ミニマリスト

【シンプル思考】シンプルに考えて、行動するための判断基準

シンプルに思考すると言っても、具体的にどうやって判断すればいいの?

シンプルに行動すればいいのは分かるけど、どうえらべば正解なの?

判断や選択にまよったときの、かんたんな基準があったらいいですよね。

ということで、そんな基準をまとめました。

しあわせになりたいけど、どう行動すればいい?そんな疑問も一緒にかなえてくれる基準です。

この記事では、

  • シンプルな物事の考え方
  • しあわせになる物事の選び方

について書いています。

だから、シンプルに物事を考えたい、しあわせになりたいと思うあなたの助けになるかもしれません。

シンプルに考えて、行動するための判断基準

シンプルに考えるには、それが①か②のどちらか考えてみてください。

  1. 不快、不要、不便、嫌い
  2. 快適、必要、便利、好き

①の【不快、不要、不便、嫌い】ならやめておく、②の【快適、必要、便利、好き】ならやる という基準で行動します。

判断と選択の正解とその理由

誰もが、しあわせになることが人生にのぞむことのはず。

好きな人と生活できる日常がしあわせ、仕事をバリバリしている時がしあわせ、新しい世界を感じられる時がしあわせ…

しあわせを感じる手段は異なりますよね。でも、しあわせを望むのは同じです。 

なので、判断と選択の正解は、”しあわせ”ということにしています。

ということで、物事はしあわせかどうかで判断します。

快適、必要、便利、好き をえらべばいい

物事をえらぶときの基準を”しあわせ”にするとはいえ、しあわせは、嘘、見栄、遠慮などで見失い、不幸に向かっていくようなときもあります。

そのときに、つらい方を選択しないためにも、判断基準という指針は必要だと考えています。

その基準は、具体的には、快適、必要、便利、好き かどうか。

安心して、適温で、気持ちの良い空気の中快適に過ごす時はしあわせだし、

必要だったり便利な物は生活をゆたかにしてくれるし、

好きにかこまれていたら、そこは自分だけのパワースポットになる。

その逆だと、つらい時間が増えますよね。

だから、何かを選択するときは、それが不快、不要、不便、嫌いは、えらばない、快適、必要、便利、好きだったらえらべばいいだけです。

シンプルに思考し、行動する例

例えば、何もない部屋が快適な人もいれば、コレクションした物にあふれている部屋が好きな人もいる。

大手企業で働いている方が楽だという人もいれば、個人事業主でいた方が気が楽な人もいる。

アウトドアが好きな人もいれば、インドアが好きな人もいる。

人によって感覚は異なります。

だから、誰かのまねをしたところで、同じくらい満足できるわけではありません。

自分でえらぶ必要があるのです。

不快、不要、不便、嫌い なことをしていないか。 それは手放せないのか。

快適、必要、便利、好き なことは何か、それを持っているかどうか、どれをえらんだらそれは手に入るのか。

そうやって自分で考えていくことが大切です。

よくわからなかったら、こう考えてみてはどうでしょう。

それは、自分が大好きな人にさせたいことか、させたくないことか。

  • 自分の愛しい人にさせたいことなら、自分でもする
  • 自分の愛しい人にさせたくないことは、自分にもさせない

自分も大事な人の1人です。

自分をしあわせにするために、物事をえらんでいってください。

そうすれば、しあわせが増えていきます。

逆に、不快、不要、不便、嫌いをえらぶのは、自分で自分を不幸にしていることです。

自分を適当に扱っていたら、他の人もそう扱っていいサインになるので、どんどんつらくなっていきます。

だから何であれ、自分が快適で、便利で、必要で、好きだと思うことをえらんで、行動してください。

シンプル思考と行動のまとめ

しあわせを感じたいなら、不快、不要、不便、嫌い は、さけるべきです。

少なくとも、すすんでえらばないでください。

えらぶものは、快適、必要、便利、好きなもの。他の選択理由はいれなくていいです。

このシンプルなえらび方をしているだけで、しあわせになれると思います。

【しあわせな物事のえらび方】

快適、必要、便利、好き な方をえらぶ

とはいえ、こんな単純なことなのに、逆をえらぶことは少なくありません。

その理由は、大事なものを見失っていることと、多くの選択をもとめられ、フリーズしてしまうからかもしれません。

そのときは、ちょっとだけ立ち止まってやすみます。

そこで、不快、不要、不便、嫌いなことと、快適、必要、便利、好きなことを、改めてかんがえてみてください。

それは、自分が大好きな人にさせたいことか、させたくないことか。

【迷ったときのえらび方】

  • えらぶのは、自分の愛しい人にさせたいこと
  • 断るのは、自分の愛しい人にさせたくないこと

そうやって行動していれば、嫌な時間は減り、しあわせだと感じる時間は増えていきます。

しあわせになるのが人生の正解だと信じたいなら、しあわせに感じられる方をえらんでいってくださいね。

YouTube

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画

こちらもおすすめ