Webディレクターに必要な22のこと~意識高い系ごっこを楽しむ~

director

日本でのOL生活、ぬるま湯につかっていると、あっという間に波にのまれてしまいそうなので、自分の仕事(本業)と足りないところを考えてみました。
自分のために・・。

#私のためのメモ

向上したいし、した方が可能性も広がって楽しい

本業はWebディレクター。Web(IT、クリエイティブ)業界は10年以上、ディレクター専任は3年目。
年相応な経歴になっているけど、そのスキルで大丈夫?っていうくらいできないことも多く、職種的に進化が激しいから向上心ないとまずいなという危機感を持っています。

ということで、余裕のある今のうちにスキルアップをしたいなと思っています。

Webディレクターとは

Webサイトの「方向性=ディレクション」を示し、他者に対して「指示=ディレクション」をすることで、優れた創作物を生み出すのが、Webディレクターの仕事

「求められたことを、スムーズに完遂するために調整する」それだけ。

そのために「最小限で最大限の効果を出す=無駄を省く」ことを考えているけど、プライベートでも仕事でも心がけが同じ!

必要スキルと足りないところ

最低限の労力で最大限成果を出す効率よく働くために”必要なこと”と、今”自分に足りてないこと”を洗い出してみました。

必要スキルについて、参考にしたサイト 決定版!WebWebディレクターに必要な22のスキル

洗い出してみたら、今の私が恵まれていることをひしひしと感じました。

★がついているところが、伸ばしたいところ・・ほとんどです・・。

Webディレクターに必要な【ヒューマンスキル】

01. リーダーシップ

自分、会社、クライアント、制作が同じ方向を向くようにもっていき、結果、全体の成長につなぐこと。

今は恵まれているおかげで、全て順調。

02. マネジメントスキル

大きな仕事を成功させるために、自分が絶望的な忙しさになってしまわないために、良好な人間関係のためにも、人を信用して頼ることが必要。

今はチームに恵まれていて、回しやすく、遅延もなく、クライアントからの評価(指名)もあるけど、運がいいのかもしれない。
おごらず、いい関係ですすめたいなと思います。

03. コミュニケーションスキル

運がよく、チームともクライアントさんともいい距離感で仲良くできています。

奴隷になりすぎることもなく、依頼にはできるだけ応じ(選べるってものすごく贅沢・・選べるのは会社の力)、上手くバランスがとれています。

04. スケジュール・予算管理能力

予算内で見積もり、交渉すること、期間内に遂行すること。

数日の短期案件、1ヶ月の中期案件、1年単位の大型案件、どれも問題なく納品してきたのでOK。

Webディレクターに必要な【問題解決能力】

05. 課題抽出スキル

あらゆる問題がなぜ起きたのか、どうすればいいのか、細かく分析して、共有して解決していくこと。
問題解決に必要な工程、コスト、時間を洗い出し、解決までもっていくこと。

大きな問題までいくと上司と共に動くので、そこまで困ったことはないような・・。

★06. アクセス解析の知識・スキル

PVや訪問者数といった数値指標を分析すること。
「Google アナリティクス」や「Adobe Analytics」は最低限必要。

数字読むこと、全然できていません。
ということで「Google アナリティクス」くらいはみれるようになります。

★07. 統計学の知識・分析スキル

アクセス解析ツールのデータやユーザーの個人情報など、様々なデータを扱い、新たな企画や改善施策につなげる。

そのために、統計的に相関関係やパターンを割り出し、データを有意なものにする考え方やそれに伴うスキルが重要。

チンプンカンプンなくらいやったことないです。恥
Excelの「分析ツール」をいじってみようと思います。

Webディレクターに必要な【マーケティングスキル】

★08. Webマーケティングの知識・運用スキル

多くの人に伝えるためにサイト制作をしているので、集客が必須。

SEO、リスティング広告、リターゲティング広告、ディスプレイ広告、アドネットワーク、SNS、動画広告といったWebマーケティング手法に関しては、「どのような課題に対して有効なのか」「運用するのにどの程度のコスト・リソースがかかるのか」など、実践的な知識や基本的な運用スキルを身に付けておきましょう。

どんなマーケティング手法があって、どのように有効かは、そんなに考えたことがありません。
「依頼を受けて、問題なく納品する」だけでなく、その先の数字(結果)を良くするところまで考えられる人になりたい。

★09. 一般的な広告・PRの知識

規模が大きくなった時に、マス媒体に広告を出すこともあるため、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌といったマスメディアでのプロモーション知識もあると良い。

マス媒体に出すくらい大規模なことは、もっと上の人がやっていましたが、調べてみようと思います。

まずは、良さそうな本を探すところから・・

Webディレクターに必要な【企画・提案スキル】

★10. 企画力

クライアントが求めることと、見る人、使い人が求めるニーズを把握して、上手くつなげること。

必要予算、人員、時間を把握し、ニーズを満たす企画立案ができるようになればいいのですが、一番大事だと思うのは人員。
出会ってきた中で、優秀な人とは繋がっていようと思いました。
例え昔ひどいことを言われた人でも、仕事の優秀さは認めているので繋ぎます。

