京都をもっと楽しむコツ。歴史ロマンを感じる京都旅(散歩)

明治維新150周年!歴史=愛のドラマの連鎖

愛のドラマが重なったのが歴史。教わること、学ぶこと、感動するドラマが満載。 京都は日本の風情でだけでなく歴史を感じられる場所がたくさん。

京都に住み始めて1年。京都と歴史、そして日本・・相乗効果で好き度がアップしています。 散歩しているとそこには歴史的重要な場所があったり、日常的にロマンを感じます。

明治維新150周年となる2018年、京都で幕末巡りはいかがでしょう。

たった150年前、おじいちゃんのおじいちゃんくらい?が生きていたであろう時代です。 そんな前、まだ日本人は着物を着て、髪型はまげ、刀を持っていたのです。

今は刀がスマホに変わっています。たった150年、こんなにも変わるものなんだなと驚きます。

歴史を知る時、人のドラマとしてみると感動し、それを深く知るために歴史を感じる場所を巡ると、面白さも倍増です。

京都の幕末の歴史を感じるオススメスポット 9選

時代背景が分かってなくても気持ちのよい場所、でも幕末の要ともなる場所です。

大政奉還が行われた二の丸御殿があるお城!二条城

二条城 世界遺産・元離宮二条城徳川家康が作った城。 徳川慶喜大政奉還を宣言した二の丸御殿がみれます。 150年くらい前、ここで大政奉還が行われたと思うとゾクっとします。

世界遺産 二条城ウエディング|LSTウエディングがあります。幕末やお城好きの方、お城で結婚式、いいのではないでしょうか。

生々しい傷跡が残る、今は平和な京都御苑

1864年初夏、京都御苑の西側、蛤御門周辺で起こったのが「禁門の変蛤御門の変)」 長州藩&諸藩浪士 vs 江戸幕府側 会津藩薩摩藩大垣藩桑名藩新選組の激戦地。 長州藩勢力は敗北。そして朝敵に・・。

門の梁には鉄砲の弾傷跡が残っているそうです。

今は平和で、広くて気持ちがいいので散歩にも〇 お花見もできます。人がたくさんいても広くて混雑しないのも最高です。

153年前の初夏ここにいた人のだれが今のこんな平和な京都御苑を想像できたでしょうか。

幕末といえば新撰組新撰組といえばの壬生!

f:id:clearlist:20170427222638j:plain

壬生には幕末といえばの新撰組の屯所があります。すべて近くにあるので歩いてまわれます。

壬生寺

壬生寺には、近藤勇(局長)、芹沢鴨(局長)、平山五郎(副長助勤)、河合耆三郎(勘定方)、阿比原栄三郎(副長助勤)、田中伊織(詳細不明)、野口健司(副長助勤)、奥沢栄助(伍長)、安藤早太郎(副長助勤)、新田革左衛門(平隊士)、葛山武八郎(伍長)のお墓があります。

光縁寺

光縁寺には、新撰組副長の山南敬介始め、新撰組隊士のお墓があります。

京都市指定有形文化財 新選組 壬生屯所旧跡(八木家)

八木家は当時、新撰組の宿所。新選組局長、芹沢鴨が暗殺された場所でもあります。暗殺の際に付いたとされる刀傷など歴史の傷跡が残っています。

ガイドさん付きなので面白さ倍増です(午前9時から午後5時まで※4時30分最終)

。私はガイドさんによって語りが異なるということで、2人のガイドさん連続で聞き入りました。

壬生には、天然温泉 壬生温泉『はなの湯』もあるので、帰りによってゆっくり帰るのもよいと思います。

幕末の英雄!?龍馬が眠る霊山護国神社 

京都霊山護國神社は、明治維新の誕生につくした志士たち(坂本龍馬中岡慎太郎桂小五郎高杉晋作木戸孝允、久坂玄端、岩崎弥太郎夫妻 などなど)1043名を祀っています。この志士たちなくして、今の環境はありませんと考えたら、感謝して手をあわせたくなります。

高台寺近くなので、一緒に観光するのもオススメ。 

京都観光Navi:京都霊山護国神社

京都で幕末をもっと感じたいなら、幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」

幕末志士の遺品、新選組徳川幕府に関する資料がおいてある幕末維新ミュージアム「霊山歴史館」。 幕末に関する映像もあり、倒幕・佐幕、両方の視点から見られる総合資料館。 私はここに二時間いました。笑 ↑の護国神社の近くなので一緒にまわる人が多そう。

竜馬暗殺未遂事件が起こった伏見の寺田屋 

龍馬が泊まっていて暗殺されそうになった寺田屋は見学が可能。伏見の酒蔵などの観光と一緒に行ってみると満足できるかと!

新撰組屯所の西本願寺

本願寺(西本願寺)も元新撰組屯所。京都駅近く(徒歩10分くらい)にあります。新撰組に関わる何かは私は見てない(探してもいないから?)ですが観光客の方も少なめなので落ち着けるのが良い。

プライベートガイド付きで幕末の歴史を京都で満喫する裏技!?

京都SKY観光ガイド協会のガイドさんは、かなり安く頼むことができます。 やりとりはFAXと少し面倒ですが、私も友人も利用し、詳しくて、わかりやすくて、親しみやすくて、でもしっかりしていて、クオリティは合格点

例えば幕末人気といえばの新撰組を巡るコース、マンツーマンガイドでも交通費、拝観料、ガイド込で10,000円未満。 誰かといったらもっとお得です。

新撰組をガイド付きで巡る3時間(ガイド料4,500円~ 交通費や拝観料は別途必要) 

八木邸、壬生寺、光縁寺、島原、角屋 、西本願寺新鮮組屯所を一緒に回ってくれます。少ない人数なら何でも質問できて知識欲も満たされそうですね。

幕末を効率よくまわるための京都旅コース

盛りだくさんで行っても行っても行きたい場所が見つかるのが京都!あきません!

坂本龍馬のゆかりの地コース

京都で幕末をめぐるコース

新撰組が好きな人におすすめ

幕末の史実をわかりやすく、難しい言少なめに書かれていて非常に面白く読みやすい幕末史 (新潮文庫)、龍馬好きでも土方ファンになる定番人気の燃えよ剣〈上〉 (新潮文庫)

。どちらも活字が苦手な私が1週間足らずで読み終わりました。

京都を楽しむコツ

京都旅をもっともっと楽しむなら、以下二点をおすすめします。

歴史を知ってから行く

何度か観光した場所であっても、その歴史背景を知っているか知らないかでは感動が雲泥の差だということを身をもって体験中です。

 

ガイドさんを頼む

さらに歴史を深く探っていくことでさらに面白くなりますが、それには人に聞くのが簡単。回し者ではないですが、京都SKY観光ガイド協会さん、おすすめです。

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。