お金

【転職のタイミング】仕事をやめようか迷ったときの判断基準とは?

転職って迷いますよね。

辞めるべきなのか、辞めない方が良いのか。

辞めて後悔するかもしれないし、辞めて良かったと思うかもしれない。

どうなるか分からないから、こわいんですよね。

でも、未来は誰にも分からないから、どっちが正解かなんて分かりません。

だから、自分で判断して、どうするかを決める必要があるのです。

ということで、私が仕事をやめるときにしている、判断方法についてまとめました。

辞めるか迷ったときの判断基準を持っていると、転職した方が良いか、しない方が良いかを客観的に考えられます。

仕事を辞めたい・・・そんな時に読んでみてください。

転職に迷う時の参考になるかもしれません。

仕事を辞めようか迷ってるんだよね。
みそぎ
みそぎ
辞めたいと思ったときに確認したい、判断方法を紹介するよ。

仕事をやめようか迷ったときの判断基準とは?

身体の状態を確認する

辞めたいと思ったら、まず第一に身体の状態を確認します。

仕事のことを考えると涙がでたり、ご飯が食べられなくなったり、極端に食べるようになったりしていませんか?

調子が悪い日が続いていませんか?

そういう状態が数ヶ月以上続く場合は、仕事から離れます。

すべては身体が資本です。

身体より大事な仕事はありません。

身体状態が悪いと、判断力も落ちてくるので、自分をいったん休ませます。

辞めないと休めないような状況なら辞めればいいし、休職でもなんでもいいです。

とにかく、身体が悲鳴を上げている時は、ストレスから離れてください。

みそぎ
みそぎ
睡眠時間を削り、ご飯もまともに食べる時間もないような激務の頃「やめたら後悔するかも」と思ってたけど、大人になるほど辞めなかったことを反省しています。

上司や一緒に働く人をみる

あなたの上司や一緒に働く人たちもみてください。

憧れる人っていますか?

上司や一緒に働く人の中になりたい人、あこがれる人がいるなら伸び時期かもしれません。

あなたががんばれば、そのあこがれる人のようになれるからです。

能力が高い人と仕事をすると、自分の劣っている点がみえてつらいけど、まわりにそういう人がいるということは、自分が高められるという証拠。

その場所でがんばる価値はあります。

ただ、そうでない場合は、辞めてもいいかもしれません。

私は、20代前半の頃、身体的、精神的、経済的にもつらそうで、時間もないから出会いもない40代独身上司をみて、危機感を感じたことがあります。

その人だけでなく、他の上司も同じような状況で、改善の余地はなさそうだと判断しました。

それだけでなく、他にがんばる理由もみつからなかったので、やめました。

時給計算してみる

残業代がでない、休日出勤があるような会社で働いている場合は、お給料を時給にかえて計算してみてください。

納得いくくらいの価格ですか?

少なすぎると感じたら辞め時かもしれません。

激務薄給は、自慢できることでもありません。

もちろん、美徳でもなんでもありません。 ただの搾取です。

昭和根性論は、平成に置いてきてください。目を覚ましてください。

あなたという資源のムダづかいです。

忍耐力や努力は、価値を高めることにつかうべきです。

自分には何もできないから、時間をささげるって、奴隷でしょうか。

そこまでする価値があるかどうかを考えてみてください。

私が月給制の正社員のころ、激務薄給だったのですが、時給計算にしてみたらバイトの最低時給を下回っていました。

やりがいはあると思っていたし、スキルがないからある程度は我慢する必要があるとも思っていましたが、その数字をみた瞬間、冷静になりました。

ものすごくむなしくなり、辞めました。(上に書いた、上司をみて危機感を感じた会社です。)

数字をみることで、自分の状況を客観視できた例です。

自分の市場価値を知る

パワハラ、セクハラ、体調が悪くなるのは論外でさっさと辞めるべきですが、何となく辞めたいを思うなら、働いている会社と、自分の市場価値のギャップを把握しておくことも大事です。

自分ではこれだけの価値があると思っても、そこまでないかもしれないし、それほどの価値はないと思っていても、それ以上の価値はあるかもしれません。

働いている会社と自分の市場価値が、同レベルなら辞めたとしても見つかるのは、同じようなところかもしれません。

転職アプリ『ミイダス』は、あなたに類似した経歴・スキルを持っているユーザーへのオファー実績と、選考条件に合致した企業の数をベースに、あなたの市場価値をだしてくれます。

ミイダスで市場価値をたしかめる

相談して他の人の意見をきく

他の人の意見をきいてみるのも、判断材料になるかもしれません。

相談相手は、仕事が充実してそうな人や理想の働き方、尊敬できる人にしてください。

間違っても、思考停止でただ奴隷のように働いていたり、自分がしたくない働き方をしている人(激務薄給など)にしないでください。

思考停止で働きたい、奴隷のように働きたいなら参考になりますが、そうでないなら何の参考にもなりません。

根拠のないやるべき論を押し付けられて終わりです。

まとめ

【やめるときにしたいこと】

  • 身体の状態を確認する
  • 上司や一緒に働く人をみる
  • 時給計算してみる
  • 自分の市場価値を知る
  • 相談して他の人の意見をきく

辞めたいと思っても、ただ悩むのでは何も変わりません。

①状態、環境、理想など客観的に状況をみて、

②判断して

③自分で決める

これが必要です。

後悔しないためにも、思考停止はNG、もちろん他人任せの判断もNG。

自分で考えて、自分で判断して、勇気をもって行動した人が、理想の働き方ができる人になれるのです。


YouTube

\ YouTube /

ミニマルライフの日常やシンプルライフに役立つライフハック動画

こちらもおすすめ