★11. ドキュメント作成スキル

「企画書」「プレゼンテーション資料」「ワイヤーフレーム」「要件定義書」「サイトマップ」「見積書」などドキュメント作成が必須。

日常的に使っている割に、office系ソフトが全然使いこなせないし、ワイヤーフレームツールは使ってません。

Excelをもっと使いこなしたいし、ワイヤーフレームツールも取り入れてみます。

★12. プレゼンテーションスキル

相手を納得させる伝える力=プレゼンスキルは必須。

スポンサーリンク

自分でプレゼン能力は悪くないと思うけど、かなり波があります。
1番分かりやすいと言われるか、散々な結果か、くらいメンタルに左右されるので、慣れと経験が必要。
全然していないので、もっと機会が増えたらいいなと思っています。

★13. インターネットビジネスの知識

インターネットを用いたビジネスは、Webばかりではないことを意識しなければなりません。スマートフォンのアプリ、クラウド、IoT(モノのインターネット)などもインターネットを利用したビジネスの一つです。現在、それぞれを複合的に利用する機会が増えてきていますので、最新の動向は押さえておく必要があります。

追いついていません。。。

14. 情報収集・活用スキル

最新技術やマーケットのトレンドをチェックすることは必須。

仕事だけでなく、「情報を常にストックし、必要に応じて活用できる」そんな人に私はなりたい。

Webディレクターに必要な【制作知識・スキル】

★15. Webデザインの知識・スキル

デザイナーにワイヤーフレームの意図を説明し、制作の意図を汲み、指示ができることは必須。そのために、デザインのトレンドを知ることや、Photoshop、illustrator、dreamweaver、等Adobe系ソフトは一通り使えることも必要。

どんどん変わっていっているので、もうちょっと触れる時間を増やします。
良いと思えるデザインのストックも増やしていきます。(ピンタレストにためておくと、さっとみせられてGOOD)

★16. 編集・ライティングスキル

上がってきた原稿のチェック。
読みやすい文章、説得力のある文章を作成するための知識を持つことが必要。

ブログでもできていないけど、意識していきます。

★17. フロントエンド言語の知識

専門の人に聞けばいいので、細かいところは分からなくてもいいけど、どの記述がどこを示すか、何の記述が足りていないか、どんな機能が可能なのか等、html、CSS、javascriptのある程度の知識は必要。

ノルマとして、1サイトコーディングしてみてもいいかもしれません。
専門のコーダーさんに任せっきりなので。

★18. バックエンド言語の知識

『PHP』『Prel』『Ruby』『Java』といった、頻繁に使用されている言語の名前と用途だけは覚えておきましょう。

とのことですが、ほぼ知りません。
用途も一部あやしい。ということで学びます。
分かりやすくて、無料なのでここに頼りにします。

19. デバイスの知識

画面の大きさとか機能とか・・
日々いじっているだけでは足りないと感じています。

Webディレクターに必要な【インテリジェンス】

★20. 権利関連の知識

知的財産権、著作権、商標表記の意識。これらのトラブル回避のため、サービスの利用規約必読。
担当するサイトによって業界独自の法律も絡むため、その知識もあった方が〇

「CC0」と表記された写真や動画は、知的財産権が最大限放棄されており、無料かつ自由に改変・利用が可能です。コストをかけずにクオリティの高い素材を入手できます

これは日々、注意するしかないですね・・。

★21. 経営関連の知識

規模が大きい案件ほど「会社全体にどのような利益をもたらすことができるのか」という意識が必須で、それを考えるには経営知識も必要となります。

経営者目線で物事を考えるスキル・・・考えたことなかったです。

★22. 英語力・英会話スキル

英語記述も多いから、最新情報を得るため語学力も必要。

これってWebに限ったことではないので、伸ばします。

引く手あまたな人になりたい

業界も長い割には、スキル不足を感じています。

引く手あまたな人でいたいなら、それなりのスキルは必須。
ただ流されていてなれるわけもない、とのことで、余裕のある今のうちに意識を持って仕事をしたいなと思います。

恋愛も飽き気味(というか意気消沈)な今、意識高い系ごっこもアリ!

Web関係者なら読むべき一冊

web関連で読んだ本で、最近良い!!と思ったのが沈黙のWebマーケティング −Webマーケッター ボーンの逆襲− ディレクターズ・エディション

Webマーケティングの基本や考え方を学ぶ実用入門書。

Web系のお仕事をされている方から、趣味でブログを書いている方まで使える充実の内容で、読んで損はない一冊です。

SEOの現在の潮流をはじめ、Googleウェブマスターツールの活用術、Twitterをはじめとしたソーシャルメディアの効果的な運用法、コンテンツマーケティングの極意など、Webマーケッターが必ず押さえておくべき事柄をわかりやすく説明しています。ストーリーを読み、解説記事を通じて理解を深めることで、Webマーケティング施策の「基本と本質」を身につけることができます。-amazonより

スポンサーリンク