節約

【固定費削減】住居費(家賃)を節約する具体的な3つの方法【賃貸】

節約を考えた時に、住居費をみなおしたことはありますか?

住居は生活に必須で、その費用は生活の中で大きな固定費なので、そこを節約できれば、細かな節約が不要になるということ。

家賃の節約方法はたくさんあり、私は賃貸で半分までおさえたこともあります。

家賃は金額が大きく、毎月出ていくのでみなおす価値が高いものです。

だから、節約したいけど住居費をみなおしたことがないなら、今考えてみてもいいのではないでしょうか。

住居費(家賃)を節約する具体的な3つの方法とは?

家賃を安くする具体的な方法は、この3つ。

  1. 実家に住む
  2. 家賃交渉する
  3. シェアする

です。

どれも、私がやっていて家賃が節約できたやりかた。

コツや条件もありますが、費用面だけに目を向けたらどれもおすすめできます。

人の家に住む

家賃節約をするなら最も効果的なのが、人の家に住むこと。

具体的に想像しやすいのは、実家。

自分が住むことで家族の負担が増えるなら検討する必要がありますが、そうでないのなら良いのではないでしょうか。

大人の実家暮らしは、自立できていないとも言われますが、本当に大きく節約したいと思うなら無視すればいいだけ。

一番意見をきくべきなのは、そこに住んでいる家族。

家族が歓迎していないのに、無視して住むのはただの迷惑。

とはいえ、条件付き(生活費をいくらか入れる、家事は家族分全てやるなど)で交渉してみるのはアリだと思います。

ただ、実家に住む方法は節約はできても、長期的にみるとおすすめできません。

生活力がつかないだけでなく、お金をうまく使ったり、貯めたりする能力が劣るから。

なので、長い間、実家に頼るというのはすすめられないのですが、一時的であればいいと思います。

人の家に住まわせてもらうのが、もっとも安くなる

ただ、生活力やお金を貯めたり使う能力がおとるので、一時的がベター

家賃交渉する

実家に頼ると一番に提案してしまったのですが、実際は実家に頼ることができない人も多いのではないでしょうか。

実家がない、仲が悪い、狭い、遠い、会社に通えないなど色んな事情があると思います。
そんな時にためしたいのが、家賃をさげること。

といっても、引越しすればいいと言うわけではありません。

今の家賃を安くするために、交渉するのです。

家賃は入居したらずっと変わらない、なんてことはありません。

何もしなければ変わりませんが、交渉すると今の家賃が下がることもあります。

同じマンション、同じ間取り、同じような環境でも家賃は日々変化します。

どのマンション(アパート)も、古くなっていくのでだいたいが安くなっていき、自分が入居した時期と、今入居した人と家賃が違ってきます。

自分の部屋の価値も下がっているということなので、そのときに家賃を下げてもらうのは、理にもかなっているのです。

住んでいる年数が長いなら、一度今の自分のマンション、アパートの家賃(価値)を調べてみてはどうでしょうか。

そこで家賃の差があれば、家賃交渉成功の可能性は高くなります。

問い合わせる場所は、管理会社。家賃交渉しにくいかもしれませんが、悪いことをしているわけではないので、やましくもありません。

1本の電話で家賃が大幅に変わる可能性があるので、やらない方が損かもしれません。

何もしなければ、家賃は下がりません。

家賃交渉は、いつでもできる。

何もせず下がることはない。

数年住んでいるなら、下がる可能性は高い。

シェアする

シェアすることでも、住居費を下げられます。

シェアの形は、同棲や結婚、シェアハウス、友人や知人と同居いろいろあり、節約できる程度もさまざまなので、私の経験した一部の例をあげていきます。

都内23区

1人暮らし 8万円(1K)

2人暮らし 6万円(2DK)

3人暮らし 4万円(2DK)

どれも新宿、渋谷、池袋の主要場所に電車で1本、数駅だけの都心部。

都内1人暮らしだと狭い部屋でも8万はかかりました。

それを2人暮らしにしたら、1人6万(2人で12万の家賃)で2DKの広い部屋に引越すことができました。

さらに引越して3人で暮らせば、都心部でも4万までおさえられました。

2人暮らしも3人暮らしも、一緒にいて楽すぎる人たちだったので、都内でも生活だけでなく心のゆとりが保てていました。

  • お金に困っている
  • 恋愛関係がだらしない
  • 生活がだらしない

そういう人とはトラブルになり、トラブったらよけいにお金がかかるだけ。

信用できない人と住むくらいなら、はじめから一人暮らしをした方が良いですが、信用できる人たちと住めると、快適、楽しい、圧倒的に安いのすべてがかないます。

関西

  • シェアハウス 6万円 (敷礼なし)
  • ソーシャルアパートメント 7万~10万(敷礼なし)

関西では5ヶ所くらいのシェアハウスに住みましたが、どこも1人暮らしより家賃は割高。

審査もゆるく、変わった人も多く、デメリットもいくつかありました。

よくあるのが、朝まで飲み会でうるさい、恋愛関係でもめる、衛生観念がなく不潔などです。

それでも、初期費用手数料の数万だけと圧倒的に安いし、気軽に入れるので1年くらいで引っ越すならシェアハウス利用がおすすめです。

シェアハウスの快適さは、住む人との相性が大きいのですが、安すぎるところは訳ありの人が多い印象があります。

全国のシェアハウスがたくさんのっているひつじ不動産は、シェアハウスを利用する人の多くに親しまれているサイト。

ただ、ピンキリなので、よく吟味する必要があります。

都内、京都、神戸に多数あるオークハウスは、物件数が300件近く、部屋数は6000以上。

割引やキャンペーンが多いので、さらに安くすめます。

海外でのシェア

私の経験によると、海外でのシェアは口コミ必須です。

オーストラリアにいた半年は、ネットにのっているお部屋をシェアして借りていましたが、だいたいストレスしかなかったです。

  • 同居人(他人)とあわない
  • オーナーがセクハラ
  • 規則が厳しい(シャワー5分以内、18時までに帰宅など)

他いろいろ。

快適だったのは最後の1週間だけ。友人のところにいました。

海外は、口コミやコネで借りるのが1番だと思い知ったので、そのあとのインドでは、口コミで評判だった大きな部屋を契約。

その後、仲良くなった中国人2人にもちかけてシェアしていたこともあります。1人200円/1泊。

ガンジス川の目の間で立地も良く、部屋も広く、そこまで汚くもない。インドでも破格だと思います。

一緒に滞在していた中国からきた2人も礼儀正しく、明るく、楽しい生活でした。

  • 信頼できる人とのシェア生活は、安い、快適、楽しいがかなうけど、トラブルが起こると逆に損
  • 海外シェアは口コミが一番
  • シェアハウスは運、期間限定ならおすすめ

まとめ

まとめるとこうなります。

【実家など人の家に住む】

  • 人の家に住まわせてもらうのが、もっとも家賃がかからない
  • 生活力やマネーリテラシーが欠如するので、一時的がベター

【管理会社に家賃交渉する

  • 家賃交渉は、いつでもできる
  • 何もせず家賃が下がることはない
  • 数年住んでいるなら、下がる可能性は高い

【シェアする

  • 信頼できる人とのシェア生活は、安い、快適、楽しいがかなうけど、トラブルが起こると逆に損
  • 海外シェアは口コミが一番
  • シェアハウスの快適さは運。期間限定ならおすすめ

固定費の中でも家賃は金額が大きく、毎月払うものだから、生活費の節約を考えるなら、みなおす価値が高いです。

細かな節約の前に、家賃をみなおしてみてはいかがでしょうか。