お金

税金が高い!ふるさと納税でかんたん節税【ミニマリストとお金の話】

税金(住民税、所得税)高い… どうにかしたい。泣
みそぎ
みそぎ
ふるさと納税をしておいたら、来年はよゆうをもてるよ

ふるさと納税は、めんどくさそうですが、全然そんなことありません。

手間もなく、結局税金で支払うお金で返礼品がもらえるので、やらないともったいないです。

【ふるさと納税とは?】

  • 実質2,000円で、あらゆる物(返礼品)が手に入る
  • 応援したい地域に貢献できる
  • 住民税や所得税を節税できる

節税したいなら、ふるさと納税制度をつかわない理由がありません。

来年の自分がなげかないように、今年はふるさと納税を利用しましょう。

とはいえ、ふるさと納税って、よくわからないですよね。

  • ふるさと納税って何?
  • どうやって利用するの?

そんな疑問を解消すべく、ふるさと納税について、やさしく説明していきます。

【この記事でわかること】

  • ふるさと納税とは?
  • ふるさと納税をした方がいい理由
  • 寄付の金額制限
  • かんたんな理由 ⇒ 確定申告不要
  • 寄付する自治体の選び方
  • どこで利用できるの?

⇒ 楽天ふるさと納税サイト

ふるさと納税とは?

ふるさと納税とは、寄付をして、好きな地域を応援できるしくみのこと。

寄付したら、お酒やお肉、野菜、お魚、お米など、あらゆる返礼品がもらえます。

みそぎ
みそぎ
寄付する地域や、返礼品はえらべるよ。

ふるさと納税をした方がいい理由

ふるさと納税はした方がだと言われるけど、何がいいの? 
みそぎ
みそぎ
ふるさと納税で寄付すると、返礼品をもらいつつ、住民税の控除が受けられるんです。

※ 控除とは、ある金額から一定の金額を差し引くこと。

①住民税や所得税が減る

ふるさと納税をした方がいいと言われる理由が、税金を控除(こうじょ)がうけられること。

例えば住民税の場合、2019年中(1月1日~12月31日)に寄付したとします。

そうすると、2020年6月以降に納める住民税で、控除が受けられます。

どれくらいの控除が受けられるかというと、返礼品に払った金額から、2、000円を引いた金額です。

画像:ふるさとぷらす

例えば、10,000円分の寄付をしたなら、8,000円分。

この金額が、税金から控除されます。

ふるさと納税をすれば、実質2,000円の負担で、返礼品がもらえるのに対して、ふるさと納税をしなければ、何ももらえず、ただお金(税金)をおさめるだけで終わるのです。

みそぎ
みそぎ
ふるさと納税をしなければ、返礼品なしでただ税金を納めるだけ。 応援したい地域にも寄付もできません。
結局はらわなければならない税金で、何かもらえるか、もらえないかの違いなら、何かもらえる方がうれしいね。

⇒ 楽天ふるさと納税サイト

豪華な返礼品がもらえる

お金はえらんだ地域に寄付しますが、税金が控除されるので、実質負担は2,000円だけで、返礼品を手に入れることができます。

返礼品の内容は、豪華なものも多いですよ。

お米

↑画像は2019年6月現在のもの

大人気なのが、お米です。

ほぼ毎日食べるなら、絶対ムダにはなりません。

私もいつも、真っ先にお米をえらびます。

今年は、熊本県 山鹿市のヒノヒカリ白米10キロ にしました。

⇒ 楽天ふるさと納税サイトでお米をみてみる

精肉・肉加工品

↑画像は2019年6月現在のもの

お肉もよく食べられるものなので、人気。

地域特産のお肉や加工肉がえらべます。

ハンバーグ20個セットなど、忙しい人や料理が苦手な人に便利な加工品もありますよ。

⇒ 楽天ふるさと納税サイトで精肉・肉加工品をみてみる

フルーツ・果物

↑画像は2019年6月現在のもの

濃厚な甘みのシャインマスカットや、農家直送の果物も上位に入ってきています。

私も今年はシャインマスカットが食べたいなと思います。

⇒ 楽天ふるさと納税サイトでフルーツ・果物をみてみる

お酒

↑画像は2019年6月現在のもの

日本酒・焼酎・ビール・洋酒のアルコール類もえらべます。

お酒好きな人は必見。

⇒ 楽天ふるさと納税サイトで日本酒・焼酎・ビール・洋酒をみてみる

宿泊券、施設券

スパや旅館、温泉などの施設チケットもあるので、旅行を検討しているなら、のぞく価値があります。

ハワイアンズペア券、花火大会の有料席、ゴルフ利用券などおもしろいチケットがあるので、みていても楽しいです。

↑画像は2019年6月

⇒ 楽天ふるさと納税サイトで宿泊券宿泊券・施設券をみてみる

 

食品や施設券だけでなく、キッチン道具、家電など種類は多く、魅力的な返礼品がたくさんあります。

寄付はいくらでもできるの?

