ミニマリスト

【くらしの整え方】時間にゆとりを持つ方法【時間のゆとりは心のゆとり】

くらしを整えるために必要なことを、マンダラチャートをつかって考えました。

くらしを整えるために必要な要素がこの8つ。

【くらしを整えるために必要な要素】

  1. きれいな空間をつくること
  2. シンプルなキャッシュフロー
  3. 思考・行動のシンプル化
  4. 正しい食生活
  5. 気持ちよく働くこと
  6. ゆとりある時間
  7. 健康なからだづくり
  8. 印象づくり

この8つの理由と、具体的に必要な要素をあげていきます。

今回は「ゆとりの時間づくり」です。

ゆとりのある時間をつくる方法

ゆとりのある時間はゆとりある生活をうみます。

だから、ゆとりのある時間つくりは必要。

断ることを知る

興味がなくても断れないから行く。

それってお金も時間も労力もムダじゃないでしょうか?

相手と仲良くするなど他の目的があるならいいですが、そうではないなら断ればいいのです。

断ることって悪いことではありません。

ただの意思表示ですよ??

嫌われたくない? そんなことで嫌う人との縁なんてその程度だということです。

傷つけたくない? 本当は興味のないことに付き合わされたと不満に思われるくらいなら、断ってもらった方が良い関係は築けるのでは?

といっている私ですが、私も断れない人でした。

断るということができるようになったのは、ごく最近です。

⇒ 【用事が断れない】行くべき場所と、断る場所の判断基準

いやなことはやめる

明日死ぬかもしれないし、数ヶ月後に環境は変わるかもしれない、来年が今の環境とまったく同じなんてことはありません。

そうじゃなくても時間は有限。

今の場所で働いて、今の家に住んで、今の健康状態がずっとつづくなんてこともありえないのです。

だから、いやなことをやっている暇はありません。

いやなことをして、いやな気持ちの時間を増やしたいならいいですが、そんな人いないですよね。

いやなことをしているなんて、もったいないです。

いやなことをする義務なんて誰にもありません。

デジタルデトックス

  • 平日でも数時間はスマホをのぞいている
  • YouTubeをみだすと止まらない
  • ネットサーフィンは永遠にできる

これだけならいいのかもしれませんが、その情報に翻弄されていたり、傷ついてしまったりするのは、全然よくないですよね。

そんなときは、一度すべてデジタルなものをやめます。

スマホやPCがなくても問題がないことに気がつき、気持ちが楽になるかもしれません。

定期的に(休みの日だけとか)でもやめる日をつくると良いんだろうなと思います。

みそぎ
みそぎ
情報はえらべばOK!

SNS時間制限

デジタルデトックスとかぶりますが、SNSもやっているときりがないですよね。

Instagram、Twitter、Facebook…。

有益な情報もたくさんながれてきますが、終わりがないので制限する必要があるかもしれません。

私は1日数時間ついやしていますが、そんなに必要ないはず。

リアルを充実させるためにも、もうすこし制限しようと思っています。

iPhoneには、何にどれぐらいの時間を費やしているのか確認できる機能(スクリーンタイム)があります。

数字で可視化すると、ちょっと控えようという気になるので、おすすめです。

家事の時短化

家事が苦手・嫌いだったり、時間がないなら、たよれるものに頼ったり、家電をかえてみるのもいいですね。

  • お掃除ロボット
  • 洗濯機は乾燥までしてくれるもの
  • 食器洗い乾燥機

などいろいろ出ています。

しなくてもいい手間は、まかせた方が有意義。

その時間でしたいことができるし、ちょっと前は手が届かなかったような家電も安くなってきているので、検討しやすいのではないでしょうか。


早寝・早起き

夜の考え事は基本的にネガティブになるから、さっさと寝た方がいいし、朝の頭のさえ方は夜の数倍くらいだと感じるので、早寝・早起きはそれだけでメリット。

早寝できれば、いやなことを反すうして考えなくても良いし、朝早く起きれたら、夜やって1時間かかることが、10分で終わったりします。

マルチタスクをやめる(一点集中)

マルチタスクは脳がつかれるし、非効率なのでなるべく1点集中。

1つに集中した方が早く終わるので、1つ終わってから、次のことをやります。

その方が結果的にかかる時間も短くなります。

みそぎ
みそぎ
混乱したときほど、優先度をきめて1つずつやります。 今の仕事はこれしかないと思い込ませながら集中すると、早く終わります

移動時間を減らす

ムダな時間、必要ない時間を減らします。

たとえば、毎日の通勤という移動時間。

何年も通勤時間40分~2時間をかけてきました。

そこでようやく気づいたのが、朝の通勤時間に良いことなんて何もないということ。

通勤ラッシュに体当たりなのが苦痛でしかなかったので、徒歩圏内に引越しました。

私の場合、平均通勤時間2時間(往復)⇒ 今、14分(往復)

読書や映画をみる時間がふえたし、交通の遅れに予定を左右されたり、満員の電車やバスのつらさがなくなってストレス激減。

気が楽なので、家を更新しました。

今まで国内で30回近く引越して、更新した家は1回しかなかったので、これはレア。

更新した理由は、通勤の楽さが大きいです。

まとめ

【ゆとり時間のつくり方】

  • 断ることを知る
  • いやなことはやめる
  • デジタルデトックス
  • SNS時間制限
  • 家事の時短化
  • 早寝・早起き
  • マルチタスクをやめる(一点集中)
  • 移動時間を減らす

これを書いておいてなんですが、一人暮らし30代OL(私)の今は、わざわざ作らなくても自由時間がたっぷりあります。

ですが、ムダなことをやっている人生の時間がもったいないので、けずっています。

命=時間 なので、時間を大切にするということは、命を大切にすることと同義かもしれません。

こちらもおすすめ