スポンサーリンク

海外生活の出発点〜住まいの見つけ方〜

room_rent

海外暮らしって大それたことに思えるけど、行ってしまったら大したことありません。
一度でも行くとハードルは下がります。

凄いように見えて?(田舎者の私はそう思えていました)場所が違うだけで、そこにあるのは日常。

ということで、海外暮らしの出発点、住まい探しを実体験を交えながら紹介します。

オーストラリア半年の部屋の見つけ方

私は4箇所以上シェアしていました。現地にある生活情報誌、ネット(http://cheers.com.au/とか)、 地元の掲示板にも、住宅情報はあふれています。ワーホリする人が多いのでいくらでも見つかります。

シェアでも一人暮らしでも! 慣れるまでは、ドミトリーやユースホステルなどを一週間くらい借りて、その間に見つけていました。

今はairbnbで借りるだろうなと思います。

家がないのが嫌なので、到着前に1週間以上は予約してから行っていました。

インド(リシケシ)の一ヶ月滞在部屋の見つけ方

これもはじめの1週間以上は滞在先をホテルなどで予約しておいて、現地に行って情報を現地調達。

旅人や長期滞在者と出会うので、その人たちから情報をもらいます。

yogaの聖地であるリシケシに一ヶ月×2回いたときは、慣れている人に安く借りられるところがあるという情報をきき(その人も住んでた)、オーナーを紹介してもらって大きな部屋に住みました。

1人だと大きすぎるので、ヨガで知り合った1ヶ月滞在する中国の二人の女性にさらに貸していました。入り口も鍵も2個あったので。

結果的に、滞在費1泊200円くらいになりました。インドの普通のホテルくらいのお部屋でリシケシのど真ん中、ガンジス川も目の前の立地。

南インド:3ヶ月の部屋の見つけ方

南インドの時は、airbnbで借りたお家に住んでいたので月10万かかりました。
インドの高級住宅地のお家にいたのでそれなりの値段だったんだと思います。

現地調達情報がうまくいかず(部屋の空きがなかった)やってしまったパターン。

でも、アシュタンガヨガの聖地SHRI K. PATTABHI JOIS ASHTANGA YOGA INSTITUTE

スポンサーリンク

まで徒歩で行けたので便利でした。ここに通っていたので。次もまた住んでもいいくらいだけど、もっともっともっともっと安いところはたくさんあるので挨拶くらいかな。

この時知り合ったオーナーの息子にBitcoinをすすめられたけど、日本に帰ってから買おうと思って忘れていました。あの時5万以下だったのに(今80万超え)!

ということで、息子も兄弟もお金持ちです。

タイ 2ヶ月の部屋の見つけ方

ホテルもairbnbも溢れているから、1ヶ月でもそこに決めてしまいます。賃貸でかりません。
タイはそれで十分安いし快適。

家でご飯作らなくても美味しいものがたっくさんあるから、作る必要もない。立地と直感で決めます。

バングラデシュ 1年半の部屋の見つけ方

数年滞在予定だったので普通に借りました。といっても一年半で3か所くらいに住んでいます。

完全飛び込みで「ここ借りたいんですが、見せて」ってお願いするだけ。 現地語で、です。この国のローカルの人には、ほぼ英語通じませんでした。私が覚えるしかなかったのです。

この国の言語、ベンガル語なんてほぼできなかった頃猛暑の中歩いて1日10件以上×1ヶ月(週末だけ)1時間以上かけて借りたいエリアに通って探しました。

見つけても外国人一人だとトラブルにあうとか、一人暮らしなんて・・・(向こうは家族大人数で住むのが普通)と断られたり、いいと思っても、よく見たら微妙だったり(40度超えるのに、屋上のトタン屋根の小屋とか)結局落ち着いたのは、日本人がすんでいたところ。

ついた頃にはなかったけど、1年後から空いたので移動してようやく落ち着きました。(その直後、いろいろあって日本帰国してるけど)

口コミって大事。

ネットはあるけど、私の体感としては、現地調達がコスパも住みやすさも最強でした。

海外移住のハードルを下げるには・・

一度移住するとハードルは下がります。 実際、今どこに住みたくても住めるだろうと思い込んでもいます。

手続きで無理だと思っても、なんとかなるものとしか思わないのです。

1ヶ月住むだけでもハードルってぐっと下がります。

外に出たくてモヤモヤっとしているなら、安全に健康に気をつけて、一度行ってみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク