全ファッションアイテム12着だけ!ミニマリスト旅女のリアルな旅先ファッションの全貌 前編

旅の衣類

トートバッグに全荷物7キロ以内におさめてアジアや途上国中心に旅する自称ミニマリスト旅女の旅先コーディネートの全貌を明らかにします。

もし、買いすぎて持てないくらいになったら(基本的に日本で確実に使うもの)、郵送(船便)しています。 長くなりそうなので前編と後編に分けます。

まずは、持ち物の全貌から。   旅先では高価なものは持ちません。 日本から持っていったものは、汚れてもいいかなって思えるものだけ。

スポンサーリンク

女一人旅のファッションアイテム(トップス)

  1. 白Tシャツ(バンコク露店で購入)300円 ▶︎シンプルなので使いやすい。半袖なので肩出しNGの場所でも心配なし!
  2. 白タンク(ゴアの露店で購入)300円▶︎薄くて、軽くて、シワにもなりにくく、持ち運びやすく、透け感の中に密かにデザインされた柄がかわいくて、かなり気に入っています。血?か何かがついてますが(0.5センチ)気にせず多用。
  3. 白シャツ(H&M)1000円▶︎何はなくてもトップスはシャツがいい!というくらいなくてはならない白シャツ。シワにならず、長めの丈しか選びません。長いとレギンスと合わせられるから便利。
  4. 白ノースリブラウス (バンコクのお店で購入)600円▶︎丸いシルエットで女性っぽいトップス。合わせるボトムスによってはきちんと見えるかと。

女一人旅のファッションアイテム(ボトムス)

  1. ミモレ丈黒スカート(ザラ)2600円▶︎インドでは2枚レギンスでしたが、1枚をスカートと買い替えました。この丈ははじめてですが思ったより合わせやすくて好きです。
  2. デニムショートパンツ(pull and bear)3000円▶︎暑いので重宝。海でも、街でも、ドミトリーのシャワーあがりにも使えるので必須。
  3. レギンス(Forever21)2400円▶︎ヨガもできるし街でも着れるし、楽!合わせやすいし。何がなくても今後もレギンスは旅の荷物に入れようと思います(寒い国やヨガしないなら話は別)

女一人旅のファッションアイテム(アウター代わりにも)

  1. ダンガリーシャツ(ザラ)3800円▶︎唯一、買い替えではなく、買い足したもの。最近追加しました。トップスにもなるし、アウター代わりにもなる万能デニムシャツ。日本帰ればデニムジャケットもあるけど、、。どちらも好きで選べません。
  2. グレーパーカー(UNIQLO)1500円▶︎クーラーききすぎの飛行機内や、ホテルなどで使っています。暑い国だからって上着を1着も持っていかない選択は今の所ありません。結構出番があります。

女一人旅のファッションアイテム(その他)毎日使用中のもの

女一人旅衣類
  1. 小さめバッグ(ナノユニバース)25,000円 ▶︎ショルダーにもハンドバッグにもなるバッグ。二種類のバッグが前後ろについていて、ジップで取り外しできて便利。基本的に前後ろの2つのバッグをつけて使用中。日本だともう1つお気に入りのバッグがあり、これはタンスの肥やしでしたが、旅行中は貴重品を入れて毎日使用しています。が、ジップで口が閉じれないのは難点。旅行向きではないかな。
  2.  パンプス(Bata)500円▶︎スエード素材で細かい穴があいています。シンプルで合わせやすく、歩きやすい。そして、かわいいかつ安い。つまり最高。ということで、バングラデシュ生活はじまって以来、そしてバングラデシュ生活が終わってもずっと(2年半くらい)これを履いています。3ヶ月くらいでダメになる(生地がめくれてみすぼらしい)ので10回くらい買ってると思います笑 Bataは色んな国で見かけますが、このタイプが売ってる国は、バングラデシュとインドでしか確認できてません。 今回の旅行中にも買い替えました。室内ではビーサン、外はコレをはいています。
  3. ストール(ゴアの露店購入)400円▶︎バンダナにしたり(頭痛するからしたくないけど前髪が伸びかけの時にしてました)、ベルトにしたり、巻いたり、下にひいたり、ストールの万能さは素晴らしい!ということで毎日使用中!

これで全て。今の私にとって十分。

スポンサーリンク

巾着の服袋(トートバックの中でジャンル別に袋ごとに分けて定位置を決めています)に入らない分は持ちません。  

服袋におさまってるとバッグの中でおさまりがよいので。 服袋は小さめですが、小さいおかげで無駄買いが防げています。   今の服袋用巾着の状態は、服全て入るけどしめられないので、これ以上買い足しはしません。

そして、買い替えも終わったのでもう服を買うことはないなと思います。 

 

スポンサーリンク