着回しファッション

【2019冬服の定番化】ミニマリスト女性の1週間着まわしコーディネート

2019年冬(1〜2月)のコーディネートを考えました。

1週間分決めて、ルーティーンする着回しコーデが定番です。

制服化コーデというもの。

コーディネートを1週間定番にしておくと、

  • 毎朝、服選びが楽
  • 変なコーディネートにならない
  • 毎日お気に入りだけを着られる
  • 服の見直しもできる
  • 着ない服をなくせる

メリットだらけなので、2016年からやっています。

2019年冬(1〜2月)のアイテム数は全部で17点!(バッグ、靴合わせて)

17点だけで真冬を乗り切ります。

さっそく、1週間分のコーディネートをのせていきますね。

30代一人暮らしの私のリアルなファッション記録です。

あったかダウンと鉄板スタイル「ダウン×シャツ×デニム」

ダウンは、今年3年目の愛用品。

あたたくて軽いんです。

ショート丈でも腰は隠れる長さだから安心。

アウターがあたたかいと、トップスはなんでもOKということで、シャツにデニムというオールシーズン鉄板コーデを真冬も…。

トレンドの大きめニットだけど、ざっくりVネックだからスッキリみえる

ユニクロのカシミアのニット(白)から、アップデートしたジャーナルスタンダードのカシミアニットは、厚みがあってあったかい!

View this post on Instagram

セールを狙って、服やケトルをアップデート【買った】合計5点(¥28,000) ・カシミアセーター(ジャーナルスタンダード) ・ウールリバーシブルスカート(Natural Beauty Basic) ・アムケトル(野田琺瑯) ・下着セット×2 【売れた】合計10点(¥2,4000) ・カシミアセーター(UNIQLO) ・ワンピース(アンデミュウ) ・ケトル(ニトリ) 他いろいろと、1週間で7点、メルカリで売りました。 インより、アウトした方が多いです。 今月はすでに短期間でたくさん売れたので、買ったものと不用品を売った金額の差がそんなにありませんでした😊✨ セールを計画的に使ってアップデート、楽しいです。 1月のセールに向け半月くらい前から、なんとなく買い替えたい冬アイテムを考えていました。 ☑︎何を買いかえたいか ☑︎何が必要か を吟味してからセール に行くと無駄買い防止できます。 例えば洋服ならクローゼットの中身を把握してから。 狙いを定めてから行くと後悔がありません。 #シンプルライフ #ミニマリスト #ミニマルライフ #美人 #ミニマルな暮らし #1人暮らし #丁寧な暮らし #丁寧に暮らす #シンプル #シンプルライフ #シンプルな生活 #シンプルな暮らし #シンプルに暮らす #断捨離 #ムダのない生活 #断捨離 #快適に暮らす #快適な暮らし #心地よい暮らし #シンプルな人 #セール #オシャレ #洋服 #ジャーナルスタンダード #買い物 #柳宗理 #買い替え

A post shared by ミニマリストみそぎ (@clearlist16) on

Vの開きが大きめで、デコルテがみえるので、きれいに着れます

定番色ニットは何と合わせてもマッチするので、冬は多用しています。

秋に買ったIラインスカートとも、もちろん相性よし。

シンプルにかわいいコート×ニット×デニム×マフラー

インディゴデニムに、淡いピンクと白を合わせた、女性らしいカジュアルコーデ

あまくなりすぎないカジュアルな格好って、つかいやすいですよね。

クルーネックコートとVネックニットで首元をスッキリ見せていますが、外ではストールを巻くのでしっかり防寒もできています。

定番リブニットと、リバーシブルで楽しめるウールスカート

秋や春に活躍する、ど定番のリブニットを冬にも着ています。

細身で首元が開いたトップスに、台形の膝上スカートを合わせているので、冬服でももたつきがありません。

単色グレーと白、そしてベーシックなスタイルなので、会社でも休日にも着れます。

リバーシブルスカートなので、チェック柄も楽しめる

実はスカートはリバーシブル。グレーの反対はチェック柄になっています。

チェックは、取り入れやすい柄だし、単調なコーデのアクセントになりますね!

寒すぎる日の最強コーデ

ダウンの下にユニクロのウルトラライトダウンを着て、トップスはカシミアニット。

さらに長めのスカートにファルケのコットンタイツ、その上にファルケのウォーキー(ウール靴下)、そしてショートブーツを履きます。

さらに!カイロを貼って、マフラーも巻く。

これが私の防寒最強コーデです。寒すぎると思ったら、これ!

やさしい色と質感で女子力高めのスイートコーデ

チェックのウールスカート、優しいグレーのニット、その上にキレイめコートを合わせたら、やわらかな色とふんわりした質感でまとまりました

おかげで女子力高めのコーデに。

取ってあった袖のファーをつけたら、よりスイートになり、ちょっと私には甘すぎたので、再び取りました。

冬から春に向けては、ウルトラライトダウンとデニムジャケットが活躍

3月頃から、暖かい日も出てくるので、本格的なダウンは封印。

でも、ユニクロのウルトラライトダウンは、春にも強みを発揮します。

アウターのインナーダウンとして着るのです。

まだ寒い春はデニムジャケットの下に着て、ストールを巻いて防寒

中をカシミアニットとウールスカートにしていれば、充分。

冬服を買うときのこだわり

真冬のコーデは以上ですが、最後に冬服の選ぶこだわりをあげておきます。

冬服を選ぶこだわりは3つだけです。

  1. 冬は気分が暗くなりやすいので、意識して暗くならない色を選んでいます
  2. 乾燥して肌がかゆくなるので、素材選びを慎重にしています
  3. 高かったからという基準で手放しづらくならないように、高すぎる物は選びません。(冬物は高くなりがち)

去年2017年の冬は、ファッションレンタル利用で冬を過ごしました。

毎月違うトレンドの洋服が着れて、新鮮でしたよ。

あわせて読みたい
2018冬コーデ
【2018年2月】EDIST CLOSETを使って洋服を持たずにオシャレを楽しむ ミニマリストアラサーOL冬コーデ洋服も最低限でおさえたいけど、オシャレも楽しみたい! そんなジレンマを解消するのが「ファッションレンタルサービス」 所有する...