。

すずしいし、胸元は開かないし、何にでもマッチするので、何色も色ち買いしてもムダにはなりません。

Tシャツ

汗をかく夏は、たくさん洗えるTシャツが必須ですね!

デザイン不要です。

今持っているのは、オフィスカジュアルっぽいTシャツなので、今年はベーシックで信用できるHanesを買い替え検討しています。UNIQLOでもいいかな。

スカート 2点

スカートは過ごしやすいし、気分もあがるのでフレアとタイトの2種類持っています。

どちらもひざ下のミモレ丈。

ミモレ丈フレアスカート

一目ぼれして買ったZARAのフレアスカート。

大柄のフラワーデザインが目立つので、トップスはシンプル。

ノースリーブと合わせることが多いです。

ノースリニットと花柄フレアスカートは、夏の休日の定番。

コットンなので、たくさん洗えるのも嬉しい。

3年着たので、今年こそ買いかえ。(毎年にたような物が出ると期待して)

タイトスカート

紫のタイトスカートは、丈が長めで安心感があります。

長くても、前がスリットになっているので、歩きやすいのも◎

夏以外履きます。

ボトムス 2点

ボトムスは2点。 これも定番。

デニム

オールシーズンなくてはならないのがデニム。

定期的に買いかえます。

ジョガーパンツ

ゆったりしていて、ウエストもゴムで楽なユニクロのジョガーパンツ。

楽なのに、オフィスカジュアルなよそおいになるので冬以外は多用しています。

その他 25点

クローゼットにかけている物以外のファッションアイテムがこちら。

  • アクセサリー
  • バッグ
  • 下着やハンカチ、靴下
  • 衣類ケアグッズ
  • パジャマ
  • ジム一式

25点ありますが、ハンガーにかかっていない分なので、省きます。

詳細はここにあります↓

あわせて読みたい
【2019年】ミニマリスト一人暮らし女性の持ち物リスト【ファッションアイテム42点】 30代 1人暮らし 会社員 女性 ミニマリスト そんな私が持っている全ファッションアイテム...

靴とパジャマ以外は、すべてクローゼットの中に入れています。

 

クローゼットの中身 まとめ

最近最小限を持つならどうするか考えたところ、今持っているのとだいたい同じでした。

今の私にとって、このくらいが「不足も、過剰もない快適なクローゼット」なのだと思います。

あたたかい国に住んで、民族衣装しか着ていたなかったころは、必要だから買うだけだったので、とても楽でした。

劣化したときだけ買うのです。

  • 靴は通年同じ(2ヶ月~4ヶ月ごとに買いかえ)
  • ボトムスは、黒のレギンスのみ
  • トップスは4着(劣化したら買う)
  • フォーマル用の民族衣装(サリー)2~4着

毎朝服に迷う時間は1秒もありませんでした。

選択肢があまりなかったし、生きるのに必死(息吸ってるだけで消耗します)だったのでそれどころでもなかったのです。

だから、ファッションを楽しむ優先順位が低く、最低限におさめるなら、これに近くすると思います。

でもこの頃、色々楽しめる先進国暮らしがまぶしく、少しうらやましかったんです。

だから、充分楽しめて不足がない、でも過剰で管理できないこともない今がちょうどいいと思っています。

環境や状況によって、もっと少ない方が満足するならそうするし、多くないと不足を感じるなら増やします。

ムダも欠乏もないのが快適だから。

その状態をつくるために、環境や状況にあわせて順応させていくだけです。

あわせて読みたい
【2019年2月3月】定番化コーディネートにトレンドを!服をレンタルして着まわすミニマリスト最少限のクローゼットで、最大限コーデを楽しみたいので、制服コーデをつくっています。 枚数の変化が大きい時や、シーズンごとにコーディ...