目標設定方法「マンダラチャート」

目標をたてる時、目標に向かう時、指針となるようなものをつくった方が向かいやすいと感じます。
指針となるような何かは、マインドマップや夢地図、100のリスト等さまざま。

色々ありますが、どの方法でも、自分の向かいたい方向のことに意識が向くので楽しいです。

最近ネットでみつけて「これは良い」と思った方法があったので紹介します。

目標達成シート「マンダラチャート」とは

私がみつけたのは、マンダラチャート。
3×3の9マスの枠で構成する目標達成シートです。

マスの中心に最終目標を書いて、外側にそのために必要なことを細分化して書いていく。外側から実行することで、内側&真ん中の目標達成に近づくというもの。

みた方が早い!ということで、野球選手の大谷翔平さんが高校1年生のときに作成していたものが話題なので、あげておきます。

マンダラチャート

潜在意識に埋め込む?的なスピリチュアル要素も少なく、とても合理的
これならみられても恥ずかしくないし、ビジネスからプライベートまで何でも使えるのではないでしょうか。

マンダラチャートの作り方

マンダラシートは、3×3の9マスをつくれたら、手書きでもExcelでも何でもOK。

  1. 3×3の9マスを作る
  2. 真ん中に、成し遂げたいこと(目標)を書く
  3. その周りの8マスに、そのために必要な「要素」を書く
  4. そのマスの塊の外側に、さらに3×3のマスを8個つくる
  5. その9マスの真ん中に、その「要素」を得るために必要な「やる」ことを書く

これだけです。
これなら、どこでも、だれでもつくれるのではないでしょうか。

私的マンダラシート1:ハッピーライフ編

私も作ってみました。
真ん中のオレンジ部分は、一番の目標。

人生の目標として「HAPPY LIFE」にしています。
「HAPPY LIFE」に必要な「要素」はイエローにしています。
イエロー部分の「要素」を得るために必要なことが、白い部分。

つくっている最中も希望がみえてワクワクするし、
見える化すると、迷いが減るし、意識高く生活できて楽しい!

スポンサーリンク

私的マンダラシート2:仕事編

先日 Webディレクターに必要な22のこと~意識高い系ごっこを楽しむ~ の記事を書いたので、これをマンダラチャートにしてみました。

私的マンダラシート2:ブログ編

マンダラチャート

ざっくりとつくっただけですが、楽しい!

これをただやっていけばいいだけ。大きい要素になったところは細分化してやればいいだけ。分かりやすい!

意識高くいることは楽しい

向上心を持って、目標に向かっている人は、イキイキしていて、惹かれます。
自分がそういう状態でいるときも、何かに向かって良くしていこうと行動することを楽しんでいるし、気持ちも基本的に上向きなのでそういう自分も好きでいられます。

もし、色んな事がうまくいかないことがあって、意識高い人を羨むことがあったら、尊敬して真似したいし、ひたむきな姿をみたら応援したい。

ということで、自分自身もひたむきに意識高くいきます。

スポンサーリンク