ミニマリスト

【くらしの整え方】思考と行動をシンプルにする方法【シンプル思考】

くらしを整えるために必要なことを、マンダラチャートをつかって考えました。

くらしを整えるために必要な要素がこの8つ。

【くらしを整えるために必要な要素】

  1. きれいな空間をつくること
  2. シンプルなキャッシュフロー
  3. 思考・行動のシンプル化
  4. 正しい食生活
  5. 気持ちよく働くこと
  6. ゆとりある時間
  7. 健康なからだづくり
  8. 印象づくり

この8つの理由と、具体的に必要な要素をあげていきます。

今回は「シンプルな思考と行動」です。

思考・行動をシンプル化

暮らしをかんたんにするには、考え方や行動もシンプルにするということ。

苦手・好きなこと認識

自分が何が苦手で、何が好きなのかを書き出してみます。

まわりにあわせて、その人たちがよろこぶような回答を探してばかりいる人は、自分を見失いがち。

だから、定期的に”自分が”苦手なこと、好きなことを考えるのは大切です。

人をよろこばすのもいいけど、自分を見失うくらいじゃなくても良いのでは?

したいリスト

好きなことや苦手なこととあわせて、自分のしたいことを考えます。

世間体や他人の目を気にせず、あらゆる制限がなかったら何をしますか?

これを考えるのはすごく楽しいので、私は何度も書いています。

気力がなくなっている時は、したいことリストをみるとわくわくしてきます。

さらに、なぜかどれもかなっていくので、やらない理由がありません。

理想の見える化

ゴールが分からなければ、ゴールにたどりつくことは不可能。

自分の理想も分かっていないのに、良い生活にしたいと思っても曖昧過ぎて変わりません。

だから、理想が何かを考えるべきだと思っています。

理想像がはっきりしていると、何かに迷ったときの指針にもなってくれます。

苦手なことをめる

きらいだったり、苦手なことをやる必要ってありますか?

苦手なことをする義務があるのですか?

当たり前ですが、時間には限りがあります。

その限りある時間の中、ずっと笑っていられることはできませんが、きらいなことをやめることで、笑っていられる時間は増えるのではないでしょうか。

しあわせなことする

自分がしあわせだと感じることがわかったら、それを積極的にしていきます。

たとえば、大勢でいるより1人で映画を読んでいる方が良いなら大勢で集まる機会があっても断ればいいし、パーティーより少人数でしっぽりする方が良いなら、そっちをえらべばOK。

そうやって、しあわせだと感じる時間を増やしていきます。

探しているものしかみつからないのだから、しあわせも積極的に探すべきです。

環境がいいからとか、運がいいからあの人はしあわせなんだと妬んでいる場合ではありません。

環境や運より、しあわせに貪欲な人が、笑顔や幸せをひきよせるのです。

不幸なことやネガティブな面ばかりに目を向けている場合ではありません。

したいことする

やりたくないことをやめつつ、上で書いたしたいことリストの中からできることをしてみます。

今すぐうごけるものがみつかるはずです。

どんどんやっていると、

  • やりたくないことなんてやってる暇なんてない
  • 不平・不満をいっている暇はない
  • 人を妬んでいる場合でもない

と、行動も気持ちも変わって、生活も人生も大きく動いていきます。

いきたいところにいく

したいところリストで、~~に行きたいというものがあったら、その場所に行きます。

いきたい場所はいける時に行けるだけ行けばいいのです。

行きたい場所に、行ける時に行かずにいつ行くのでしょうか?

会いたい人に会う

会いたい人にも会いたい時に、会えるだけ会います。

人生後悔しないコツがあるなら、WANTに素直になることではないでしょうか。

私の場合、自分に素直になって失敗したことがあっても、後悔はありません。

 

この投稿をInstagramで見る

 

素直になって、したいことをして、後悔することってない🤗

みそぎさん(@clearlist16)がシェアした投稿 –

まとめ

【シンプル思考・行動の方法】

  • 苦手・好きなこと認識
  • したいリストをつくる
  • 理想の見える化
  • 苦手なことをめる
  • しあわせなことする
  • したいことする
  • いきたいところにいく
  • 会いたい人に会う

シンプルに考え、行動することで、いやな時間は最少化、しあわせを最大化できるのではないでしょうか。

こちらもおすすめ