寄付して控除されるなら、たくさん寄付したいと思うのではないでしょうか。

でも、寄付の上限額は決まっているので注意してください。

年収や家族構成によって変わってくるのです。

寄付金額はかんたんにシュミレーションで計算可能。

⇒ 楽天かんたんシュミレーター

例えば、年収350万円、独身会社員の場合、36,329円の寄付が上限(↑参照)。

これを超えると税金控除がなくなります。

超えた分は、負担しなければならないので注意が必要です。

みそぎ
みそぎ
この場合、36,329円以内で寄付すればOK。

⇒ 楽天ふるさと納税サイト

ワンストップ特例制度でめんどうな申請手続き不要

めんどくさそうと思われているふるさと納税ですが、そんなにめんどうではありません。

自分の上限を知り、その金額内で寄付して、手続きするだけです。

手続きといっても、条件内であれば、確定申告も必要ありません。

ワンストップ特例制度をつかえればいいだけです。

ワンストップ特例制度・・?何それ… 

ワンストップ特例制度は、寄付した自治体に必要事項をかいた申請用紙を送ると、あとはその自治体がやってくれるという制度。

要するに、

寄付先をえらび、返礼品を受け取ったあと、紙1枚送るだけなのです。

みそぎ
みそぎ
必要事項も、住所や名前などのいつも書くような個人情報なので、かんたんですよ。

とはいえ、ワンストップ特例制度ができる人とできない人がいます。

【ワンストップ特例制度が可能な人】

  • 年収2,000万円以下
  • 給与所得者
  • 1年間の寄付先が5自治体以内

ほとんどの会社員の方はあてはまるのでは?

申請後、ワンストップ特例制度の申請を受領した旨を伝えるための書類が届かない場合、確認をしてください。

私は去年、何も連絡がなかったので問い合わせたところ、忘れられていました。

慣れていなかったのでしょうか…。他の自治体はまったく問題なく申請できていました。

⇒ 楽天ふるさと納税サイト

寄付する自治体の選び方

寄付先ってどうやってえらぶの?
みそぎ
みそぎ
寄付する自治体のえらび方を3つ紹介します。

①欲しい返礼品えらぶ

返礼品は、幅広い物があるので、単純に、今自分が欲しいものでえらべばOK。

私はだいたい、いつも食べるお米や、お肉、食べ物をえらんでいます。

②応援したい地域の物を選ぶ

「応援したい地域に納税できる仕組みがあったらいい」という考えから生まれたふるさと納税制度。

元気になって欲しい自治体があれば、そこに寄付しましょう。

地元を活性化するために、地元の自治体をえらんでいる人も多いようです。

③還元率が高い物から選ぶ

迷ったら、還元率の高いものをえらぶのもありです。

還元率とは返礼品の相当額が寄付金に対してどれぐらいの割合かとしめした値のこと。

つまり、そのふるさと納税がおとくかどうかを確かめる指標です。

還元率の高い物であるほどおとくです。

還元率30%以上の寄付をした場合、寄付金控除(ふるさと納税の控除)が受けられなくなったようです。

どこで利用できるの?

ふるさと納税はどうやって利用すればいいの?

ふるさと納税は、自治体とパイプ役になっているサイトから申し込めます。

楽天ユーザーだったら、楽天ふるさと納税 がイチオシ。

【楽天ふるさと納税がイチオシの理由】

  • 新規登録不要
  • ポイントがためられる
  • ポイントが使える
  • マラソンの時だとさらにポイントがたまる
  • ランキングなどがみれて、使い勝手がいい

ポイントもたまるし、もっているポイントもつかえます。

私も最近、楽天ポイント利用しています。ほぼ0円。

楽天ポイントでふるさと納税ってできるの?と思ったけど、問題なくできました。

それっていいの?と思ったのですが、大丈夫そうです。

参考:クレジットカードの読みもの

みそぎ
みそぎ
私も楽天のふるさと納税をつかい、楽天マラソン期間や、ポイントアップ日(0と5のつく日+楽天カード)をねらってポチッとしています。

ふるさと納税はやった方が良い

ふるさと納税とは、どっちみち支払う税金 + 2,000円で、返礼品がもらえる制度のこと。

【ふるさと納税制度のメリット】

  • 税金が控除されるため、実質2、000円で返礼品がもらえる
  • 返礼品はえらべる
  • 応援したい地域に貢献できる
  • 節税になる

返礼品は豪華だし、応援したい自治体に税金を払えるし、ワンストップ特例制度で手続きもかんたん

やらない理由ってないね。

しかも、この寄付は毎年できるので、ずっと使える制度。

覚えておいて損はありません。

むしろ早く知っておかないと、この先ずっとふるさと納税制度をつかえないので、もったいないです。

利用したことがないなら、今年から利用してみてください。

年末に近づくと、間に合わないかも?とあせったり、よい物は売り切れて買えないことも多いので、ゆとりをもってえらんだ方がいいです。

楽天ふるさと納税サイト

YouTube

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画

こちらもおすすめ