ファッション

服の断捨離後のリバウンド防止!ワードローブ追加のルール

断捨離が終わってもいらないものを買い続けていたら、またすぐに無駄なモノだらけの生活になってしまいます。

そこで、断捨離と共に、購入(追加)の基準、ルールを決めました。
基準を満たしていないものは買わないことで、リバウンド防止に努めます。

ワードローブ追加基準

持っている服3着と合わせられる

少ないモノで生活するコツは、1つが何役にもなるモノを選ぶこと。

洋服を買う時は、最低でも3コーデ組み合わせられるモノが合格。

結果的に、シンプルな色、形になります。

2シーズン以上着られる

オールシーズン着られるモノがベストですが、なかなかないので最低でも2シーズン着られるモノを選びます。

冬のモノは難しいのでこの限りではありません。

着ていて気分が良い

気に入った服を着ていると、その日一日気分よくいられませんか?

1日1コーデだけしか着られないのに、気に入っていないモノを着ている場合ではないです。

毎日気分よくいたいなら、着ていて気分が上がるものを着ればいいだけ。

着心地がいいもの

静電気が起きにくい、肌触りがいいモノを着ます。

着ていてかゆくなったり、不快だったりする洋服は、着たくても着られなくなってしまうので、素材も注意。

しわになりにくい

アイロン好きの方には関係ないですが、アイロン嫌いな私の場合、シワになるものは面倒で着なくなってしまいます。

なので、しわになりにくい素材をなるべく選びます。

自宅で洗濯可能

繊細な素材、管理に手間がかかるものは買いません。クリーニング屋さんに出すのも面倒に思えるくらいなので・・。

そのためか、持っているものは、洗濯機に入れても耐えられるものがほとんど。

毛玉になりにくい素材

お手入れが簡単なので、なるべく毛玉ができなさそうな素材を選びます

買い物に行ったときに、既に毛玉になっているようなモノは、一回着ただけででてきそうで選びません。

安心の形

胸チラ、腰チラ、ブラ紐チラをしないよう、そういったことを気にしなくて良いデザインを選択します。

どれだけ素敵でも、胸チラ、腰チラ、ブラチラしていたら全て台無しになります。

プラス要素を増やすより、マイナス要素が増えない方が先決。

オールマイティに使えるデザイン

万能に使えるデザインが良いということです。

場所を選ぶデザインは扱いにくいので、シンプルなモノがほとんど。

ベーシックな形と色

複雑なものは合わせにくく、タンスの肥やしになる確率が上がります
ベーシックな色と形を選んでおけば失敗はほとんどありません。

もし失敗しても需要があるので、譲り先が決まりやすい。

ちゃんと着ている

1年以上着てないのは、ずっと着ません。

タンスデブ防止のため、衣類の断捨離期限は決めた方が◎

サイズが合っている

サイズが合ってないのは、着心地が悪く着なくなるのがオチ
着心地も悪いのは着たいとは思いません。

また、サイズがあっていないと、どこか野暮ったく見えます。
良いことはないので、手放すし、買う時は試着がベター。

試着ルール

着ずに処分という悲しいことを防止するために、試着の時にチェックしているのは以下の2点です。

違和感なくフィットしている

デザインが良くても、気に入っていても違和感があったり、着心地が悪かったり、サイズが合わなかったらファッションを楽しむことが半減してしまいます。

なので、妥協せず厳しくチェックが必須です。

靴は店内一周はして、パンツは普段のサイズとその前後のサイズを履くくらいでいいと思います。

後ろ姿までキレイにみえる

後ろ姿、自分は見ないけど、沢山の人の目につく場所。侮れません。

なりたい自分のイメージに合っている

女性らしくしたいと思っているのに、スカートを一着も持たないとか、矛盾しています
服装から、なりたい理想は作れるので、なりたい姿に素直になって選んでみてはどうでしょうか。

何が理想か分からないのなら、好きなコーディネートや、真似したいコーデ画像をどこかに保存しておいて、自分だけのコーディネート集を作っておくと便利。

自分の好みがみえてくるし、欲しいものが明確になるので、買っても着なかったなという無駄もかなり省けます。

お手入れが楽しめる

手間をかけるほどに味が出る革製品、洗うほどに深みが出るリネンなどお手入れが楽しめるモノがいいです。

もしくは、劣化するだけだとしても、管理が苦にならないくらい気に入っているものを持っていたいです。

いくら断捨離しても、取り入れる基準が定まらなければ、無駄生活は再来します。
断捨離とともに、追加基準を定めていくのは大事だと思います。