ファッション

【2018夏の制服】ミニマリストOLの1週間着まわしコーディネート(制服化)

コーディネートを季節ごとに制服化しはじめて2年。

制服化とは、決まったコーディネートをを着るということですが、メリットしか感じていないので続いています。

選ぶ迷いがなくなって楽だし、持ち物が把握できているのでムダな買い物も激減。

ということで、2018年夏(6月~9月頃)も、1週間の制服コーディネートを考えました。

2018年夏服の総数

ミニマリストの2018夏アイテム

夏服の洋服数は10着(1枚ストール)。

それに加えて小物系は、シューズ+1、バッグ+2、サングラス、水着があり、合計15アイテムで夏を過ごします

月曜日 日焼け止め不要のオフィスカジュアル

オールシーズン着ているイエナのブラウスは、使いやすくて3年目。

生地は厚すぎないので夏にも着ます。

胸元が開かないし、シワにもなりにくいブラウスなので、仕事用にぴったり。休みの日も着ることができるけど、これはほぼオフィス用になっています。

それに、ユニクロのドレープジョガーパンツを合わせて、完璧なオフィスカジュアルスタイルにしています。

火曜日 さらりと着るひざ丈ワンピースで楽に過ごす

1枚でさらりと着られるワンピースは、涼しいので暑い季節に最適。

休日用でしたが、服装自由の職場なので、平日にも着ています。

これ1枚でしあがるので、コーディネートを考えなくていいのが楽!

水曜日 水曜日の情事日

中だるみしてしまう水曜日、テンションがあがるようなことしたいですね。

ということで、テンションをあげる方法として、テンションが上がる出来事を想定した服を着てみるのはどうでしょう。

例えば、私がしたいのは好きな人とデート。

それを想定して、フレアスカート×ノースリーブトップスにスカーフを巻いて仕事終わりにどこでもいけるようなスタイルにしています。

木曜日 楽チンなオンコーデはユニクロが味方

きれいめな半袖トップスに、UNIQLOのドレープジョガーパンツをあわせたオフィスコーデ。

シンプルでナチュラルでビューティーでベーシック!

飾り気が一切ないOLっぽさがたまりません。

困ったときのモノトーン! モノトーンだと外すこともありません。

金曜日 華金は飲みに行かずにジムに行く

華の金曜日ですが、飲みに行ったり遊びに行かずにジムへ。華金じゃなくて華筋!

ジムの日はカジュアルにデニムをあわせます。

金曜夜のジムは空いているし、気持ちよく汗をかいてぐっすり眠ると、土曜日の午前からがっつり動けますよ!

華筋活動、おすすめ。

土曜日 しっぽり夜のおでかけ

朝はジム、昼は掃除や料理、昼寝でコンディションを整えたら、夜はおでかけ。

女子力高めのきれいめスタイルできめます。

ノースリニットは胸元はあいていないし、スカート丈も長いのでいやらしさがなく、上品を保てるのが良い。

去年も一昨年も、夏はノースリニット×フレアスカート(ミモレ丈)が定番。

日曜日 いけばなの日は花柄スカート

日曜日は習い事「いけばな」の日。

フレアスカートもお気に入り3年目の花柄に。

とことん「花」に囲まれて、エネルギーチャージ。

番外編1 平日楽チンコーデ

キレイめのトップスにデニムをあわせてカジュアルダウン。

シンプルなので、ピアスは大きいものを選びます。

ピアスは友達にオーストラリアのお土産でもらった手作りのもの。

番外編2 オールユニクロ、オールブラックDAY

あえてのオールUNIQLO&オールブラックコーデ。

スカーフが際立って、いい仕事をしています。気に入っている物1つを目立させるスタイル、好きです。

コーディネートの制服化のすすめ

2年くらい、コーディネートの制服化をしていて感じるメリットはたくさん。

  • 毎朝着る服に迷う時間がない
  • 変なコーディネートにならない
  • いつでもお気に入りが着られる
  • 買い物の無駄がない
  • 物が増えない

アイテムや洋服数が増えると制服化が混乱しそうだし、今でも満足できているのでこれ以上増やすこともしません。

自分が納得で着る服だけ着ていられる、1週間コーデの制服化、これからも続けていきます。

Amazon

こちらもおすすめ